読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

京都記念(GⅡ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

京都記念(GⅡ) 京都競馬場 芝2200m 2016年2月14日

の枠順が発表されました。

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ヤマカツエース 4 56.0kg 池添謙一
2 2 アドマイヤデウス 5 57.0kg 岩田康誠
3 トーセンレーヴ 8 56.0kg S.フォーリー
3 4 ショウナンバッハ 5 56.0kg 田辺裕信
5 トウシンモンステラ 6 56.0kg 小牧太
4 6 タッチングスピーチ 4 53.0kg 福永祐一
7 サトノクラウン 4 56.0kg M・デムーロ
5 8 マイネルディーン 7 56.0kg 高倉稜
9 レーヴミストラル 4 56.0kg 川田将雅
6 10 ワンアンドオンリー 5 57.0kg 内田博幸
11 トラストワン 8 56.0kg F・ヴェロン
7 12 ヒストリカル 7 56.0kg 田中勝春
13 ミュゼゴースト 4 55.0kg 和田竜二
8 14 スズカデヴィアス 5 56.0kg 藤岡祐介
15 コスモロビン 8 56.0kg 国分恭介

 

京都記念(GⅡ) 2016予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 レーヴミストラル 3.0
2 ヤマカツエース 4.3
3 タッチングスピーチ 5.4
4 アドマイヤデウス 6.9
5 サトノクラウン 7.0
6 トーセンレーヴ 11.1
7 ワンアンドオンリー 14.3
8 ショウナンバッハ 15.9
9 スズカデヴィアス 22.2
10 ヒストリカル 27.9
11 ミュゼゴースト 138.3
12 トウシンモンステラ 259.3
13 トラストワン 480.3
14 マイネルディーン 480.3
15 コスモロビン 637.4

 

京都記念(GⅡ) 2016 注目馬・穴馬

 

4枠 7番 サトノクラウン

昨年のクラシック戦線の主役候補とも言われた本馬だが
日本ダービー(G1)での3着が最高位となり、天皇賞秋(G1)は
惨敗の17着に終わった。
本レース過去5年のデータによると、前走で古馬混合のGⅠを
使われた馬、また6歳以下で過去に芝2200m戦の重賞で馬券内の
実績がある馬の好走が期待されており、本馬はこの2つの条件に
該当している。
今回は鞍上がM・デムーロ騎手に代わり心機一転、ポテンシャル
を引き出し正念場を乗り切れるのか注目の一頭だ。

 

3枠 4番 ショウナンバッハ

昨年の菊花賞馬で、有馬記念3着のキタサンブラックを半弟に
持つ本馬。
前走のアメリカJCCでは、小差の3着と健闘。近3走はメンバー中
最速の上がりをマークしている。
前走、中山競馬場の直線は本馬にとっては短かったように思われ
直線の長い今回の舞台なら、自慢の末脚が活かせるのかも知れない。
以前に比べて体質が強化された今、本馬の才能が開花され初タイトル
獲得となるのか注目している。

 

1枠 1番 ヤマカツエース

スタミナ的な持続力があり、近2走ではスピードもいける走りを
見せた本馬。
タフな馬場を得意とする本馬が、初めてとなる京都・芝2200mの
戦いで、どんな走りを見せてくれるのか注目している。
前々走の福島記念(G3)、前走の中山金杯(G3)と連勝中であり
折り合い面で進境を見せている今なら、距離延長にも対応できる
ように思われる。
今回を勝利し重賞で3連勝を飾れば、この先のG1も見えてきそうだ。

 

2枠 2番 アドマイヤデウス

昨年は有馬記念ジャパンカップ天皇賞とG1で戦ってきた本馬。
今回はG2での戦いとなるが、持続力を武器に復調を示すことが
できるのか注目している。
実際、負けているのはG1のみで後は堅実に成績を残している本馬。
非根幹距離への適性がカギとなるが、京都競馬場はここまで5戦で
優勝、2着1回、3着2回と好相性の舞台。
また今回の舞台、京都・芝2200mで好成績を残している岩田騎手が
鞍上なのは心強い材料だ。

 

6枠 10番 ワンアンドオンリー

2014年の日本ダービー(G1)馬であり、昨年末の有馬記念(G1)にも
参戦した本馬が、定年を間近に控えた名トレーナーの願いを叶え
勝ち星をあげることができるのか、注目している。
近走G1での戦いを振り返ると、前々走のジャパンCは0秒3差(7着)
前走の有馬記念では、直線で窮屈になり0秒5差(9着)と、明確に
力負けしたレースが少ない。
おそらく器用ではないため、スムーズさを欠いてしまうのだろう。
今回前めでスムーズな競馬ができれば、ダービー馬の復活劇が
見られるかも知れない。