読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

ダービー卿CT(GⅢ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

ダービー卿CT(GⅢ)枠順発表 中山競馬場  芝1600m 2017年4月1日

 

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 シェルビー 8 54.0kg 田辺裕信
2 クラリティシチー 6 55.0kg 松岡正海
2 3 ロジチャリス 5 56.0kg 内田博幸
4 ショウナンアデラ 5 53.0kg 蛯名正義
3 5 キャンベルジュニア 5 55.0kg A・シュタルケ
6 コスモソーンパーク 9 54.0kg 丹内 祐次
4 7 ガリバルディ 6 57.0kg 池添謙一
8 グランシルク 5 55.0kg 戸崎圭太
5 9 シベリアンスパーブ 8 54.0kg 田中勝春
10 ダイワリベラル 6 56.0kg 北村宏司
6 11 マイネルアウラート 6 57.0kg 柴田大知
12 ロイカバード 4 55.0kg 横山典弘
7 13 ショウナンバッハ 6 54.0kg 柴山雄一
14 サンライズメジャー 8 56.5kg 柴田善臣
8 15 ダンツプリウス 4 56.0kg 丸山元気
16 クラレント 8 57.5kg 岩田康誠

 

ダービー卿CT(GⅢ) 2017年予想オッズ

 

1 キャンベルジュニア 3.4
2 グランシルク 3.5
3 マイネルアウラート 5.1
4 ロイカバード 6.3
5 ガリバルディ 7.4
6 ロジチャリス 12.8
7 ダイワリベラル 17.2
8 ダンツプリウス 21.4
9 クラレント 35.9
10 ショウナンアデラ 43.6
11 クラリティシチー 57.3
12 サンライズメジャー 65.1
13 シベリアンスパーブ 154.1
14 コスモソーンパーク 203.6
15 ショウナンバッハ 228.6
16 シェルビー 265.8

 

ダービー卿CT(GⅢ) 2017年 注目馬・穴馬

 

3枠 5番 キャンベルジュニア

2016年の本レースで1番人気に支持されるなど、キャリア10戦のうち
7戦で1番人気になるほど期待されていた本馬。
2016年の本レースは逃げる形となったが、重賞レースの壁に跳ね返
され、結果は8着に終わっている。
その後7月に復帰し自己条件に降級後は、本来の先行脚質で1600万下
を勝ち上がり、再びこの舞台に帰ってきた。
今回は前走の幕張S(OP)で押し切り完勝した舞台であり、同じ舞台
で結果を残しているのは好材料
その前走は休み明けを叩かれての1戦であり、本レースを狙っての
ローテーションだと思われるが、ここは叩き2戦目で状態面も問題
なく、マイル戦がベストで中山巧者なので注目している1頭だ。
さらに今回は斤量55Kgで陣営も勝ち切りたい1戦であり、2016年の
リベンジを果たす姿に期待している。

 

6枠 12番 ロイカバード

2016年はきさらぎ賞(G3)でサトノダイヤモンドと好勝負をしてきた
本馬だが、クラシック戦線に上手く乗ることが出来ずに自己条件で
キャリアを積んできた1頭。
そのきさらぎ賞(G3)で3着→京都新聞杯(G2)でも3着の実績があり
能力は高い馬と言えるだろう。
実績そのものは、まだまだ乏しい印象だがマイル適正は非常に高く
1600M実績【2.0.0.2】と得意な距離。
また気性面に少し難はあるが、古馬になり精神的な成長があること
に期待したく、かつてはサトノダイヤモンドと「5億円対決」などと
騒がれていた良血馬だけに、いつ化けても不思議ではないだろう。
さらに今回、脚質的に同様の人気馬グレーターロンドンが回避して
おり、キレ味勝負になった時には怖い存在となりそうだ。

 

5枠 10番 ダイワリベラル

2016年の本レースでは7番人気→4着と健闘した本馬。その後の重賞
では差す競馬が多く、思うような結果を残せずにいたが前走の東風S
(OP)では、思い切った逃げに出て2着を確保している。
その東風S(OP)では先行馬が総崩れする流れの中、2着に残った事は
評価できる内容であり、斤量57Kgを考えれば上出来であろう。
また本馬の戦績を見ると前に行った時に好走しており、今回は中山
1600M戦らしく前が有利な1戦だけに注意したい1頭だ。
さらに【前走東風ステークス組】が過去10年の本レース3着以内馬の
30頭中10頭を占めており好相性であることにも注目。
ここまで中山・芝1600Mで2勝を挙げ、重賞では4着に2度入っている
舞台であり押さえておきたい1戦だ。

 

4枠 8番 グランシルク

今回と同じ舞台の前走ニューイヤーS(OP)で2着に好走している本馬。
過去10年の本レース3着以内馬の30頭中19頭が【前走で中山芝1600~
1800Mを使っていた馬】であり、ここまで中山コース実績も【2.3.2.2】
と得意な中山1600Mであることから注目している1頭。
しかも鞍上が戸崎騎手とのコンビで、中山1600Mを6戦し【2.3.1.0】と
全て馬券圏内という安定感である。
未だ重賞では力を出し切れておらず、重賞未勝利で足踏み状態の印象
ではあるが、大崩れがない安定感は魅力的であり中山適性を考えれば
有力だと予想される。
また前々走の阪神C(G2)では、G1級の馬を相手に0.3秒差と健闘しており
今回のメンバーなら能力上位と言えそうだ。
今回は好相性の舞台でのハンデ戦だけに、最後は必ず伸びてくる脚を
武器に捨て身の走りに期待している。

 

6枠 11番 マイネルアウラート

先行策から直線で早めに先頭に立って押し切るスタイルでOP特別を
連勝し、前走の東京新聞杯(G3)が4着と今の勢いは侮れない本馬。
今回の出走予定馬に同じタイプは少ないように感じ、恵まれた展開
になりそうなことから注目している1頭だ。
その前走の東京新聞杯(G3)は、マイル戦とは思えないほどのスロー
ペースとなり上がりを問われる展開となった。
その時の上位3頭は強豪であり、切れる脚がない本馬にとって向いて
いない流れの中、4着を確保したことは十分に評価できる内容だ。
また2016年の暮れから2017年にかけて連勝しており、前走の重賞で
4着と今は充実期に入っている印象だ。
地力を問われる中山コースで先行力を活かし、今回のメンバーレベル
ならば上位を狙えそうな予感である。