読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

阪神JF(GⅠ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

阪神JF(GⅠ)枠順発表 阪神競馬場 芝1600m 2016年12月11日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ディーパワンサ 2 54.0kg A・シュタルケ
2 ソウルスターリン 2 54.0kg C・ルメール
2 3 エムオービーナス 2 54.0kg 木幡初也
4 レーヌミノル 2 54.0kg 蛯名正義
3 5 ポンポン 2 54.0kg 嘉藤貴行
6 ショーウェイ 2 54.0kg 松若風馬
4 7 ブラックオニキス 2 54.0kg 城戸義政
8 サトノアリシア 2 54.0kg 池添謙一
5 9 ジャストザマリン 2 54.0kg 四位洋文
10 クインズサリナ 2 54.0kg V.シュミノー
6 11 ジューヌエコール 2 54.0kg M.バルザローナ
12 アリンナ 2 54.0kg 田辺裕信
7 13 ゴールドケープ 2 54.0kg 丸山元気
14 スズカゼ 2 54.0kg 松田大作
15 フェルトベルク 2 54.0kg 川島信二
8 16 シグルーン 2 54.0kg 藤岡康太
17 ヴゼットジョリー 2 54.0kg 和田竜二
18 リスグラシュー 2 54.0kg 戸崎圭太

 

阪神JF(GⅠ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ソウルスターリン 2.4
2 リスグラシュー 3.0
3 ジューヌエコール 6.1
4 レーヌミノル 7.1
5 ヴゼットジョリー 11.0
6 ディーパワンサ 11.2
7 アリンナ 37.5
8 サトノアリシア 39.4
9 シグルーン 55.7
10 ブラックオニキス 66.8
11 クインズサリナ 80.0
12 ショーウェイ 125.5
13 ジャストザマリン 250.9
14 ゴールドケープ 340.1
15 ポンポン 559.8
16 スズカゼ 758.0
17 エムオービーナス 1193.0
18 フェルトベルク 2347.5

 

阪神JF(GⅠ) 2016年 注目馬・穴馬

 

8枠 18番 リスグラシュー

均整の取れた馬体と高いレベルの素材を持ち、前走で近年
本レースと相性の良いアルテミスS(G3)を完勝してきた本馬。
直近2年の本レースでは、3着内に計4頭が入っている好相性の
ローテーションであり、2015年の本レースで圧倒的な強さを
見せた、メジャーエンブレムの通ってきた道である。
また本馬は、本レース過去10年で7勝を挙げているノーザン
ファームの生産馬であり、小柄な馬格ではあるがパンチ力は
なかなかの印象だ。
今回レース経験が少ない2歳馬同士の戦いの中、本馬はキャリア
全3レースを全て異なるコースで使われ好走。
さらに、全3レースで全て18頭立ての競馬を経験していることは
心強い材料となる。
前々走では阪神コースで圧勝しており、相性も問題無さそうだ。
ハーツクライ産駒である本馬は、名馬ジャスタウェイやヌーヴォ
レコルトに続く逸材であり、クラシック戦線を賑わす注目の1頭
となりそうな予感だ。

 

8枠 17番 ヴゼットジョリー

7月の新馬戦を勝利し、勢いそのままに新潟2歳S(G3)を勝利
している本馬。
新潟2歳S(G3)では、牡馬を相手に豪快な末脚で差し切っており
ここまで2戦とも、終いでしっかり伸びてくる末脚を披露。
差し馬有利と言われる今回、ここでも注目している1頭である。
また馬込みを気にせずレースを進める事ができるので、混戦に
強い馬なのではと予想。
さらに毎回鞍上が変わっても、しっかりと好走できていること
から操縦性が良く、素直な馬という印象だ。
今回の鞍上は和田騎手を予定しているが、和田騎手は先週の
チャンピオンズC(G1)でアスカノロマンを10番人気→3着に好走。
馬券を購入したファンに貢献してくれた鞍上だ。
また、本馬の父ローエングリンは2012年の2歳王者・ロゴタイプ
輩出しており、血統面での後押しにも注目だ。

 

6枠 11番 ジューヌエコール

新馬戦→ききょうS(OP)、そして前走のデイリー杯2歳S(G2)と
3戦続けて上り最速の脚で勝ち上がってきた本馬。
今回参戦の馬の中、唯一の3戦3勝馬であり、派手さはないが
操縦性の良さは抜群と言われる1頭である。
ここまでの3連勝を全て異なるコースで挙げているが、本当に
能力が高くなければできない事だと思われ、さらに3戦連続での
上り最速は、高い素質が有る事の証明とも言えるだろう。
また本馬も本レース過去10年で7勝のノーザンファーム生産馬で
あり、クロフネ産駒らしくギアチェンジが得意な印象だ。
前々走のききょうS(OP)で、阪神コースの坂を力強く駆け上り
勝利していることから適性は問題ないと予想。
牡馬との混合重賞で結果を出してきた実力からも、ここでも
大きく崩れる感じはなく、好走に期待したい。

 

4枠 8番 サトノアリシア

本馬も本レースと好相性のアルテミスS(G3)からのローテーション
であり、5着と掲示馬を確保。
またデビューから3戦を1800M戦で使われているが、本レースでは
過去に1800M戦を経験している馬が強いというデータがあり、2015年
10番人気で2着と穴を開けたウインファビラス、1着となったメジャー
エンブレムも1800M戦を経験していたことに注目。
今回のメンバーは1800M戦を経験している馬が少ないので、ひょっと
したら本馬の大駆けが見られるかもと予想。
さらに本レース過去10年の内、2009年を除く9年間の連対馬の傾向に
【デビュー2戦目を単勝1番人気で1着だった】という事があり、この
傾向にも本馬は該当している。
本馬も好相性のノーザンファーム生産馬であり、人気が落ち着く
今回は馬券的に妙味がある1頭だ。

 

1枠 1番 ディーパワンサ

ディープブリランテの初年度産駒として、デビュー前から注目
されていた本馬。430Kg前後の小柄な牝馬だが、3戦連続で上がり
最速をマークしており末脚の破壊力は相当な1頭である。
デビューから無傷で挑んだ、前走のデイリー杯2歳S(G2)は休み
明けの上に、展開も向かなかったようで4着に終った。
敗因はスローペース&位置取りの差にあったようだが、最後まで
しぶとく脚は伸ばしていた印象だ。
しかし今回、力を必要とする阪神マイルに変わるのはプラス材料
であり、挽回してくる可能性は高いと予想。
今回の阪神外回りコースは、4コーナーから緩やかな下り坂となり
トップスピードに乗せていく過程で加速扶助を受けやすいコース。
本馬の武器である、確かな末脚を出し切れた時には怖い存在となる
だろう。

 

6枠 12番 アリンナ

牝馬豊作で重賞勝ち馬が多数参戦の今回、人気薄の盲点となり
そうな本馬は、本レースと好相性のマツリダゴッホ産駒であり
複勝率は29.6%。
マツリダゴッホ、母の父グラスワンダーという有馬記念血統
ということも興味深く、どちらも右回りで真価を発揮した馬だ。
今回は初マイルということで未知数ではあるが、1400Mでは
直線でひと脚使えている印象なので、マイルでも通用しそうな
予感である。
ここまで3戦はデビュー戦こそ2番手で競馬したが、2戦目3戦目は
逃げての勝利。今回もしも、後方組が末脚不発となればまんまと
残ってしまうことも想定される。
また本馬の強みは「誰が鞍上でも馬券に絡んでいる」競馬であり
今回、鞍上はテン乗りを得意とする田辺騎手に乗り替わる。
初マイル&初コースとのり超えるべき壁はあるが、ここで好走
するようなら見通しも明るくなる1頭である。