読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

カペラS(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

カペラS(GⅢ)枠順発表 中山競馬場 ダート1200m 2016年12月11日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ノボバカラ 4 57.0kg 内田博幸
2 サトノタイガー 8 56.0kg 真島大輔
2 3 ルックスザットキル 4 56.0kg 早田功駿
4 グレープブランデー 8 58.0kg 柴田善臣
3 5 スウィープアウェイ 5 56.0kg 柴山雄一
6 ゴーイングパワー 7 56.0kg 大野拓弥
4 7 ダノングッド 4 56.0kg 丸田恭介
8 テムジン 7 56.0kg 笹川 翼
5 9 タールタン 8 56.0kg 北村宏司
10 マキャヴィティ 5 56.0kg 吉田隼人
6 11 ニシケンモノノフ 5 56.0kg 横山典弘
12 カジキ 7 56.0kg 松岡正海
7 13 キタサンミカヅキ 6 56.0kg 武士沢友治
14 コーリンベリー 5 56.0kg 松山弘平
8 15 エイシンブルズアイ 5 57.0kg 石橋修
16 フラットライナーズ 4 56.0kg 左海誠二

 

カペラS(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 コーリンベリー 3.0
2 ノボバカラ 3.8
3 ニシケンモノノフ 3.9
4 タールタン 6.5
5 キタサンミカヅキ 9.9
6 エイシンブルズアイ 12.6
7 ゴーイングパワー 16.6
8 グレープブランデー 23.1
9 カジキ 44.3
10 ダノングッド 69.3
11 マキャヴィティ 86.4
12 サトノタイガー 198.1
13 ルックスザットキル 229.6
14 スウィープアウェイ 305.7
15 テムジン 340.7
16 フラットライナーズ 504.7

 

カペラS(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

5枠 9番 タールタン

8歳馬となった2016年も4戦をこなし、全て3着以内と安定した走りを
見せている本馬。
年齢的には厳しい印象を受けるが、もともと安定感の高い馬であり
さらなる地力強化で安定感が増した感じの1頭である。
前走の霜月S(OP)では2着と好走。2015年の本レース好走馬3頭全馬が
霜月S組だったことに注目。連対率が31.6%、複勝率が42.1%という数字
である。
また本レース過去5年の好走馬、15頭中14頭が【距離短縮組】であり
1400Mから距離短縮の本馬は該当している。
近走は斤量を背負っての競馬だったが、今回は56Kgで出走できる
ことも好材料
2014年の本レース5着の鬱憤を晴らすべく、本馬の激走に期待したい。

 

6枠 11番 ニシケンモノノフ

重賞タイトルから2歳時以来遠ざかっているが、2016年の重賞戦績は
崩れなしの【0.2.0.1】(着外も4着)と健闘している本馬。
また戦績を見ると、マイル以上の距離では連対がなく今回と同じ
1200M戦で【4.1.0.2】と好成績であることに注目。
行っても控えても脚を使える自在性を持ち、さらに今回の鞍上は
この舞台が得意な横山騎手に乗り替わることも好材料
また本レース過去8年の年齢別成績を見ると、4~6歳馬の好走が多く
5歳馬である本馬は該当。
右回りでは全9勝を挙げており、今回のメンバーなら実力上位の存在
と言えるだけに激走にきたいしたい1頭である。

 

8枠 15番 エイシンブルズアイ

キャリア21戦目にして、初めてのダート戦となった本馬だが父方に
ダート向きの血統を持ち「米国産馬に短距離ダートを走らせたら
好時計が出る」という声もあることから注目している1頭だ。
また本馬は、本レースでの好走傾向に該当項目が多いことに注目。
【中山で勝利経験あり】中山・芝1200Mの夕刊フジオーシャンS(G3)
で勝利している。他【前走5番人気以内】【差し・追い込み馬が強い】
単勝7倍から19倍がよく来る】などに該当している。
今やダート界の主役となったアウォーディーが芝を使われていた時は
凡走し、ダートに転向後は才能が開花したように本馬にも隠れた才能
があるのではないかと予想。
今回の鞍上は、夕刊フジオーシャンS(G3)でコンビを組んだ石橋騎手
に戻ることも好材料であり、ここが新境地の開拓となるのか注目だ。

 

1枠 1番 ノボバカラ

2016年3月の納屋橋S(1600万下)→コーラルS(OP)→かきつばた記念
(G3)と3連勝で重賞初制覇を果たし、3走前のプロキオンS(G3)では
コースレコードに迫る、1分22秒1の好タイムで重賞2勝目をマーク
した本馬。
ゆったりとしたローテーションにも好感が持て、11月にマイル戦で
1度叩かれ、今回は得意の短距離ダートに参戦だ。
また本レースでは【前走1400M~1600Mから出走の馬】が好走傾向に
あるようで、さらに【東京ダートで惨敗した馬】の巻き返しが多い
レースでもあるようだ。
本馬は前走の武蔵野S(G3)で、東京・ダート1600Mで9着と惨敗して
おり、好走傾向に該当していることに注目。
本レースで活躍が目立つ4歳馬であり、鞍上予定の内田博騎手も近年
本レースでの活躍している鞍上であることも好材料の1頭だ。

 

7枠 13番 キタサンミカヅキ

晩成タイプの本馬はOP入りまで32戦を要しており、地味な印象では
あるが、今回の舞台である中山・ダート1200Mの成績が【4.7.2.2】
で、複勝圏外の2走も4着と5着と掲示板を外した事がないという実績。
また今回の舞台で1分9秒7の持ち時計があり、堅実な差し脚を武器に
戦ってきた1頭だ。
さらに「中山コース、かつダート1200mだと馬が違って見える」と
いう声もあり、本馬にとって庭といえる舞台であろう。
今回は人気馬や地方馬の参戦もあり、前に行きたい馬が増えると予想
され、先行激化との声もある。
もしも前崩れの展開となった時は、しっかりとした末脚が魅力の本馬
が怖い存在になる予感だ。

 

5枠 10番 マキャヴィティ

本レースは人気馬が不振で波乱が期待される傾向なので、人気薄の
中山巧者に注目したい。
本馬は中山・ダート1200Mで【2.1.0.1】の好成績であり、中山コース
では1200Mでのみ戦っている1頭だ。
近走は案外の成績が続いているが得意の舞台に戻り、一変あっても
不思議ではない1頭だ。
出遅れるケースが多いようだが、ハイペースに流れ切ってもやれる
タイプのようなので、順調にレースを使われ状態面も上向いている
今なら巻き返してくる可能性もある。
2歳~3歳時はダートの一線を担ってきた馬であり、再度の重賞挑戦
となる今回、波乱を巻き起こすか注目だ。