読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

チューリップ賞(GⅢ) 2016 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅢ 阪神競馬場

チューリップ賞(GⅢ)枠順発表 阪神競馬場 芝1600m 2016年3月5日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 フォールインラブ 3 54.0kg 松山弘平
2 デンコウアンジュ 3 54.0kg 川田将雅
2 3 ヴィブロス 3 54.0kg 内田博幸
4 アドマイヤリード 3 54.0kg 菱田裕二
3 5 クィーンズベスト 3 54.0kg F・ヴェロン
6 サクレディーヴァ 3 54.0kg 秋山真一郎
4 7 ラベンダーヴァレイ 3 54.0kg 戸崎圭太
8 エルビッシュ 3 54.0kg 福永祐一
5 9 ジュエラー 3 54.0kg M・デムーロ
10 ブランボヌール 3 54.0kg 岩田康誠
6 11 シンハライト 3 54.0kg 池添謙一
12 ウインファビラス 3 54.0kg 松岡正海
7 13 カイザーバル 3 54.0kg 四位洋文
14 クリノラホール 3 54.0kg 小牧太
8 15 クロコスミア 3 54.0kg 勝浦正樹
16 レッドアヴァンセ 3 54.0kg 武豊

 

チューリップ賞(GⅢ) 2016予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ジュエラー 2.4
2 レッドアヴァンセ 4.1
3 シンハライト 4.5
4 ウインファビラス 7.8
5 ブランボヌール 10.6
6 デンコウアンジュ 17.0
7 エルビッシュ 21.2
8 ヴィブロス 21.8
9 アドマイヤリード 44.3
10 カイザーバル 49.6
11 クロコスミア 57.3
12 ラベンダーヴァレイ 63.0
13 クィーンズベスト 75.5
14 フォールインラブ 163.0
15 クリノラホール 515.5
16 サクレディーヴァ 994.3

 

チューリップ賞(GⅢ) 2016 注目馬・穴馬

 

 6枠 12番 ウインファビラス

本レースでは、過去7年連続で関東馬桜花賞の優先出走権(3着以内)を
獲得しており昨年は、本馬と同じステイゴールド産駒のココロノアイが
勝利していることから注目の一頭となった。
3走前の新潟2歳S(G3)、前走の阪神ジュベナイルF(G1)でともに2着と
強敵相手にハイレベルな走りを見せてきた本馬。
今回の舞台は前走で経験しており、2歳女王メジャーエンブレムを相手に
10番人気→2着と、高い実力を証明した。
長くいい脚を使えるタイプであり、しぶとさが活かせる展開になれば
上位争いが期待できるだろう。

 

4枠 8番 エルビッシュ

目下2連勝中の本馬は、ここまで5戦2勝、2着2回、3着1回と安定した
実績を残しておりレースを使いつつ地力を強化してきた。
未勝利を脱出するのに4戦を要したが、前走の白梅賞(500万下)で
ヒルノマゼランをゴール前で競り落とし、見事に連勝を果たした。
そのヒルノマゼランが次走のこぶし賞で快勝したことは、本馬の評価を
高くするものだった。
初の重賞舞台となるが、鞍上は阪神・芝1600m&牝馬を得意とする
福永騎手を予定。堅実なしまいの脚を活かした本馬の走りに注目したい。

 

8枠 16番 レッドアヴァンセ

ディープインパクト譲りの瞬発力を武器に、3歳未勝利→エルフィンS(OP)を
連勝して軌道に乗ってきた本馬。
近2走を続けて上がり最速をマークしており、鋭い末脚が魅力の一頭である。
京阪杯(G3)を制したサトノルパン(父ディープインパクト)を含む兄4頭が
重賞馬であり、母は名繁殖牝馬エリモピクシーという血統背景にも注目だ。
今回はゲート確認のための参戦らしいが、ここまで4戦2勝、2着2回という
堅実な走りは強みである。良血の血を引く本馬が課題をクリアし好走をする
姿に注目したい。

 

2枠 3番 ヴィブロス

コンパクトな馬体に反してダイナミックなフットワークで走る本馬。
重賞で活躍した牝馬ヴィルシーナの全妹である。
そのヴィルシーナがかつてコンビを組み、2013年&2014年の
ヴィクトリアマイル(G1)を連覇したのが今回の鞍上の内田騎手である。
3歳戦で、まだ脚質も定まってはいないが今回の人気馬達を見ると
末脚勝負の馬達が多く、前で競馬が出来る馬は本馬になると予想される。
パワーが要求される今回の舞台であるが、血統から見てもレースセンスは
高いと思われ注目している一頭だ。

 

7枠 13番 カイザーバル

前走のこぶし賞(500万下)は7着に終わったが、雨で渋った重馬場の上に
展開も追い込み決着だったことが、本馬には不向きであったと思われる。
キレ味はないがパワーがある本馬には今回の舞台、阪神競馬場は合って
いると思われ、阪神マイルはデビュー戦で圧勝した舞台であることから
注目の一頭となった。
気性を考慮しながら調教をしていたこともあり、前走では中身が出来て
いなかったと思われ、叩かれた本馬の成長ぶりにも注目だ。
母は桜花賞ダンスインザムードであり、本馬が母と同じ舞台で活躍する
姿に期待したい。