読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

天皇賞(春)(GⅠ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅠ 京都競馬場

天皇賞(春)(GⅠ)枠順発表 京都競馬場 芝3200m 2016年5月1日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 キタサンブラック 4 58.0kg 武豊
2 トゥインクル 5 58.0kg 勝浦
2 3 カレンミロティック 8 セン 58.0kg 池添
4 トーセンレーヴ 8 58.0kg 武幸
3 5 フェイムゲーム 6 58.0kg ボウマン
6 アドマイヤデウス 5 58.0kg 岩田
4 7 ファタモルガーナ 8 セン 58.0kg 内田博
8 シュヴァルグラン 4 58.0kg 福永
5 9 トーホウジャッカル 5 58.0kg 酒井
10 アルバート 5 58.0kg ルメール
6 11 タンタアレグリア 4 58.0kg 蛯名
12 ヤマニンボワラクテ 5 セン 58.0kg 丸山
7 13 マイネルメダリスト 8 58.0kg 柴田大
14 サトノノブレス 6 58.0kg 和田
15 サウンズオブアース 5 58.0kg 藤岡佑
8 16 ファントムライト 7 58.0kg 三浦
17 ゴールドアクター 5 58.0kg 吉田隼
18 レーヴミストラル 4 58.0kg 川田

 

天皇賞(春)(GⅠ)予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ゴールドアクター 2.6
2 キタサンブラック 3.7
3 シュヴァルグラン 5.9
4 サウンズオブアース 7.9
5 フェイムゲーム 9.5
6 トーホウジャッカル 15
7 アルバート 15
8 タンタアレグリア 24.5
9 サトノノブレス 38.5
10 レーヴミストラル 38.7
11 トゥインクル 39
12 アドマイヤデウス 49
13 カレンミロティック 126.2
14 ファントムライト 198.2
15 トーセンレーヴ 239.5
16 ファタモルガーナ 407.6
17 ヤマニンボワラクテ 449.4
18 マイネルメダリスト 560.8

 

天皇賞(春)(GⅠ) 2016年 注目馬・穴馬

 

4枠 8番 シュヴァルグラン

前走の阪神大賞典(G2)で待望の重賞初勝利を飾った本馬。
本レース過去のデータ上で1番勝ち馬の出ている、前走阪神
大賞典組であり、勝利しての参戦ということから注目して
いる一頭だ。
今回の舞台ではスタミナだけでなく、ある程度のスピードも
求められるようで、父ハーツクライ×母父マキャベリアンは
スタミナ×スピードという血統であり、現代の京都コースに
合っていると思われる。
また同じ母父を持つ、メイショウドンタクが2010年本レースで
16番人気→3着と好走していることにも注目だ。
今回は3㎏増の斤量の克服という壁はあるが、どこからでも
動ける自在性が魅力であり、レースでの折り合いも不問な本馬が
今回の覇者となるのか楽しみな一戦である。

 

5枠 10番 アルバート

2015年ステイヤーズS(G2)を鮮やかな突き抜けで勝利した本馬。
有馬記念(G1)では勢いに乗れず11着に敗れ、明けて2016年
初戦の日経賞(G2)でも4着に終わり重賞連覇とはならなかった。
しかし今回は、本領発揮の舞台といえる長距離に戻ることから
好走が期待される一頭である。
本馬は本レースでの注目血統、トニービンの血を持っており
勝ち切るだけの武器と底知れなさが魅力的だ。
本馬は【ステイヤー新星3本の矢】と言われており、その中でも
パフォーマンスから見て、一番信頼度が高いとの声もある。
素材としての魅力はGIで通用するものであり、馬場が渋った時
には面白い存在となるであろう。

 

6枠 11番 タンタアレグリア

本レース過去5年のデータによると、前走G2以上で3着以内の
馬が好走しており、前走阪神大賞典組で2着と好走した本馬に
注目している。
また3走前の菊花賞(G1)では勝ち馬(キタサンブラック)から
0.3秒差の4着と健闘しており、京都・芝コースへの適性は問題
ないと思われる。
この1年で心身ともに成長したようで、豊富なスタミナと長丁場
でもラストで使えるひと脚が魅力的な一頭だ。
鞍上はここまで7戦を共に戦ってきた蛯名騎手であり、今回の
舞台を得意とする鞍上である。
気性面で気まぐれなところもあるようだが、いつ好走しても
おかしくない能力の高さには期待できる一頭だ。

 

7枠 15番 サウンズオブアース

2015年に有馬記念(G1)で2着となり、前走の日経賞(G2)でも
2着とゴールドアクターに及ばずながら好走している本馬。
近走を見ても堅実に好走しており大崩れはなく、充実している
ことがうかがえる一頭である。
なかなか勝てず【シルバーコレクター】となっているが、逆に
いつも安定している馬という見方もある。
本馬の厩舎である藤岡厩舎はビッグアーサーで高松宮記念(G1)
をジュエラーで桜花賞(G1)を連勝し、目下絶好調の厩舎。
潜在能力の高さは明確なものであり、今回M・デムーロ騎手の
騎乗停止によってピンチヒッターとなった藤岡騎手の手腕にも
注目している1戦である。

 

1枠 2番 トゥインクル

2013年、2014年にフェノーメノ、2015年にもゴールドシップ
本レースで3連勝中のステイゴールド産駒であることから注目
している本馬。【ステイヤー新星3本の矢】と言われている。
ステイゴールド菊花賞(G1)8着、天皇賞(春・G1)2着などで
活躍しており、産駒は長距離での活躍馬も多い。
前走のダイヤモンドS(G3)では、雨天の稍重の馬場で4馬身差の
圧勝劇を演じた。
道悪が上手な馬だけに、良馬場になった時にどこまでやれるかが
カギになりそうだ。
本馬の武器はスタミナ&持続力であり、今回の展開がスタミナ勝負
の消耗戦になった時には面白い存在になりそうだ。

 

3枠 5番 フェイムゲーム

2015年の本レースで惜しくも2着となった本馬。2014年にも11番
人気→6着と健闘しており、適正に問題はなさそうだ。
本馬の父もハーツクライであり、この産駒には距離が長いほどに
頭角を現す馬が多いのが特徴である。
また本レースとの相性も良く、ウインバリアシオン、カレンミロ
ティックなど、産駒が毎年のように馬券に絡んでくることから
注目している一頭である。
本レースには今年で3度めの参戦となるが、ゴールドシップ
フェノーメノなど、長距離G1で常に上位を賑わせていた馬達が
揃って引退した今、実績ではナンバーワンの存在と言えるだろう。
今年で6歳となる本馬だが、2015年には2500M以上の中長距離重賞
のみで連対しており、経験値を活かした走りに期待している。