読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

シリウスS(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅢ 阪神競馬場

シリウスS(GⅢ)枠順発表 阪神競馬場 ダート2000m 2016年10月1日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 マスクゾロ 5 56.0kg 秋山真一郎
2 2 シンゼンレンジャー 7 53.0kg 武豊
3 3 トウシンイーグル 8 セン 54.0kg 菱田裕二
4 4 キョウエイギア 3 56.0kg M・デムーロ
5 5 ジュンファイトクン 4 48.0kg 酒井 学
6 6 ランウェイワルツ 5 56.0kg 松若風馬
7 カゼノコ 5 58.0kg 北村友一
7 8 ピオネロ 5 56.0kg 福永祐一
9 アポロケンタッキー 4 57.5kg 和田竜二
8 10 メイショウイチオシ 5 55.0kg 岩田康誠
11 ミツバ 4 54.0kg 松山弘平

 

シリウスS(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 アポロケンタッキー 2.5
2 ピオネロ 3.6
3 キョウエイギア 4.2
4 マスクゾロ 6.6
5 ミツバ 8.8
6 カゼノコ 11.3
7 ランウェイワルツ 20.2
8 メイショウイチオシ 92.9
9 トウシンイーグル 102.8
10 シンゼンレンジャー 173.9
11 ジュンファイトクン 196.7

 

シリウスS(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

4枠 4番 キョウエイギア

前走のジャパンダートダービー(G1)を4馬身差の圧勝劇で制し
3歳世代の王者となった本馬。
その前走の2着は、兵庫チャンピオンシップ(G2)の勝ち馬
ケイティブレイブ、3着はユニコーンS(G3)の勝ち馬
ゴールドドリームという、3歳世代の重賞戦線で活躍している
2頭に勝利したものだった。
今回は初の古馬との対戦となるが、本レース過去9年で3歳馬の
好走が目立っており、距離が変更された2007年以降は複勝率が
38.5%であり、各年齢別のデータとしては最も高い複勝率だ。
さらに3歳馬の全体成績から、前走1着馬だけに絞り込むと
連対率&複勝率ともに、60.0%という数字である。
しかも本レースは上位人気馬の複勝率も高く、3番人気の馬は
複勝率が約56%というデータもある。
今回3番人気が予想されるうえに、他のデータから見ても本馬
は外せない1戦となった。

 

8枠 11番 ミツバ

前走のオークランドRCT(1600万下)を勝利し、今回も上位
争いが期待される一頭だ。
本レースの前走成績別データを見ると、抜群に相性が良いのが
オークランドRCT組であり、特に【定量戦組】が好成績だ。
2015年本レースの勝ち馬であるアウォーディーも、このローテ
から重賞を3連勝している。
本馬は近3走で2勝を挙げ、オープンクラス入りを決めた上がり
馬であり、また高い阪神ダート適性であることに注目。
阪神・ダート全体成績が【3・3・1・2】であり、着外の2回も
4着と5着の阪神ダート巧者である。
また本レースの好走傾向【前走で3番人気以内,前走の着順が2着
以内】にも該当。
今回のメンバーは強敵だが、ハンデを考えれば上位に食い込む
チャンスは十分あると予想している。

 

8枠 10番 メイショウイチオシ

前走のBSN賞(OP)は出遅れて後方のまま、結果12着となった
本馬だが、本来はハナに立ってこそ実力を発揮する馬であり
流れに乗れなかった印象だ。
休養明けということもあり、全く自分の競馬をしていないので
度外視していい結果であろう。
1度使われた今回は、状態面の上積みが見込め変わり身があるの
ではと予想。
また今回の舞台は芝スタートなので、スムーズに出られること
にも期待したい。前々走の甲南S(1600万下)で、今回と同じ
舞台を快勝しており適性に問題はないだろう。
さらに今回は逃げ候補が少ないので、斤量55kgなら馬券圏内の
チャンスもありそうな一頭だ。

 

1枠 1番 マスクゾロ

近2走は圧巻のパフォーマンスを見せ、目下連勝中の本馬。
前々走の桃山S(1600万下)は3馬身半差、前走のジュライS(OP)
が6馬身差での快勝である。
もともとは期待されていた実力馬であるが、脚部不安があり
順調とはいかなかった時期も経験している。
しかし本馬は逃げも差しもでき、自在に立ち回れるタイプの
ようで、どの位置からでも速い上がりを使える脚が魅力的な
一頭だ。
重賞初挑戦の2015年アンタレスS(G3)では9着と、案外の成績
であったが、1度重賞のペースを経験したことは強みであろう。
また鞍上の秋山騎手とのコンビで【2・1・0・0】と好相性であり
成長した今なら、重賞初制覇もある予感だ。

 

6枠 7番 カゼノコ

2014年のジャパンダートダービー(G1)勝ち馬であり、数多くの
G1に出走している本馬。
近走は勝利から遠ざかっているが、近走ではみやこS(G3)2着や
名古屋グランプリJp(G2)3着など、随所で高い能力を示して
いる一頭だ。
また本馬は渋った馬場が得意なタイプで、稍重~不良馬場の成績
が2勝、2着2回という実績だ。
今回は8カ月の休み明けで、本馬にとって厳しいレースとなりそう
だが、週末の阪神コースのお天気は雨のち曇りの予報だ。
得意の渋った馬場コンディションとなった時は面白い存在となる
であろう。
切れ味鋭い末脚は健在であり、今回は新興勢力を相手にGI馬の
底力を見せることができるのか注目だ。