読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

小倉記念(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

小倉記念(GⅢ)枠順発表 小倉競馬場 芝2000m 2016年8月7日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 サトノラーゼン 4 57.0kg 岩田康誠
2 2 エキストラエンド 7 57.0kg 浜中俊
3 3 クランモンタナ 7 54.0kg 和田竜二
4 4 アングライフェン 4 55.0kg 川田将雅
5 5 ベルーフ 4 56.0kg D.ホワイト
6 マーティンボロ 7 57.0kg 藤岡康太
6 7 メイショウナルト 8 セン 56.0kg 松若風馬
8 テイエムイナズマ 6 56.0kg 古川吉洋
7 9 リヤンドファミユ 6 54.0kg 藤岡康太
10 ウインリバティ 5 52.0kg 松山弘平
8 11 ダコール 8 58.0kg 小牧太
12 プランスペスカ 6 53.0kg 幸 英明

 

小倉記念(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ダコール 3.1
2 アングライフェン 4.8
3 サトノラーゼン 4.8
4 ベルーフ 5.8
5 テイエムイナズマ 11.2
6 マーティンボロ 12.5
7 プランスペスカ 13.2
8 エキストラエンド 14.3
9 ウインリバティ 19.4
10 メイショウナルト 29.8
11 クランモンタナ 33.6
12 リヤンドファミユ 51.5

 

小倉記念(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

4枠 4番 アングライフェン

デビューから8戦めで初勝利と時間を要した本馬だが、そこからは
7戦連続で3着以内と好走し、堅実な走りをみせてきた。
今回は昇級後の1戦となるが3走前は新潟大賞典(G3)、4走前には
中日新聞杯(G3)と重賞の出走経験が2度あり、ここで勝負になって
も何ら不思議のない一頭だ。
また2015年の夏に小倉・1800M戦で連勝してから軌道に乗っており
夏場は得意なタイプのようだ。
また今回陣営は小倉での滞在調整をしており、本馬が落ち着いて
レースに臨めるように気性を考慮。
本馬の父ステイゴールドは、2015年の3着馬ウインプリメーラ
はじめ過去にも好走馬を出しており、母方は本レースの好走血統
トニービンを持っていることから血統面にも注目だ。

 

8枠 12番 プランスペスカ

前走の鳴尾記念(G3)では、13番人気ながらも直線では鋭い伸びを
見せて3着に好走、波乱のレースを演出した一頭である。
その鳴尾記念はレースレベルが高かったと思われ、本馬が意外と
普通に強い競馬をしていた印象だ。
また本レース過去5年のデータに【近2走以内に3位以内の上がりを
使っている】馬の好走が見られ、本馬は前々走の都大路S(OP)で
上がり2位と好走傾向に該当していることにも注目。
鳴尾記念の結果はフロック視できず、今回は斤量53Kgと好材料
なり、ここでの波乱演出も十分に考えられるだろう。

 

7枠 10番 ウインリバティ

2016年は案外の成績が続いている本馬だが、2015年には3連勝して
おり、能力は侮れない存在だ。
ここまでの全5勝中、3勝は今回と同じ舞台で挙げたものであり
3戦3勝という得意とする舞台。
小倉コースでの全成績が連対率100%と圧倒的に好相性の舞台で
あり、ここでの一変が期待できる一頭だ。
2015年8月、前走までの凡走続きが今回と同じ舞台で一変して
勝利しているように、今回も可能性はゼロではない。
さらに今回は軽ハンデが見込めるうえ、人気薄にでもなろうもの
なら馬券的に妙味があり軽視はできないだろう。

 

5枠 5番 ベルーフ

2015年の本レース2着であり、前々走の小倉大賞典(G3)でも
勝ち馬アルバートドッグと0.2秒差の競馬をしており、ここでは
侮れない一頭だ。
本レース2着以降は一押しが足りず、掲示板の前後を繰り返して
いるが、好走した今回の舞台とはリンクしないコースばかりを
使われた結果であり、度外視していいだろう。
本馬はハービンジャー産駒だが、ハービンジャー産駒は先週も
勝ち馬が出ており活躍している。
今回は新潟大賞典(G3)以来で休み明けになるが、メンバー的
に質が落ち、少頭数での1戦となるため割り込む余地はある。
今後の見通しを立てる1戦となるだけに復活劇に期待している。

 

5枠 6番 マーティンボロ

2014年の本レース2着馬であり、次走の新潟記念(G3)も勝利して
同年『サマー2000シリーズ』のチャンピオンに輝いた本馬だが
その後は長期休養となり、結果が出なくなってしまった。
しかし、3走前の東京新聞杯(G3)では末脚に見所があり、前走の
七夕賞(G3)でも6着であったが先行して見せ場をつくったりと
復調の兆しを感じることができる一頭だ。
本コースでの全成績は6戦で3勝、2着1回、4着2回と抜群のコース
適性であり、4着となった2回も勝ち馬から0.3秒差という僅差で
あった。
今回は得意とする舞台へと替わり、一変するならばこの舞台と
言わんばかりだ。『サマー2000シリーズ』のチャンピオンが
ここで勝機を得ることができるのか注目だ。

 

3枠 3番 クランモンタナ

2015年の本レース4着馬であり、夏のローカル戦線で要注意の
「リピーター」であることから注目している一頭だ。
前走の鳴尾記念(G3)は13着と大敗したが、2015年は七夕賞(G3)
14着からの巻き返しで4着となっており、今回も激走があっても
不思議ではない。
また2015年の本レースでは上がり最速を使い、直線だけで4着
まで突っ込んできており、2着馬ベルーフからクビ・頭差まで
迫ってきた。
最後は脚を余した感があり、もう少し仕掛けるのが早ければ
あわやという走りをしていただけに、ここは注目したい。
2015年同様、大敗からの激走パターンに期待している1戦だ。