読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

富士S(GⅢ) 2015 枠順発表 予想オッズ

富士S(GⅢ) 東京競馬場 芝1600m 2015 10月24日

の枠順が発表されました。

f:id:gambledaisuki:20151023111059p:plain

 

富士S 予想オッズ

f:id:gambledaisuki:20151023111203p:plain

 

G1馬が5頭出走する豪華なG3

マイルから中距離までのG1ホースが5頭も出走しています。

2枠 3番 ダノンプラチナ

2枠 4番 マイネルホウオウ

3枠 6番 クラリティスカイ

5枠 9番 カレンブラックヒル

7枠 14番 ロゴタイプ

とは言え、G1ホースが必ずしも人気を集めている訳ではないようです。

G1馬なのに10番人気以下の予想の馬もいます。

 

それでは注目馬を挙げていきたいと思います。

 

 

5枠 10番 アルマワイオリ

人気はあまりないが気になった本馬。
注目したい点は、本レースの過去のデータに該当している
「過去に京都・芝コースで行われたオープンクラスのレースで4着以内に入った経験がある馬」
ということから期待の一頭となった。
本馬は2014年もみじS(OP)で優勝、同年デイリー杯2歳S(G2)で4着と好走している。
前走のNHKマイルC(G1)では9着に敗れたが、

本レースと同じ芝.1600mでの成績はここまで、

5戦で2着2回、3着1回、4着1回と悪くない走りを見せている。
前走は折り合いに気を遣いすぎて進路確保ができなかったと見え、

本レースでの巻き返しに期待したい。

 

8枠 16 番 フルーキー

本馬の注目すべき点は、ここまで全15戦のうち掲示板を外したのが1回だけという勝負強さ。
特に前々走のエプソムC(G3)の4着は馬券には絡めなかったが、素晴らしいレースだった。
エイシンヒカリ、サトノアラジン、ディサイファという強敵相手のレースで、

5着以下とは明らかに差をつけての4着だった。
本レースには休み明けで臨む有力馬が多い中、順調にレースを使われている本馬が抜群の安定感を武器に重賞初制覇を成し遂げられるか?。

 


3枠 5番 ヤングマンパワー

ここまで7戦全てを芝.1600mで使われている本馬。掲示板を外したのは2戦だけとあって距離適性は充分と言えるだろう。
レースを重ねるごとに成長し力を付けている印象があり、

前走の京成杯オータムH(G3)で3着、前々走の関屋記念(G3)では

他世代の馬と初めての対戦で、3着に好走した。
京成杯オータムHのWIN5が4億円近い配当になったことに絡んだ本馬が、

本レースではどのような形で絡んでくるのか?。楽しみである。

 


4枠 8番 ヤマカツエース

ポテンシャル戦に強いと言われる本馬。3歳世代からGI馬2頭が参戦する本レースでも
引け劣らない存在である。
前走の札幌記念(G2)では、GI馬2頭を筆頭に強敵が揃った中で10番人気→4着と善戦。
勝ち馬から僅か、0秒1差だったことからも侮れないであろう。
今回、芝1600mに距離が短縮される点は本馬にとってプラス材料だと思われ、

強豪相手の本レースでどのような競馬を見せてくれるのか楽しみな存在である。

 


8枠 15番 グランシルク

前走の京成杯オータムH(G3)で4着だった本馬だが、勝ち馬とタイム差なしという結果は
能力の高さを示したと言えるだろう。
本馬もここまで7戦で、2勝、2着2回、3着1回を挙げ、掲示板を外したことがなく
世代上位の実力を持っていると思われ注目の一頭となった。
NHKマイルC(G1)では、ペースアップに対応できず

前との距離を詰めることができずに5着に終わったと見られるが、

人気は1番に支持されていた素質馬が本レースでどんな走りを見せてくれるのか楽しみだ。

 

富士Sは荒れると予想

例年のレースを見てもかなり荒れたレースが多い。

特に3連単は過去10年で10万馬券が7度、100万円馬券も2度も出ている。

5番ヤングマンパワー

8番ヤマカツエース

10番アルマワイオリ

14番ロゴタイプ

の4頭で3連単BOX24点で勝負してみたいと思います。