読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

アンタレスS(GⅢ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

アンタレスS(GⅢ)枠順発表 阪神競馬場  ダート1800m 2017年4月15日

 

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 マイネルバイカ 8 56.0kg 松山弘平
2 ショウナンアポロン 7 56.0kg 藤岡祐介
2 3 ミツバ 5 56.0kg 横山典弘
4 ロンドンタウン 4 57.0kg 川田将雅
3 5 ロワジャルダン 6 56.0kg 浜中俊
6 グレンツェント 4 58.0kg C・ルメール
4 7 モンドクラッセ 6 56.0kg 岩田康誠
8 メイショウスミトモ 6 56.0kg 古川吉洋
5 9 マイネルクロップ 7 56.0kg 松若風馬
10 モルトベーネ 5 56.0kg M・デムーロ
6 11 リーゼントロック 6 56.0kg 中谷雄太
12 タガノエスプレッソ 5 56.0kg 北村友一
7 13 アスカノロマン 6 57.0kg 和田竜二
14 ピットボス 4 56.0kg 藤岡康太
8 15 タムロミラクル 5 56.0kg 福永祐一
16 ナムラアラシ 4 56.0kg 幸 英明

 

アンタレスS(GⅢ) 2017年予想オッズ

 

 

1 グレンツェント 1.8
2 ミツバ 4.8
3 アスカノロマン 6.6
4 モンドクラッセ 8.7
5 モルトベーネ 10.7
6 ロンドンタウン 12
7 ロワジャルダン 15.8
8 タムロミラクル 37.8
9 ナムラアラシ 41.5
10 タガノエスプレッソ 92.4
11 リーゼントロック 106.8
12 メイショウスミトモ 126.2
13 ピットボス 164.5
14 ショウナンアポロン 187.4
15 マイネルクロップ 243.8
16 マイネルバイカ 388.9

 

アンタレスS(GⅢ) 2017年 注目馬・穴馬

 

  2枠 3番 ミツバ

  

ここまで阪神コースで11戦を使われ【4.3.2.2】今回のメンバー
最多の4勝をマーク。着外の2回も4着であり、崩れることなく
安定した戦績を残している本馬。
また今回と同じ舞台でも3勝をマークするなど、コース適性の
高さを感じることから注目している1頭だ。
ここまで重賞勝ちこそないものの、前々走のブラジルC(OP)で
は逃げての勝利→前走のベテルギウスS(OP)では、差して勝利
するなど、今までは追い込み勝負のイメージであったが脚質に
自在性がついた印象だ。
前々走で先行策から勝利できた経験は大きな収穫であり、先行
馬が好走傾向にある本レースでは注意したいところだ。
先行馬の勝率15.6%.連対率28.1%.複勝率37.5%で【1~2番手
の馬】は毎年馬券になっている1戦。
また前走の川崎記念(指定交流・G1)では4着であったが、交流
重賞ということもあり、あまり参考にはならず度外視したい。
しかし本レース過去5年で【前走地方交流重賞】を使った馬が
5頭馬券に絡んでおり、注意しておきたいローテーション。
今回は逃げるのか差すのか、変幻自在の実力に注目している。

 

4枠 7番 モンドクラッセ

 

2016年は重賞挑戦が続いたが、ワンパンチ足りないのか案外の
結果であった本馬。
しかし近走の重賞では馬券にこそなっていないが、厳しい流れ
を逃げる中、レースでは見せ場を作っているので力をつけてき
た印象はある1頭だ。
近6走は全てハナを主張する競馬をしており【1~2番手の馬】が
毎年馬券になっている本レースだけに、先行力のある馬は人気
薄でも注意したい1戦。
また他の有力馬のマークが、1番人気濃厚なグレンツェントに向
けば、本馬の逃走劇があってもおかしくないと予想。
さらに好走傾向の【前走OP特別1着馬】に前走の総武S(OP)1着で
該当。くわえて活躍傾向の【大型馬】(前走時530kg)で、特に
520~539Kgの馬は複勝率26.5%という数字である。
ここにきての勢いや脚質を考えると、馬券には入れておきたい
存在であり展開次第では一発ありそうな予感だ

 

1枠 2番 ショウナンアポロン

 

本馬は逃げ脚質であるため、勝つか負けるか?というタイプ
であるが【1~2番手の馬】に注意したい1戦であり、実力は
侮れないことから注目している1頭。
最近の成績が芳しくないので、今回も人気薄が濃厚であるが
2016年はマーチS(G3)を鮮やかに逃げ切り勝ち、同年のマリ
ーンS(OP)も番手から快勝している。
また前走マーチS(G3)は出遅れての13着の惨敗、前々走アルデ
バランS(OP)はトップハンデで7着と敗因もはっきりしている。
しかも3走前の東海S(G2)は逃げて4着であったが、勝ち馬の
グレンツェントとは0.2秒差の僅差であり、本馬の方が斤量が
1kg重かったうえでの結果だ。
今回は逆にグレンツェントより2kg軽くなり、展開次第では
1発あるかも知れないと予想。
人気皆無の今回は狙ってみても面白い1頭であり、前走出遅れ
の消化不良を解消してほしい1戦だ。

 

2枠 4番 ロンドンタウン

 

ダート路線では若さが目立つ【4歳馬】の本馬。4歳馬は本レー
スで複勝率29.3%という数字であり、鞍上が川田騎手とのコンビ
だと【3.1.0.0】と連対パーフェクトなことから注目している
1頭である。
前々走の佐賀記念(G3)で重賞初制覇となり、カネヒキリ産駒
初の嬉しい重賞制覇を達成している。
これまでは差しの競馬が多かったが、近2戦では先行策からも
結果が残せることを証明しており、1戦1戦重ねる毎に力をつ
けてきた印象である。
また前走のマーチS(G3)でも、厳しい流れの中で斤量57kgを
背負ってアスカノロマンに先着。勝ち馬から0.3秒差の4着は
評価できる内容であり、一定の目途を立てることができた。
さらに本レースで活躍する傾向の【大型馬】(前走時514Kg)
であることにも注目。
今の充実度でどこまで戦えるか楽しみであり、上がり馬の
勢いに警戒したい1戦である。

 

8枠 16番 ナムラアラシ

 

今回が重賞初挑戦となるが、自己条件でしっかり力を積んで
臨んできており、馬場不問なのが魅力的なことから注目して
いる1頭である。
戦績を見てみると、阪神ダートで3勝をマーク。そのうち2勝
を今回と同じ1800Mで挙げており得意と言えそうだ。
また近4走は幸騎手が手綱をとっているが、幸騎手に乗り替わ
ってから【2.0.1.1】と1度も掲示板を外していない安定感。
さらに本レースで複勝率29.3%の【4歳馬】であり、複勝
26.5%の【大型馬】であることにも注目。
またエンパイアメーカー産駒ということで、アメリカらしい
血統を持っていることからダート適性の高さも伺える。
エンパイアメーカー産駒が最も充実してくるのは、3歳の後半
辺りからということで、今月で4歳になる本馬は充実期に入って
いると言えるだろう。
今回いきなりの重賞挑戦で、少々ハードルが高いかも知れない
が、ここにきて集中して走れるようになってきたようであり
陣営がここを選択したのは、それだけの勝機があってのこと
だと予想している。