読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

秋華賞(GⅠ) 2015 枠順発表 予想オッズ

秋華賞(GⅠ) 京都競馬場 芝2000m 2015 10月18日

の枠順が発表されました。

f:id:gambledaisuki:20151016132233p:plain

 

秋華賞(GⅠ) 予想オッズ

f:id:gambledaisuki:20151016132421p:plain

 

 

人気馬が中央と大外に

オークス馬のミッキークイーンが大外枠の8枠18番に入りました。

後ろから競馬をする馬なので、悪い枠ではありません。

また桜花賞馬のレッツゴードンキとローズSを勝ったタッチングスピーチは

中央の10番11番となりました。

トーセンビクトリーは4枠7番。

大体人気を集めるのは上記4頭でしょうか?

 

それでは注目馬を挙げていきたいと思います。

 

 

1枠 1番 ココロノアイ

これまで、重賞2勝をマークしている本馬。前走のオークス(G1)での7着は
その後に判明した、右前脚の骨折が原因だと思われる。
回復は順調で約5か月ぶりの実戦になるが、気性的に休み明けでも力を発揮できる
タイプのようなので好走を期待したい。
今回の舞台、京都・芝コースはコーナーが4つあり折り合いもつきやすく、直線が
短いため本馬向きとの声もあり、重賞2勝馬の底力が発揮されるかも知れない。

 

 

2枠 4番 ディアマイダーリン

完全に大穴候補です。

秋から冬に活躍する産駒を出す・・・と言われている、ハーツクライを父に持つ本馬。
本年度春は、前走のフローラステークス(G2)で2着、前々走のフラワーカップ(G3)で
3着となったことから注目の一頭となった。

ローズステークスを使って本レースに向かう予定だったが、

爪をぶつけるアクシデントに見舞われ今回のローテを余儀なくされた。
しかし前走に続き鞍上は、全国リーディング首位を走る福永騎手。
繊細な気性を操る技術にも定評のある鞍上は、本馬にとっても心強い材料になるだろう。

 

4枠 7番 トーセンビクトリー

GI初挑戦となる本馬は、父がキングカメハメハ、母が2001年のエリザベス女王杯優勝馬。
トゥザヴィクトリーという良血馬。本馬はコースやペースを問わず能力を発揮でき、
高い競馬センスを持つと言われている注目の一頭。
今回の舞台、京都・内回りの芝2000mは道中の位置取りなど、展開面が重要視され
鞍上の思惑がレースを左右すると思われる。
鞍上の武豊騎手との相性は折り紙つきなので、好影響。

 

5枠 9番 クイーンズリング

本馬はデビューから無傷の3連勝を挙げていることから、

世代上位の実力を持っていると思われ、やはり軽視できない存在である。
春の追込脚質から一転して臨んだ前走のローズステークス(G2)では、

積極的に好位に付ける戦法を選択したが、

やや速い流れと外枠からだったこともあってか5着に敗れた。
今回も先行策でいくのか?否か?流れ次第では、

無傷の3連勝を挙げたポテンシャルが見られるかも知れない。

 

6枠 11番 タッチングスピーチ

前走のローズステークス(G2)では、最後の直線で鮮やかに差し切って優勝。
春のG1馬ミッキークイーンをおさえての勝利は記憶に新しく、一気に主役級に
踊り出てきた注目の一頭と言えるだろう。
京都・芝の内回りコースの経験はここまで1戦だけだが、前々走を札幌・芝2000mの
距離で優勝し、小回りを克服できたようだ。
G1で人気になって不発にならないように、確かな成長を示して欲しい。

 

 

1番人気のミッキークイーンも買う

上記5頭の注目馬+1番人気予想のミッキークイーンの6頭3連複BOX

20点、各100円の馬券を購入します。