読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

京成杯AH(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

京成杯AH(GⅢ)枠順発表 中山競馬場 芝1600m 2016年9月11日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ダイワリベラル 5 56.0kg 北村宏司
2 アルマディヴァン 6 53.0kg 横山典弘
2 3 カフェブリリアント 6 54.0kg 戸崎圭太
4 シベリアンスパーブ 7 54.0kg 松岡正海
3 5 ダノンプラチナ 4 58.0kg 蛯名正義
6 クラリティスカイ 4 57.5kg 田辺裕信
4 7 ピークトラム 5 56.0kg 小牧 太
8 ラングレー 5 56.0kg 柴田善臣
5 9 ワキノブレイブ 6 56.0kg 津村明秀
10 ロードクエスト 3 55.0kg 池添謙一
6 11 ダンスアミーガ 5 53.0kg 石川裕紀人
12 スマートオリオン 6 57.0kg 柴山雄一
7 13 トウショウドラフタ 3 54.0kg 吉田 豊
14 ダノンリバティ 4 56.0kg 松若風馬
8 15 ペイシャフェリス 5 53.0kg 大野拓弥
16 リーサルウェポン 5 50.0kg 吉田隼人

 

京成杯AH(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ロードクエスト 3.1
2 ダノンプラチナ 3.5
3 ダノンリバティ 5.3
4 ラングレー 9.5
5 ピークトラム 11.0
6 ダイワリベラル 11.3
7 トウショウドラフタ 17.8
8 カフェブリリアント 18.3
9 クラリティスカイ 23.3
10 ダンスアミーガ 25.5
11 ペイシャフェリス 39.7
12 アルマディヴァン 75.3
13 スマートオリオン 83.8
14 リーサルウェポン 85.0
15 シベリアンスパーブ 93.2
16 ワキノブレイブ 196.0

 

京成杯AH(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

7枠 14番 ダノンリバティ

ダートでも芝でも重賞戦線で活躍している本馬だが、未だ
重賞タイトルを取るところまでは至っていないのが現状。
しかしダート向きのパワーを秘めているだけに、直線が短く
坂のある今回の舞台でなら、転機を作れそうな予感だ。
また2016年の夏は中京記念(G3)5着→関屋記念(G3)2着と
調子を上げてきており、前走の関屋記念(G3)では先行策を
武器に低評価を覆した。
その前走関屋記念組は本レースと相性が良く、直近2年では
計5頭が馬券圏内に入ってきていることに注目。
さらに本レース過去10年では、2~3番人気の馬の好走が
目立っており、現時点で3番人気の本馬は該当している。
また開幕週の今回の舞台では、本馬の先行力は大きな武器
になりそうであり、サマーマイル王の座を手中に収めること
となるか注目している一頭である。

 

1枠 1番 ダイワリベラル

今回の舞台と同じニューイヤーS(OP)を勝利、また前々走の
ダービー卿CT(G3)では4着と成績が示すように、コース適性
の高い本馬。中山コース全体でも、掲示板を外しておらず
大得意としている一頭である。
前々走のダービー卿CT(G3)では、マイル界を担う実力馬揃い
の中、正攻法での4着は評価できる内容であり、重賞を勝つ力
を感じさせる1戦であった。
また市川S(1600万下)→ニューイヤーS(OP)でマイル戦を
連勝しており、今回は休ませた効果に期待したいところだ。
ゲートもまずまずであり、ある程度前目で競馬ができるので
立ち回りを活かして馬券内にくる可能性もあると予想。
以外と人気しないのも魅力的であり、得意な舞台で秋初戦を
波乱の舞台にするのか注目したい。

 

2枠 3番 カフェブリリアント

ここまでマイル戦では3勝を挙げ、得意の距離とする本馬。
牝馬重賞戦線で存在感をアピールしてきた本馬だが、近走
は物足りない成績が続いている。
しかし今回は鞍上に戸崎騎手を起用し、休養の効果と共に
注目している一頭である。
前走のヴィクトリアマイル(G1)は前に壁を作れず、スピード
負けで15着に終わったが、実力的には十分に通用する馬で
あり、総合力は高いものを持っているようだ。
また今回は逃げ馬が不在ということもあり、この鞍上が
巻き返しの一発を狙ってきそうな予感。
さらに、斤量52.0kg~54.0kgの馬(3歳馬か牝馬のみ)に注意
したいレースであり、中山開催の近4年で12頭中6頭が好走。
今回は斤量54.0kgとなり、牝馬である本馬に要注意だ。

 

3枠 6番 クラリティスカイ

本馬も好相性の前走関屋記念組であり、本レース直近2年で
計5頭が馬券圏内に来ていることに注目している。
また本馬は2015年NHKマイルC(G1)覇者であり、G1馬という
ことにも注目。転厩2戦目となる今回は、覇気の違いを感じ
させているようだ。
さらに注目すべきは、今回の鞍上の田辺騎手である。
田辺騎手は本レースと好相性であり、2012年6番人気→2着
スマイルジャック、2013年7番人気→3着ゴットフリート
2014年2番人気→1着クラレント、2015年13番人気→1着
フラアンジェリコという実績を残している。
もしも今回、本馬が勝利したら【本レース3連覇】となり
どんな競馬をしてくれるのか楽しみである。

 

6枠 11番 ダンスアミーガ

前走の関屋記念(G3)で16番人気→4着,前々走の中京記念(G3)
でも14番人気→4着など、あともう1歩で馬券圏内という
健闘ぶりの本馬。1600Mという距離では、ある程度の位置から
しぶとく伸びてこれるタイプのようだ。
また今回と同じ舞台で、2015年のターコイズS(G)を2着と好走
しており、舞台適性もまずまずだろう。
さらに過去の本レースには、こういうタイプの好走馬がいた
との声があり、今回も低評価を覆し、大駆けすることを期待
したい一頭である。
また本馬も、本レースで要注意の斤量52.0kg~54.0kgの牝馬
であり、充実期に入り5歳の秋を迎えた今回も侮れない存在だ。
9度目の重賞に挑む今回、重賞初V&シリーズ制覇に向けて
全力投球だ。

 

7枠 13番 トウショウドラフタ

不気味な3歳勢から今回、気になる一頭となった本馬。
2016年はファルコンS(G3)の覇者となり、NHKマイルC
(G1)でも5着と健闘した実力馬である。
また興味深いデータに、過去10年の本レースでは、3走前
までに【芝1600MのGIに出走していた馬 】が2010年を除き
連対しており、前々走でNHKマイルC(G1)に出走していた
本馬は該当していることにも注目だ。
今回はベストの1400Mから1ハロンの距離延長となり対応
が鍵となるが、ここを克服しない限りはG1タイトル奪取の
チャンスが少なくなってしまうのが現状である。
しかし潜在能力は世代トップクラスと言われており、今後
に向けて試金石の1戦となるだけに注目している。