読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

天皇賞・春(GⅠ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

 

天皇賞・春(GⅠ)枠順発表 京都競馬場  芝3200m 2017年4月30日

 

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 シャケトラ 4 58.0kg 田辺裕信
2 ラブラドライト 8 セン 58.0kg 酒井 学
2 3 キタサンブラック 5 58.0kg 武 豊
4 スピリッツミノル 5 58.0kg 幸 英明
3 5 ファタモルガーナ 9 セン 58.0kg 浜中俊
6 シュヴァルグラン 5 58.0kg 福永祐一
4 7 アルバート 6 58.0kg 川田将雅
8 タマモベストプレイ 7 58.0kg 吉田隼人
5 9 ディーマジェスティ 4 58.0kg 蛯名正義
10 アドマイヤデウス 6 58.0kg 岩田康誠
6 11 プロレタリアト 6 56.0kg 杉原誠人
12 ゴールドアクター 6 58.0kg 横山典弘
7 13 トーセンバジル 5 58.0kg 四位洋文
14 ワンアンドオンリー 6 58.0kg 和田竜二
8 15 サトノダイヤモンド 4 58.0kg C・ルメール
8 16 レインボーライン 4 58.0kg M・デムーロ
8 17 ヤマカツライデン 5 58.0kg 松山弘平

 

 

天皇賞・春(GⅠ) 2017年予想オッズ

 

 

1 キタサンブラック 2.1
2 サトノダイヤモンド 2.6
3 シュヴァルグラン 7.8
4 シャケトラ 8.0
5 レインボーライン 17.6
6 ゴールドアクター 19.3
7 アルバート 20.0
8 ディーマジェスティ 37.1
9 トーセンバジル 58.1
10 アドマイヤデウス 76.6
11 タマモベストプレイ 180.5
12 ラブラドライト 203.5
13 スピリッツミノル 236.5
14 ワンアンドオンリー 254.5
15 ヤマカツライデン 259.8
16 ファタモルガーナ 274.7
17 プロレタリアト 1415.9

 

 

天皇賞・春(GⅠ) 2017年 注目馬・穴馬

  

4枠 8番 タマモベストプレイ

 前走の阪神大賞典(G2)では差し馬向きの流れとなり、先行勢が崩れる
中で、2番手から競馬した本馬は4着と粘っておりスタミナがあることを
証明している。
また本レースと相性の良い【前走阪神大賞典組】であり、現在3年連続
で二桁人気の馬が馬券に絡んでいることに注目。
現在11番人気の本馬は該当しており、過去10年で7頭も馬券に絡んでいる
二桁人気の1頭である。
本馬は自分の力の分だけ走れるタイプのようで、長丁場での粘り込みは
侮れない存在であり、長距離戦では力量プラス展開にも恵まれて好走
できる確率も上がる。
さらに今回、ゴールドアクターを下ろされた吉田騎手は本馬に乗り替わ
るが、2戦でコンビを組んで【0.1.0.1】と掲示板を外していないので
相性は問題なく、気楽な立場となり波乱を巻き起こせる可能性もある。
ここは鞍上吉田騎手の意地の積極策に期待したく、ロスなく進められた
時の粘り込みに要注意の存在だ。

 

 8枠16番 レインボーライン

2016年の秋からの成長が著しく、菊花賞(G1)で2着となるなど非常に
高い能力を感じる4歳馬。戦績を見ても幅広い距離に対応できており
万能な印象だ。
またステイゴールド産駒ということで、血統的にも本レースは合って
いることに注目。2013年と2014年に同産駒のフェノーメノ→2015年も
同産駒のゴールドシップが本レースを制している。
前走の日経賞(G2)は休み明けで、馬体重+10kgが示す通りやや太目
残りであったが、それでも最後はしっかり伸びてゴールドアクター
先着して4着という結果であった。
しかし明らかにここが目標であり、叩いて良化されていれば面白い
存在となると予想。
菊花賞(G1)で2着となった時も叩き2走目であったことから、ここは
状態をあげてくるはずだ。
また鞍上は引き続きM・デムーロ騎手だが、G1戦でしっかり仕事をする
鞍上だけに嵌った時には怖い1頭だ。

 

4枠 7番 アルバート

 ここまで3000M以上の重賞で4戦3勝と、最近では珍しいステイヤー
タイプの本馬。しかも負けたのは2016年の本レース6着のみである。
その2016年の本レースでは出遅れてしまい、追い出した頃には時すで
に遅しであったが、それでも勝ち馬とは0.5秒差まで詰めており見せ
場は作っている。
その後は中山3600MのステイヤーズS(G2)1着や、前走は東京3400Mの
ダイヤモンドS(G3)で1着と、距離適性やスタミナは問題ないことを
証明しており、力をつけてきた今回は面白い1頭と言えるだろう。
いい脚が長く使えスタミナには自信を持っている馬なので、持ち味を
フルに発揮することができれば、昨年以上の結果も期待できそうだ。
また今回は強力な2頭の存在はいるが、その他のメンバーとは互角に
やり合える印象であり、馬券圏内なら十分に狙える力を持っていると
予想している。

 

3枠 6番 シュヴァルグラン

 本馬はハーツクライ産駒であるが、本レース過去5年で【0.3.3.7】と
勝ち馬こそいないものの、好走率は高い産駒である。
ハーツクライ産駒は晩成傾向にあることから、本馬自身も成長を遂げ
ている印象であり、2016年の本レース3着馬なので適性や条件は問題
なく、スタミナや持続力はもちろん、高い能力を持っていることから
注目している1頭だ。
また今回の2強馬、キタサンブラックサトノダイヤモンドとは複数
回対戦しており勝負付けが済んだ感もあるが、今回は展開の紛れが
あって、2着3着までなら絡めそうだと予想。
【前走阪神大賞典組】は好相性のローテーションであり、2016年と
同じローテーションで臨んで来ていることは好印象。
しかし2016年は使い詰めであったが、2017年は前走までしっかり休養
して挑んできており、スムーズな競馬が出来ればチャンスだろう。

 

1枠 1番 シャケトラ

 今回の最大の惑星となりそうな本馬。デビューが遅かったため、クラ
シック戦線には乗れなかったが、2017年日経新春杯(G2)2着→日経賞
(G2)1着と順調に勝ち星を重ねて、G1戦での有力馬へと上り詰めてきた
ことから注目している1頭だ。
またデビューから6戦【4.1.1.0】と馬券圏内を外していない安定感は
魅力的であり、まだ底を見せていない印象だ。
初の関東遠征となった前走の日経賞(G2)ではパドックでもゆったりと
周回できていたようで、非常に優れた精神面を持つ4歳馬。
その前走では斤量2Kg増に、すんなりと対応して4番人気→1着とG1馬達
を相手に勝利しており、ポテンシャルは相当に高いと予想。
また外から捲って、長く良い脚を使えたことからも好走の幅は広いと
考えられ、ここでも侮れない存在となった。

 

2枠 3番 キタサンブラック

 何事にも動じない精神力の強さを武器に現役最強馬となった本馬。
ここまで京都実績【3.0.0.0】また3200Mの距離実績【1.0.0.0】
2016年の本レース覇者であり、前走の大阪杯(G1)も横綱相撲で
勝利した言わずと知れた、2016年JRA年度代表馬である。
その大阪杯(G1)の時にパドックで見せた気配は、まだ完調では
なかったようだがそれでも3番手から抜け出すと、着差以上の
強さを見せて完勝。流石だと思わせる内容であった。
しかも大阪杯(G1)勝利後に、今年度で引退することを撤回して
おり、ここでも恥ずかしい競馬は出来ないだろう。
今回の最大のライバル、サトノダイヤモンド有馬記念(G1)の
リベンジを果たす舞台となるが、今回も強運ぶりを発揮し内枠
となったことで更に死角が見つからなくなった。
人気するのは濃厚だがそれでも気になる1頭であり、唯一【春3冠】
に挑める存在だけに注目している。