読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

新潟2歳S(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

新潟2歳S(GⅢ)枠順発表 新潟競馬場 芝1600m 2016年8月28日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 チシャーキャット 2 54.0kg 木幡初也
2 2 モーヴサファイア 2 54.0kg 石橋修
3 イブキ 2 54.0kg 田辺裕信
3 4 マテラフィールド 2 54.0kg 松若風馬
5 ワールドツアラー 2 54.0kg 吉田豊
4 6 アンジュシャルマン 2 54.0kg 鮫島克駿
7 ウインシトリン 2 54.0kg 丸山元気
5 8 アピールバイ 2 54.0kg 木幡巧也
9 サンライズソア 2 54.0kg 石川裕紀人
6 10 ヴゼットジョリー 2 54.0kg 福永祐一
11 キャスパリーグ 2 54.0kg 藤岡祐介
7 12 オーバースペック 2 54.0kg 岩部純二
13 クイントゥープル 2 54.0kg 津村明秀
8 14 マイネルバールマン 2 54.0kg 柴田大知
15 マイネルパラディ 2 54.0kg 柴田未崎

 

新潟2歳S(GⅢ 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 イブキ 2.8
2 モーヴサファイア 3.4
3 マイネルバールマン 6.1
4 キャスパリーグ 7.5
5 サンライズソア 11.0
6 アンジュシャルマン 16.7
7 ヴゼットジョリー 16.8
8 アピールバイ 22.7
9 ウインシトリン 22.9
10 オーバースペック 29.0
11 マイネルパラディ 34.0
12 マテラフィールド 38.3
13 クイントゥープル 156.3
14 チシャーキャット 166.1
15 ワールドツアラー 192.6

 

新潟2歳S(GⅢ 2016年 注目馬・穴馬

 

6枠 10番 ヴゼットジョリー

本レース過去5年の好走データに該当している本馬。
まだ力関係がはっきり見えていない2歳戦だけに、3つの項目に
該当している本馬に注目だ。
【デビュー戦で3番人気以内】本馬は3番人気→1着となり
【デビュー戦で2着馬に0.2秒差以上で勝利】2着馬に0.2秒差。
【デビュー戦で上がり最速】35.1秒の上がり最速をマーク。
上記の好走データに該当していたのは、本馬とモーヴサファイア
の2頭であったが、本馬は人気が落ち着くと予想され馬券的に
妙味があることにも注目している一頭である。
初戦では牡馬2頭に完勝するなど、持続する脚が武器であり
夏に活躍する牝馬ということにも注目だ。

 

4枠 7番 ウインシトリン

2015年は2着に12番人気のウインファビラスが入り、波乱を
巻き起こした本レース。
2016年も馬名に「ウイン」の付く人気薄の馬が面白そうだと
いうことから、注目している1頭である。
また本レース過去10年の【前走場所別成績】を見ると好成績
が目立つのが、東京コース組であり、2013年4番人気→2着の
イスラボニータ、2014年1番人気→2着のアヴニールマルシェ
2015年1番人気→1着のロードクエストなど3年連続で好走。
さらに【前走距離別成績】では、5年連続で同距離組が連対
しており【間隔別成績】では、中4週以上の馬が好走している
ようである。
本馬は前走が東京コース組、前走が芝1600M組、間隔中10週で
出走とパーフェクトに該当しており注目している。

 

7枠 12番 オーバースペック

デビューから2戦目で初勝利を挙げた本馬。その2戦では全く
違う流れやコース(東京と福島)を経験。それでも最後は
しっかりと伸びてきていることから、末脚の確実性を感じ
させる一頭である。
差し・追い込みが断然有利とされる本レースは、末脚に自信
のある本馬にとって絶好の舞台と言えるだろう。
さらに本馬の魅力は結果を人気より上に持ってきていると
いう事実であり、デビュー戦は9番人気→3着、未勝利戦でも
3番人気→1着と人気以上の結果を残しており、人気薄の今回
も強烈な決め手での好走に期待したい。

 

8枠 14番 マイネルバールマン

デビュー戦を6月の東京コースで制し、次走のダリア賞(OP)を
2着と好走した本馬。ダリア賞(OP)は休み明けということで
叩かれた上積みに期待したい一頭である。
今回は1ハロンの距離延長が鍵となるが、父である新種牡馬
ジョーカプチーノは、2009年にNHKマイルC(G1)を制しており
血統面から見るとマイルにも対応できそうな予感だ。
また本レースでは、2010年にマイネルサベルが1着、マイネル
ラクリマが2着と【マイネル軍団】が1・2着を独占するなど
好成績を挙げているだけに、期待も高まる1戦である。
ジョーカプチーノ産駒は現在4頭しかJRAに登録されておらず
マイナーな種牡馬であるが、父が制した舞台と同じ左回りの
マイル戦で本馬が好走することに期待したい。

 

5枠 8番 アピールバイ

デビュー戦を8馬身差で逃げ切り、優れた脚力を証明した本馬。
さらに上がり最速で圧勝しており、十分に評価できる内容で
あった。
また持続的にいい脚を使えるタイプのようで、能力の高さと
将来性を感じる一頭である。
今回の鞍上も木幡騎手を予定しているが、木幡騎手は新人にも
関わらず、もう24勝を挙げている要注意の騎手だ。
今回は距離短縮となりペースも違うので、初戦のような逃げの
競馬は難しくなると思われるが、実戦を使って良化しており
「ハナにこだわらない競馬もできる」と陣営のコメント。
今回で重賞挑戦2度目となる、鞍上の手腕にも注目だ。