読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

アルゼンチン共和国杯(GⅡ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

アルゼンチン共和国杯(GⅡ)枠順発表 東京競馬場 芝2500m 2016年11月6日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 モンドインテロ 4 56.5kg C・ルメール
2 2 トレジャーマップ 5 51.0kg 吉田豊
3 ワンアンドオンリー 5 58.0kg 柴山雄一
3 4 ショウナンバッハ 5 54.0kg 松岡正海
5 アルバート 5 57.0kg 戸崎圭太
4 6 クリールカイザー 7 57.0kg 田辺裕信
7 コスモロビン 8 53.0kg 嘉藤貴行
5 8 フェイムゲーム 6 セン 58.0kg 北村宏司
9 マイネルメダリスト 8 54.0kg 柴田大知
6 10 プレストウィック 5 54.0kg 石川裕紀人
11 シュヴァルグラン 4 58.0kg 福永祐一
7 12 レコンダイト 6 55.0kg 蛯名正義
13 ヴォルシェーブ 5 55.0kg M・デムーロ
8 14 フェスティヴイェル 5 54.0kg 田中勝春
15 ムスカテール 8 57.0kg A・シュタルケ

 

アルゼンチン共和国杯(GⅡ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 シュヴァルグラン 2.4
2 ヴォルシェーブ 4.3
3 アルバート 4.6
4 モンドインテロ 4.8
5 フェイムゲーム 9.1
6 ワンアンドオンリー 22.8
7 クリールカイザー 25.1
8 レコンダイト 31.0
9 トレジャーマップ 62.5
10 ショウナンバッハ 88.0
11 ムスカテール 116.8
12 プレストウィック 138.0
13 マイネルメダリスト 206.8
14 フェスティヴイェル 233.3
15 コスモロビン 316.4

 

アルゼンチン共和国杯(GⅡ) 2016年 注目馬・穴馬

 

1枠 1番 モンドインテロ

ここまで11戦6勝の安定感を誇る本馬は、ディープインパクト産駒には
珍しいタイプで2400M以上の長い距離を得意としており、3走前には出世
レースのメトロポリタンS(OP)を勝利するなど、今後の活躍が期待される
一頭である。
2016年は重賞でも一定の走りを見せており、ダイヤモンドS(G3)で6着
目黒記念(G2)では5着と、東京コースで健闘していることから2500Mの
距離なら守備範囲といえるだろう。
また本レースで好成績を残している4歳馬であり、過去10年の3着以内馬
30頭のうち、半数の15頭が4歳馬であることにも注目。
今回はハンデ的にも重賞勝ちの馬と比べて恩恵があるだけに、ここで
初重賞制覇の可能性もありそうな予感だ。
さらに戦績からも外国人騎手との相性がいい印象を受けるが、今回も
C・ルメール騎手を確保しているだけに注目の1戦となりそうだ。

 

3枠 5番 アルバート

2015年は条件戦から4連勝でステイヤーズS(G2)を制し、重賞ウィナーの
仲間入りを果たした本馬。
その後は案外の結果が続いているが前々走の日経賞(G2)で4着、前走の
天皇賞・春(G1)では6着と大きく崩れてはいない。
今回半年以上の休み明けになるが、鉄砲実績が【2.1.0.2】と優秀。
さらに先週の天皇賞・秋(G1)で、モーリスを中距離王に育て上げた
堀厩舎だけに、ここはしっかりと立て直してくると予想。
これまで有馬記念(G1)→日経賞(G2)と、本レースと同じ距離で格上
相手と戦ってきていることも興味深く、メンバーがこれまでに比べると
手薄になる今回は、見せ場以上があるような予感だ。
さらに鞍上に戸崎騎手を確保しているあたり、ここからしっかりと勝負
していく感もあり、生粋のステイヤーが鬱憤を晴らせる競馬となるのか
注目している。

 

2枠 3番 ワンアンドオンリー

2014年のダービーを制して称号を手にした後は、神戸新聞杯(G2)を
勝利した本馬。
しかし神戸新聞杯(G2)後は13連敗中と、すっかり勝ち星から遠ざ
かってしまった一頭だ。
ただ今回は天皇賞・秋(G1)を回避してまで、勝ちを求めに来た舞台
であり、メンバーが一気に弱化するここなら馬券圏内には入ってくる
のではないかと予想。
また本レースで好走傾向にあるのは、斤量57.5~59Kgの馬であり
特に鞍上が乗り替わった場合は【1.4.2.7】で複勝率50.0%と抜群の
成績なことが興味深い。
本馬は今回、58Kgを背負う事となり鞍上も柴山騎手に乗り替わりと
なっている。
東京コースで走るのは2015年のジャパンC(G1)以来だが、かつては
ダービー馬の称号を手にした舞台である。
ここは馬券的にも妙味があり、本馬の復活に期待してみたい1戦である。

 

7枠 12番 レコンダイト

今回と同じ舞台の目黒記念(G2)で、2015年2着→2016年4着と舞台実績
&舞台適正というところでは、拾っておきたい本馬。
その目黒記念では、今回出走している馬の中で最先着を果たしており
前走のOP特別は単なる【ひと叩き】であったのだと予想。。
また2015年の本レースでは雨の馬場に苦しめられ、10着と惨敗したが
もしも今回、良馬場となった場合は切れる脚が使えるので見直したい
一頭だ。
さらに人気も適度、斤量も55Kgと適度で好走血統のグレイソヴリンが
入っていることにも注目。
過去5年で毎年、グレイソヴリンの血を持つ馬が馬券に絡んでおり
2013年には、2着.3着にグレイソヴリン系が入るという活躍ぶりだ。
今回は休み明けを叩かれた有利さもあり、初重賞のチャンスは十分に
ありそうだ。

 

4枠 6番 クリールカイザー

2014年の本レース2着馬であり、2015年から1年近い休養を挟み2016年
春に復帰。
復帰後は前々走の七夕賞(G3)5着→前走のオールカマー(G2)で4着と
ここにきて復調の気配を漂わせており、本レースではオールカマーから
の巻き返しも目立つことから注目している一頭だ。
また本レース過去5年で好走した、15頭中9頭が【前走芝2000?2200Mで
使われた馬】であり、さらに7番人気以下で馬券に絡んだ2頭が【5位
以内の上がりを使っていた】ことに注目。
本馬は前走2200M戦で上がり5位となっており、好走傾向に該当。
持ち前の粘り強さが武器であり、今回先行争いが厳しくなれば期待
できる存在になりそうだ。