読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

オールカマー(GⅡ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅡ 中山競馬場

オールカマー(GⅡ)枠順発表 中山競馬場 芝2200m 2016年9月25日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 サトノノブレス 6 56.0kg 福永祐一
2 2 クリールカイザー 7 56.0kg 田辺裕信
3 3 ショウナンバッハ 5 56.0kg 戸崎圭太
4 4 マイネルメダリスト 8 56.0kg 松岡正海
5 5 ツクバアズマオー 5 56.0kg 吉田豊
6 ゴールドアクター 5 58.0kg 吉田隼人
6 7 マリアライト 5 56.0kg 蛯名正義
8 エーシンマックス 6 56.0kg 石橋修
7 9 アクションスター 6 56.0kg 大野拓弥
10 サムソンズプライド 6 56.0kg 横山典弘
8 11 ワンアンドオンリー 5 57.0kg 内田博幸
12 カレンミロティック 8 セン 56.0kg 柴田大知

 

オールカマー(GⅡ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ゴールドアクター 2.2
2 マリアライト 2.3
3 サトノノブレス 6.7
4 ツクバアズマオー 14.1
5 カレンミロティック 14.7
6 クリールカイザー 15.5
7 ショウナンバッハ 21.8
8 ワンアンドオンリー 24.0
9 サムソンズプライド 47.0
10 アクションスター 209.0
11 マイネルメダリスト 223.6
12 エーシンマックス 237.4

 

オールカマー(GⅡ) 2016年 注目馬・穴馬

 

5枠 6番 ゴールドアクター

2015年の有馬記念(G1)を制した本馬は、期待された前走の
天皇賞・春(G1)で12着に敗れているが、それまでは有馬記念
(G1)を含み、5連勝を成し遂げている一頭だ。
前走の天皇賞・春(G1)では見せ場を作ったのだが、3200Mの
距離に阻まれたようで残念な結果に終わっている。
しかし今回の舞台は得意な非根幹距離となり、さらに中山・
芝コース全体では〔3・1・0・1〕と相性抜群の舞台である。
夏休みを経て立て直してきた今回は、有馬記念を制した舞台
へと替わり好材料となった。
また前走では、長距離輸送でイレ込んでしまったようだが
今回は輸送距離も短くなり不安も軽減されだろう。
ここはグランプリホースだけに、下手なレースは出来ない
1戦であり、秋の主役となるのか注目している。

 

2枠 2番 クリールカイザー

今回と同じ舞台で行われた、2015年のAJCC(G2)で重賞初制覇
を果たした本馬。
ここまでの全6勝中5勝を中山・芝コースで挙げており、中山
芝2200Mでは【3.2.0.2】と大得意な舞台である。
また2014年の本レースで12番人気→3着と、大穴をあけてくれた
ことからも注目している一頭だ。
2015年の天皇賞・春(G1)の後、怪我による1年の休養を余儀
なくされたが、前走の七夕賞(G3)では久々に良いレース内容
で掲示板入りをするなど復調気配を漂わせており、復帰後3戦を
使われての今回は、得意な舞台へと変わるので要注意だ。
また鞍上の田辺騎手は、今回の舞台が得意な印象であり先週の
セントライト記念(G2)で、プロティガルサンで3着と好走。
人気馬が堅いと予想される中、コース巧者である本馬が再び
波乱を演出してくれることに期待している。

 

1枠 1番 サトノノブレス

前々走の鳴尾記念(G3)で重賞4勝目となった本馬。2016年に
入ってから重賞2勝を挙げており、充実著しい一頭といえる
だろう。
本レースへはこれで3度目の挑戦になるが、過去2回は思う
ような結果が残せていないのが現状。
しかし2014年は新潟開催、2015年は日経新春杯(1月)から
の参戦と臨戦過程にも問題があったと思われ、過去2回と
比較しても、今回は臨戦過程が非常に良い印象だ。
さらにG1では力不足なことは、陣営も薄々は感じていると
予想され、ここがメイチの可能性が高いと思われる。
また母父がトニービンであるが、近年では好走例も多い血統
であり、2011年1着のアーネストリー(母父トニービン
2012年2着のダイワファルコン(父父トニービン)、2013年
1着のヴェルデグリーン(父父トニービン)という結果だ。
今回は3度目の正直ということで、ここは好走してくれるの
ではないかと注目している。

 

3枠 3番 ショウナンバッハ

本馬は3歳の未勝利戦で勝てず、地方(園田)へ転厩した後
出戻りして、出世してきたという異色の経歴の持ち主である。
中山コース全体は【0.0.1.2】であるが、着外の2回は出世前
の結果であり、距離も2000Mと2500Mで共に6着という結果。
3着は2016年のAJCC(G2)であり、今回と同じ舞台で挙げた
ものだ。
また今回の鞍上は、重賞騎乗機会連続連対記録を更新中(10戦)
の戸崎騎手であり心強い材料となった。
AJCC(G2)でもコンビを組んでおり、7番人気→3着と好走させた
鞍上である。
2015年のジャパンC(G1)では、上がり3Fで33.7秒の最速をマーク
するなど、怒涛の追込みが本馬の最大の武器であるが、脚を溜め
終いを活かす展開となった時は怖い存在だ。
今回、鞍上の記録更新と合わせて注目したい1戦となった。

 

8枠 12番 カレンミロティック

本馬は2015年の天皇賞・春(G1)3着、2016年も天皇賞・春(G1)
2着とGI実績が豊富な一頭である。
先行してから抜け出すタイプであり、自分の競馬をした時の
しぶとさは、先行有利の今回の舞台で怖い存在となると予想。
前走の宝塚記念(G1)は中距離路線G1での、力不足を感じさせる
結果となってしまったが、今回は前走よりも楽なメンバー構成
になるうえに、先行する得意なパターンが活かせそうだ。
また中山開催の近4年で12頭中10頭が該当していた【芝2200Mの
重賞で3着以内の実績がある馬】に本馬は該当しており、さらに
血統面から見ても、父ハーツクライサンデーサイレンス系)は
本レースで要注意の血統であることも興味深い。
本レース後にはオーストラリア遠征が予定されるなど、まだまだ
元気一杯の8歳馬にGⅠ級の底力を見せて欲しい1戦である。