読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

日経賞(GⅡ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

日経賞(GⅡ)枠順発表 中山競馬場  芝2500m 2017年3月25日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 フェルメッツァ 6 56.0kg 戸崎圭太
2 レコンダイト 7 56.0kg 石橋修
2 3 ヤマカツライデン 5 56.0kg 津村明秀
4 プランスペスカ 7 56.0kg 江田照男
3 5 ナスノセイカン 5 56.0kg 横山典弘
6 ディーマジェスティ 4 57.0kg 蛯名正義
4 7 マイネルサージュ 5 56.0kg 柴田大知
8 ジュンヴァルカン 4 55.0kg 内田博幸
5 9 レインボーライン 4 55.0kg M・デムーロ
10 アドマイヤデウス 6 56.0kg 岩田康誠
6 11 ミライヘノツバサ 4 55.0kg 藤岡康太
12 ゴールドアクター 6 57.0kg 吉田隼人
7 13 シャケトラ 4 55.0kg 田辺裕信
14 ツクバアズマオー 6 56.0kg 吉田豊
8 15 トーセンレーヴ 9 56.0kg 石川裕紀人
16 マイネルメダリスト 9 56.0kg 大野拓弥

 

日経賞(GⅡ) 2017年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ゴールドアクター 1.8
2 レインボーライン 4.8
3 シャケトラ 5.1
4 ディーマジェスティ 6.2
5 アドマイヤデウス 12.5
6 ツクバアズマオー 17.8
7 ミライヘノツバサ 22.6
8 ジュンヴァルカン 33.4
9 ナスノセイカン 85.6
10 ヤマカツライデン 147.9
11 フェルメッツァ 190
12 マイネルサージュ 262.3
13 トーセンレーヴ 304.6
14 レコンダイト 405.5
15 マイネルメダリスト 500.8
16 プランスペスカ 574.8

 

日経賞(GⅡ) 2017年 注目馬・穴馬

 

 6枠 12番 ゴールドアクター

2016年の有馬記念(G1)はサトノダイヤモンドキタサンブラック
に続く3着と、日本最強馬を相手に大健闘した本馬。
2016年はG1戦こそ未勝利に終わったが、G2戦では本レースとオール
カマーの2勝を挙げ、充実振りをアピール。
また中山コース実績は豊富で【4.1.1.1】と信頼度が高く、2500M戦
も【3.0.1.0】と大得意な距離であることから、人気になるのは承知
だが外せない1頭である。
さらに【前走G1の馬】が過去10年の本レース3着以内の30頭中17頭を
占めていることにも注目。
今回のメンバーなら、有馬記念で3着の実績は相当強いものであり
ライバル不在の中、そう簡単には負けられない1戦であろう。
また本レースはコース適性が重要であり、リピーターが走りやすい
1戦とも言われ、連覇を狙う本馬はやはり要注意の存在。
しかも休み明けは【5.0.0.0】と好成績であり、叩き2戦目よりむしろ
今回が狙い目ともいえ、有馬記念と同じ舞台での激走に期待だ。

 

5枠 10番 アドマイヤデウス

2015年の本レース勝ち馬であり、好走血統のアドマイヤドン産駒で
あることから注目している本馬。
2016年は京都記念(G2)3着→阪神大賞典(G2)3着→京都大賞典
(G2)2着とG1戦では力を発揮出来ないが、G2戦だと馬券に絡み
上位争いの出来る1頭である。
本馬も好走傾向の【前走有馬記念組】で、結果は11着であったが
本レース過去5年で15頭中10頭を占めた【前走がG1.G2の2400M以上
で使われた馬】である。
先述のように、今回の舞台はトリッキーでコース適性が重要となり
さらに前に行ける馬の方が有利である。
しかも本馬の斤量別の戦績を見ると、57Kg以上を背負った時の成績
【0.0.2.9】に対して、56Kg以下を背負った時の成績【5.2.2.0】と
好走ぶりが顕著に表れていることに注目。
今回は斤量56Kgで断然買い時であり、うまく先行できれば一発が
あっても不思議はないだろう。

 

6枠 11番 ミライヘノツバサ

本馬は中山コースの8戦で【4.1.2.1】と、唯一の大敗は2016年の
皐月賞(G1)のみという中山巧者である。
前々走の迎春S(1600万下)1着→前走のアメリカジョッキーC(G2)
でも3着と、中山の非根幹距離(2200M)で好走しており、コース
適性は侮ることができない1頭である。
この中山の非根幹距離で実績がある馬が、2016年の本レースで好走
しており、該当馬5頭中3頭が馬券に絡んでいることに注目。
また前走のアメリカジョッキーC(G2)3着は、好走傾向の【前走が
年明け後の重賞(6着以内)】に該当。
さらに本レース過去10年の3着以内馬、30頭中23頭が該当していた
【前走が芝2200~2500M戦】にも該当している。
小回りの中山コースで行われる本レースは、前に行ける馬の方が
有利と言われ、好走傾向の【4歳馬】勝率10.0%・連対率16.6%・
複勝率26.6%であることも興味深く、ここでの重賞タイトル獲得
に期待だ。

 

5枠 9番 レインボーライン

2016年の前半戦まではマイル路線を中心に使われ、少々地味な印象
であった本馬だが、同年夏の札幌記念(G2)で上がり最速をマーク
し、ネオリアリズム→モーリスに次ぐ3着に好走。
そして距離延長で挑んだ菊花賞(G1)では9番人気を覆し、サトノ
ダイヤモンドに次ぐ2着と大健闘。
前走のジャパンC(G1)は、キタサンブラックから0.6秒差の6着で
あったが、古馬の一線級を相手に上がりは最速をマークした。
このように幅広い距離で活躍しており、将来性を感じる1頭と言え
るだろう。
また本レースで好走傾向の【前走G1の馬】であり【4歳馬】である
ことにも注目。
最強世代と言われている、現4歳世代の中でも能力の高い1頭であり
今回は是が非でも2着以内を確保して、賞金加算をしたいところだ。
しかも鞍上には好調なM・デムーロ騎手を予定している辺り、他の
有力馬に比べて勝負度合いも高い印象。
本馬の追ってからの末脚には定評があり、この鞍上なら出し切って
くれると予想され、このコンビに期待している1戦だ。

 

4枠 8番 ジュンヴァルカン

ここまで9戦を使われ、重賞での好走実績こそないが4勝をマーク。
3歳時からクラシックでの活躍が期待されていたが、順調さを欠き
軌道に乗れなかった本馬だが、本レース好走傾向の【先行脚質】で
【4歳馬】ということで気になる1頭となった。
2016年は菊花賞(G1)に挑戦し、休み明けと最悪の位置取りで結果
は10着に終わった。
しかし叩き2戦目の前走の松籟S(1600万下)は、自己条件に戻り
2馬身差で勝利。圧巻のパフォーマンスを見せている。
また本レース、阪神開催を除く過去9年分の好走データ【前走1着馬】
勝率14.3%・連対率14.3%・複勝率35.7%にも該当。
今回のメンバーでは【前走1着馬】が本馬だけであることに注目して
おり、もちろん相手強化となるが、キャリアが浅くもっと強くなる
可能性を秘めた1頭に期待している。