読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

函館スプリントS(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

函館スプリントS(GⅢ)枠順発表 函館競馬場 芝1200m 2016年6月19日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 レッツゴードンキ 4 54.0kg 吉田隼人
2 ヤマニンプチガトー 7 54.0kg 村田一誠
2 3 シュウジ 3 52.0kg 岩田康誠
4 オデュッセウス 3 52.0kg 戸崎圭太
3 5 エポワス 8 セン 56.0kg 杉原誠人
6 セイコーライコウ 9 57.0kg 柴田善臣
4 7 オメガヴェンデッタ 5 セン 56.0kg 武豊
8 ティソーナ 3 52.0kg 柴山雄一
5 9 アクティブミノル 4 56.0kg 藤岡康太
10 スカイキューティー 6 54.0kg 勝浦正樹
6 11 キャンディバローズ 3 50.0kg 菱田裕二
12 ティーハーフ 6 56.0kg 池添謙一
7 13 アースソニック 7 56.0kg 三浦皇成
14 ローレルベローチェ 5 56.0kg 中井裕二
8 15 ファントムロード 8 セン 56.0kg 藤岡祐介
16 ソルヴェイグ 3 50.0kg 丸田恭介

 

函館スプリントS(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ローレルベローチェ 4.9
2 シュウジ 5.0
3 ティーハーフ 5.1
4 オメガヴェンデッタ 5.5
5 アクティブミノル 6.3
6 オデュッセウス 8.3
7 レッツゴードンキ 9.9
8 ティソーナ 18.9
9 アースソニック 27.2
10 キャンディバローズ 33.6
11 ソルヴェイグ 45.1
12 エポワス 49.0
13 セイコーライコウ 83.2
14 ファントムロード 146.2
15 ヤマニンプチガトー 214.4
16 スカイキューティー 217.7

 

函館スプリントS(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

5枠 9番 アクティブミノル

本レースでの好走傾向に【前走が高松宮記念】の馬がおり
過去10年で5回も馬券圏内にきているというデータがある。
本馬は前走の高松宮記念(G1)で16番人気→4着と好走し
今回の舞台でも、2戦2勝という高い適性であることから
注目している一頭だ。
成績不振の時期もあった本馬だが、これまでの逃げの競馬
から逃げない競馬で高松宮記念(G1)を好走しており、復調
気配を見せてくれた1戦だった。
また本馬は7月や9月といった暑い時期に好走しており、得意
の舞台に替わる今回は好材料が揃った1戦と言えるだろう。
戦績を見ると安定感には欠ける馬だが、読めない難儀さゆえ
に、ここでの好走に期待してしまう一頭だ。

 

2枠 4番 オデュッセウス

前走の橘S(OP)を力強い末脚で勝利した本馬。メンバー中で
最も重い、57kgの別定重量のハンデを押しのけての勝利であり
価値が高い1戦であった。
道中で溜める競馬で良さが出てきたようで、ここにきて充実感
漂う、本レースの好走血統ファルブラヴ産駒だ。
本馬の注目すべき点は、今回参戦の3歳馬の中で1200M戦を2勝
している唯一の馬であり、そのうちの1勝が今回の舞台である
ことだ。
また2015年は、夏の北海道で2勝をマークした洋芝巧者であり
ここでの大崩れは考えにくであろう。
本レース過去10年で3歳馬が5回馬券に絡んでおり、少々地味な
印象ではあるが、将来が楽しみな3歳馬に期待している。

 

6枠 12番 ティーハーフ

本馬は2015年の本レース勝ち馬であり、次走のキーンランドC(G3)
でも3着と好走。函館や札幌の馬場が得意な洋芝巧者である。
近走は勝ち星から遠ざかっているが、今回の舞台適性は確実に
高いことから注目している一頭だ。
2015年の本レースでは展開に恵まれた面もあったが、直線で2着
以下の馬に2馬身半の差をつけて快勝している。
本レースの好走傾向に、リピーターや函館巧者の活躍が目立つ
ことから実績のある本馬は侮れない存在であろう。
また本レース過去5年のデータに【距離短縮馬】に注意とあり
毎年1頭以上、距離短縮馬が馬券に絡んできている。
本馬はリピーターであり、函館巧者さらに距離短縮馬と好走傾向
にピッタリの気になる一頭だ。

 

4枠 7番 オメガヴェンデッタ

2015年のサマースプリントシリーズでは、重馬場の今回の舞台で
函館日刊スポーツ杯(1600万下)を勝利した本馬。
次走のキーンランドC(G3)でも4着と掲示板入りをしており
パワーを要求される芝が向くタイプのようだ。
その後はスワンS(G2)で3着、前々走の阪急杯(G3)で2着と重賞で
好走実績を残していることにも注目だ。
またデビュー時はダート戦(京都ダート1400M)で2勝をマーク。
その後の戦績からも、タフな部類の短距離レースに強い印象を
受ける一頭である。
タイプ的に洋芝の今回の舞台も適性内と思われ、好走血統の
ゼンノロブロイ産駒であることも興味深い一頭だ。

 

7枠 13番 アースソニック

クロフネ産駒が2着・3着という結果だった2015年の本レース。
そして本馬はその時の2着馬であり事実、馬券になっている
血統だけに軽視できない存在だ。
また2014年にも本レースに参戦、今年で3回目のリピーターで
あることにも注目している一頭だ。
近3走は不振が続いているが、戦績を見ると2015年夏頃から
2016年明けまで好走が続いており、重賞3戦で2着1回、3着2回の
実績がある。OPでも3戦で2着2回、3着1回という好走だ。
2014年も夏場に好走しており、暑い時期は得意なタイプのようだ。
今回は鞍上(三浦騎手)を不安視する声も聞こえるが、好走血統
&リピーターという好走傾向に合う馬であり、その声を払拭して
もらいたい1戦である。

 

6枠 11番 キャンディバローズ

本レース過去10年で、5回馬券に絡んでいる3歳馬ということで
気になる一頭となった本馬。
また過去5年中、3年で2頭ずつ馬券に絡んでいる牝馬である
ことにも注目したい。
さらに本レースでは【芝1400Mの重賞で3着以内の実績がある馬】に
注意との声もあり、本馬は2015年ファンタジーS(G3)で勝利し
前々走のフィリーズレビュー(G2)でも3着と好走実績がある。
本馬の母父は名馬タイキシャトルスプリンターズS(G1)を制した
馬だ。その血を受け継いでいることも魅力的。
デビュー2戦目の2歳未勝利では、札幌の洋芝(1500M)を非常に
強い内容で勝利しており洋芝適性も感じる。
人気薄ではあるが、意外と期待と実績を兼ね備えているようで
ここは期待したい一頭だ。