読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

レパードS(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

レパードS(GⅢ)枠順発表 新潟競馬場 ダート1800m 2016年8月7日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 レガーロ 3 56.0kg 田辺裕信
2 2 ネクストムーブ 3 56.0kg M・デムーロ
3 3 ヨシオ 3 56.0kg 石橋修
4 4 エネスク 3 56.0kg 丸田恭介
5 ケイティブレイブ 3 56.0kg 武豊
5 6 グレンツェント 3 56.0kg 戸崎圭太
7 ピットボス 3 56.0kg 内田博幸
6 8 ラテールプロミーズ 3 56.0kg 吉田豊
9 フォースリッチ 3 56.0kg 田中勝春
7 10 コパノリスボン 3 56.0kg 大野拓弥
11 オーシャンビュー 3 56.0kg 嘉藤貴行
8 12 マイネルバサラ 3 56.0kg 柴田大知
13 グランセブルス 3 56.0kg 石川裕紀人

 

レパードS(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ケイティブレイブ 2.0
2 グレンツェント 2.7
3 レガーロ 7.7
4 ピットボス 9.1
5 ネクストムーブ 9.1
6 マイネルバサラ 12.9
7 ヨシオ 53.0
8 グランセブルス 58.3
9 エネスク 125.3
10 コパノリスボン 127.3
11 オーシャンビュー 141.7
12 ラテールプロミーズ 200.9
13 フォースリッチ 306.8

 

レパードS(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

5枠 6番 グレンツェント


2016年に入ってからの5戦、全て3着以内という好走実績の本馬。
デビュー戦は芝で使われ5着、次走でダートに転向してからは
4戦4連対と高い適性を見せているネオユニヴァース産駒だ。
ネオユニヴァースはサンデー系×母父Kingmamboミスプロ
と本レースの注目血統である。
前走のユニコーンS(G3)では、前方の馬が有利な流れのなか
後方から追い込み3着であったが、評価できる内容であった。
その後はここを目標に調整に入り、万全の態勢で臨んできており
今回のメンバー中、能力は上位であり末脚も確実なことから
ここでの大崩れは考えにくい一頭だと言えるだろう。
また前々走の青竜S(OP)では、左回り(東京)で優勝しており
強さを示していることから、左回り、広いコース、長い直線なら
力をフルに発揮できると思われ期待している。

 

5枠 7番 ピットボス

前走のユニコーンSでは4着に好走した本馬。2016年に入り全てで
掲示板入りをしており、安定した走りを見せている一頭だ。
これまでダート戦で6戦を使われ2勝、2着1回、3着1回と適性も
まずまずであり、1800M戦で2勝しているように今回の距離は
問題ないと思われる。
また本レース過去7年のうち5年で、好位を取った先行馬から
勝ち馬が出てきていることから、本馬の脚質面と位置取りに
注目している。
今回もある程度好位さえ取ってしまえば、大崩れはしにくい
タイプだと思われ、ここでも上位争いに加わってくれるのでは
と期待している。
本馬にはまだまだ幼い面が見られるようだが、これからの成長分
も含めて注目したい一頭だ。

 

2枠 2番 ネクストムーブ

デビューから3戦で2勝、2着1回の好成績をマークしており、目下
3戦連対中という本馬。
本馬の最大の魅力は先行力であり、伸びしろという点では今回の
メンバー中、最上位だと思われ注目している。
キャリアはまだ3戦だが、高いポテンシャルを秘めている印象が
あり、心身共にまだ成長の余地を感じる一頭である。
また本レース過去5年の傾向で【前走がダート1600M以上で5着以内】
の馬の好走が見られ、前走のダート1800Mで勝利した本馬は該当して
おり注目している。
本レースはキャリアの浅い馬が不利な傾向にあるようだが、重賞の
舞台で相手強化の中、本馬がどこまでやれるかに注目したい1戦だ。

 

8枠 12番 マイネルバサラ

前々走の鳳雛S(OP)では、強敵キョウエイギアに接戦を繰り広げ
クビ差2着と好走。
その後、キョウエイギアがジャパンダートダービーの覇者となり
間接的に本馬の評価を上げる形となった。
また本レースの連対馬12頭に共通するデータ【左回りのダート勝ち】
【OPで3着以内の実績あり】に、デビュー戦で東京コースを勝利し
鳳雛S(OP)で2着の実績がある本馬は該当している。
本馬は過去の戦歴からも、コーナー4回の舞台が合う印象があり
前目から使える良い脚を武器に戦ってきた。
今回もこの脚を武器に楽なペースで無理なく好位が狙えるよう
なら、面白い一頭になりそうで注目している。

 

8枠 13番 グランセブルス

前々走の500万下で強烈な末脚を披露、強敵を鮮やかに差しての勝利。
前走の兵庫チャンピオンシップ(G2・園田ダート1870M)では5番人気
→3着と好走しており、徐々に力をつけてきている本馬。
今回は休養しての登場となるが、まだ見限れない面を持っており
一変の可能性を秘めている一頭だ。
本馬も本レースの好走傾向【前走がダート1600M以上で5着以内】に
該当しており、3着までの食い込みという点で期待している。
今回は相手関係も強化され、地方で直線の短い園田コースからの舞台
替わりとなるが、ゆったりと走れる新潟コースならパフォーマンスが
上がるような予感だ。
直線に入ってからの伸びは魅力的であり、前々走で見せた末脚には
大きなインパクトがあった。
その強烈な決め手を今回、ここで見せることができるのか注目だ。