読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

ローズS(GⅡ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

ローズS(GⅡ)枠順発表 阪神競馬場 芝1800m 2016年9月18日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 クロコスミア 3 54.0kg 岩田康誠
2 2 ヘイハチハピネス 3 54.0kg 藤原幹生
3 カイザーバル 3 54.0kg 四位洋文
3 4 アットザシーサイド 3 54.0kg 福永祐一
5 レッドアヴァンセ 3 54.0kg 武豊
4 6 ジュエラー 3 54.0kg M・デムーロ
7 シンハライト 3 54.0kg 池添謙一
5 8 クィーンズベスト 3 54.0kg 藤岡康太
9 フロムマイハート 3 54.0kg 和田竜二
6 10 バレエダンサー 3 54.0kg 松若風馬
11 フォールインラブ 3 54.0kg 古川吉洋
7 12 デンコウアンジュ 3 54.0kg 内田博幸
13 アドマイヤリード 3 54.0kg C・ルメール
8 14 クリノサンスーシ 3 54.0kg 幸 英明
15 ラベンダーヴァレイ 3 54.0kg 浜中俊

 

ローズS(GⅡ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 シンハライト 1.7
2 ジュエラー 2.9
3 アットザシーサイド 10.2
4 レッドアヴァンセ 10.3
5 ラベンダーヴァレイ 20.3
6 カイザーバル 21.1
7 デンコウアンジュ 23.5
8 アドマイヤリード 28.2
9 クィーンズベスト 57.2
10 フロムマイハート 85.5
11 クロコスミア 132.4
12 フォールインラブ 242.3
13 バレエダンサー 537.5
14 ヘイハチハピネス 900.9
15 クリノサンスーシ 984.1

 

ローズS(GⅡ) 2016年 注目馬・穴馬

  

4枠 6番 ジュエラー

前走で2016年桜花賞を制した後は、左前脚の骨折により休暇を
余儀なくされ、オークスへの出走も叶わなかった本馬。
幸い程度は軽く、本番に直行ではなくトライアルから復帰する
あたりに陣営の自信も感じることから、注目している一頭である。
また本レース過去5年で、前走オークス以外で【近2走以内に
上がり2位以内での連対実績がある馬】が好走しており、前走
オークス以外の馬の8頭がこのデータに該当していた。
本馬は前走オークス以外であり、ここまで全てのレースで
上り最速をマーク。連対実績があることにも注目だ。
さらに今回は馬券的に考えると、骨折明けを理由にオッズも
付きそうで妙味ありと予想。
コース形態からも、スローペースからの上がり勝負になりやすく
直線では鋭い末脚を武器に、坂を駆け上ってくるのではと思われ
復帰初戦のパフォーマンスに期待したい一頭である。

 

7枠 12番 デンコウアンジュ

2歳時にはアルテミスS(G3)で、あのメジャーエンブレムに土を
つけている本馬。
その後は案外の結果が続いているが、前々走の桜花賞(G1)
前走のオークス(G1)ともに、直線で不利を受けたこともあり
不完全燃焼の競馬が続いているようだ。
また本レースは【前走オークスで上がり5位以内の馬】に要注意
のレースであり、過去5年で前走オークス組で馬券になった7頭
がこの条件に該当していた。
本馬は前走オークス組で上がり5位以内で、9着に終わっており
ここでの巻き返しに期待したい一頭である。
脚質的に末脚一辺倒なのでアテにできない面もあるが、近走の
不完全燃焼からも、ここにかける思いは強いと思われる。
今回はしっかりと脚を溜めて展開待ちができれば、強烈な末脚
を武器に怖い存在となるであろう。

 

3枠 4番 アットザシーサイド

前々走の桜花賞(G1)でシンハライト、ジュエラーと差のない
レースを見せて3着に好走した本馬。
レースセンスの高い馬のようで桜花賞(G1)3着、フィリーズ
レビュー(G2)2着、阪神JF(G1)5着と、重賞戦線で安定して
上位争いに加わってきた一頭である。
しかし前走のオークス(G1)では11着と大敗、いきなりの2400M
への距離延長はさすがに厳しかったようだ。
そのオークス(G1)でも、うまく折りあっていたのにも関わらず
最後の直線で失速。 完全に距離が長かった印象であった。
しかし今回は、好走実績のある阪神コースと距離短縮という
好材料もあり惨敗は考えにくい1戦となった。
また今回は今後のことを考えても、賞金加算しておきたい1戦
であり、本番よりもココへの勝負度の方が高いと思われ、巻き
返しに期待している。

 

5枠 9番 フロムマイハート

前走オークス(G1)は16着と大敗、G1だけに仕方のない結果と
なった本馬。
オークス後は放牧に出され、馬体的にも精神的にも疲れを
リセットできたようだ。
また今回の舞台となる阪神1800Mでは2走して1着、2着1回の
連対実績があることに注目。
芝の1800M戦全体でも【2-3-0-0】で、連対率100%という得意
な距離である。
さらに注目すべきは、鞍上の和田騎手と厩舎である宮本厩舎と
の相性の良さである。
ここ3年で合計25走と少ないが、成績は【1・7・2・15】で
複勝率40%となかなかだ。さらに今年に絞れば【0・3・1・3】
で、3着以内率が57.1%という数字である。
今回は有力馬に後ろから行く馬が多いなか、先行から好位で
運べそうな脚質が魅力であり、人気薄のこういうタイプの馬は
トライアルでこそ狙える一頭だと思われる。

 

2枠 3番 カイザーバル

今回、有力馬が後方からの競馬をするタイプということから
一発あるならやっぱり前方だと思われ、注目している一頭。
本馬は阪神コースで全2勝をマーク。阪神コース巧者であり
うち1勝が、今回と同じ舞台であることにも注目。
また2006年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬や、2004年桜花賞
制したダンスインザムードを母に持つ良血馬であり、母も
阪神コース巧者(2戦1勝、2着1回)だ。
今回、人気上位馬は始動戦となる馬が多く、本馬は夏に一度
使われている分、状態面は上向きであろうと予想。
本馬はパワーが持ち味なので、それを活かせる今回の舞台
なら馬券圏内も期待できる予感だ。
コース巧者である母の血を受け継いだ一頭だけに、大掛け
することに期待したい1戦である。