読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

京成杯AH(GⅢ) 2015 枠順発表 予想オッズ

京成杯AH(GⅢ) 中山競馬場 芝1600m 2015 9月13日

の枠順が発表されました。

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 アルマディヴァン 5 53.0kg 勝浦
2 タマモトップレイ 6 53.0kg 津村
2 3 スマートオリオン 5 57.5kg 内田博
4 ケイティープライド 5 53.0kg 三浦
3 5 ブレイズアトレイル 6 55.0kg 田中勝
6 グランシルク 3 54.0kg 福永
4 7 アルビアーノ 3 53.0kg 柴山
8 エキストラエンド 6 57.0kg 吉田隼
5 9 レッドアリオン 5 58.0kg 川須
10 ダローネガ 6 55.0kg ルメール
6 11 マイネルホウオウ 5 56.0kg 石橋修
12 フラアンジェリコ 7 53.0kg 田辺
7 13 ヤングマンパワー 3 54.0kg 松岡
14 コスモソーンパーク 7 56.0kg 柴田大
8 15 シャイニープリンス 5 56.0kg 蛯名
16 ショウナンアチーヴ 4 56.0kg 柴田善

 

予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1 アルビアーノ 3.9
2 レッドアリオン 4.1
3 グランシルク 5.1
4 ダローネガ 6.4
5 スマートオリオン 8.9
6 ヤングマンパワー 9.6
7 エキストラエンド 16.8
8 アルマディヴァン 19.3
9 シャイニープリンス 20.9
10 ブレイズアトレイル 27.4
11 コスモソーンパーク 36.3
12 ショウナンアチーヴ 40.5
13 ケイティープライド 69
14 マイネルホウオウ 75.5
15 フラアンジェリコ 121.6
16 タマモトッププレイ 354.3

 

夏競馬が終わって秋競馬に入りましたね。

人気になりそうな馬がそこそこ真ん中に集まったかなーという印象です。

このレース過去のデータを見ると馬番で8番より内が圧倒的に強いですね。

では注目馬を何頭か挙げていきます。

 

1枠 1番 アルマディヴァン

前々走の7/26の中京記念で2着、前走の8/16の関屋記念で4着と
今年の『サマーマイルシリーズ』で健闘をしている1頭。
関屋記念では、最後の直線での混戦を末脚を伸ばして4着まで追い上げた。
ハンデも最軽量の53.0kgということもあって注目。
さらに内枠が強いこのレースで最内枠に入ったことも好材料

 

2枠 3番 スマートオリオン

新境地を開拓中の本馬は3走前の6/28のオープン特別・パラダイスステークス、
前々走の7/26の中京記念と連勝を決めており、芝・スプリントでの活躍の場から
距離延長での活躍を見せている!
ここまでの中山・芝コースでの成績は、3勝2着4回と好走。
この舞台での好成績に、期待したい。

 

2枠 4番 ケイティープライド

重賞どころかオープンも初挑戦の馬。
しかし、5番手以内につけて前に抜け出る競馬は安定している。
それを物語るのが複勝率。複勝率は62%
掲示板には85%の確率で乗っている安定感がある。
2枠4番という枠を考えるとすんなり前につけられそうなので注目したい。
加えて53.0kgも狙い目と判断。

 

3枠 6番 グランシルク

デビュー戦から前々走までの5戦で2勝、2着2回、3着2回と好成績を残している本馬。
前走の1戦も、掲示板入りを果たしている。
前々走の4/11のニュージーランドT(G2)では、スタートで大きく出遅れ
最後方からの追走となったが、爆発力のある末脚を活かして直線で追い込み2着となった。
そのスピードと切れ味に期待。
ただし、ゲートが心配な点は否めない。

 

4枠 7番 アルビアーノ

今年のデビューから無傷の3連勝を飾っているこの牝馬は、やはり気になる存在。
前走の6/10の関東オークスでは4着に敗れたが、初めてのダート戦に加え距離も
2100mと長かったため本領発揮とはいかなかったと思われる。
しかし、前々走の5/10のNHKマイルカップ(GⅠ)では2着と好調な走りを見た。
ここまで5戦のうち2勝を挙げている、今回の中山・芝のコースでの巻き返しに期待。

 

5枠 9番 レッドアリオン

ここまでの全7勝中、6勝を今回のレースと同じ芝1600mで挙げており
距離適性が伺える。うち、中山競馬場と同じ右回りで4勝という内容からも
この舞台とは好相性といえるだろう。
今年に入ってからは、重賞2勝を飾っており好結果が期待できる一頭と
いえるだろう。
前走の8/16に行われた関屋記念では、スタートからトップを維持し追走馬から
逃げ切る形で快勝した。
今回の騎乗も、過去の騎乗で本馬を4勝へと導いた川須騎手。

 

7枠 13番 ヤングマンパワー

前走の8/16の関屋記念では、初めての他世代の馬との対戦となったが3着の好走を
見せてくれた。好位からレースを進める正攻法の競馬で、優勝のレッドアリオンから0.2秒差の3着となった。
本馬はデビューからの6戦で2勝、3着2回と成長が期待できる3歳馬。
今回の中山・芝1600mでは、2歳新馬で優勝、ジュニアカップで3着と実績を残している。
その時の騎乗も今回と同じ松岡騎手、好相性の騎手の騎乗で成長を感じさせる走りに期待。

 

 

注目馬が多くなってしまいました。

しかし、思い切って9番より外は捨ててしまおうと思います。

当然人気を集めるであろうレッドアリオンも切ります。

 

今週は少し馬券の買い方を変えてみようと思います。

人気を集めないであろう馬を2頭軸にして、総流しで3連複を買って見たいと思います。

 

3連複

1・4から総流しの14点✖100円で勝負してみます。