読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

阪神大賞典(GⅡ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅡ 阪神競馬場

阪神大賞典(GⅡ)枠順発表 阪神競馬場 芝3000m 2017年3月19日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 スピリッツミノル 5 56.0kg 幸 英明
2 2 ウインスペクトル 5 56.0kg 丹内 祐次
3 3 シュヴァルグラン 5 57.0kg 福永祐一
4 4 トーセンバジル 5 56.0kg 四位洋文
5 5 トウシンモンステラ 7 56.0kg 小崎綾也
6 6 レーヴミストラル 5 56.0kg 川田将雅
7 7 ワンアンドオンリー 6 57.0kg 武 豊
8 タマモベストプレイ 7 56.0kg 吉田隼人
8 9 サトノダイヤモンド 4 57.0kg C・ルメール
10 マドリードカフェ 6 56.0kg 岩田康誠

 

阪神大賞典(GⅡ) 2017年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 サトノダイヤモンド 1.5
2 シュヴァルグラン 3
3 トーセンバジル 12.5
4 レーヴミストラル 12.7
5 タマモベストプレイ 13.5
6 ワンアンドオンリー 15.3
7 スピリッツミノル 35.8
8 マドリードカフェ 66.9
9 ウインスペクトル 107.5
10 トウシンモンステラ 139.8

 

阪神大賞典(GⅡ) 2017年 注目馬・穴馬

 

8枠 9番 サトノダイヤモンド

ここまで8戦【6.1.1.0】の輝かしい実績を持つ、菊花賞馬であり
グランプリホースの本馬。
2017年のJRA最優秀3歳牡馬であり【サトノ軍団】のエースである。
本レースは【前走1番人気】だった馬が、ほぼ馬券に絡むレース
であり、複勝率は92.9%というかなり信頼できる数字。
さらに過去10年の本レースの【前走着順別成績】を見ると【前走
1着馬】が連対率31.8%・複勝率45.5%という高い数字を残して
いるが、本馬は前走の有馬記念(G1)で1番人気→1着であり有利
なデータといえるだろう。
その有馬記念(G1)で上位人気に推されていた馬は、本レースで
素直に信頼できる傾向にあり、馬券には必要な1頭と言えそうだ。
折り合いを苦にせず、機動力が有り末脚も鋭いと、ハイレベル
4歳世代では、文句なしのナンバーワンホースであり仮に8割の
デキで出走してきても、ここは勝ち方が問われる1戦。
秋には凱旋門賞へ向かうプランもあるので、春のGⅠ戦で恥ずか
しい競馬は出来ないであろう。

 

3枠 3番 シュヴァルグラン

2016年本レースの勝ち馬であり、全6勝中3勝を阪神コースで挙げ
ている阪神巧者の本馬。
今回の舞台、阪神・芝3000Mという特殊条件ゆえに出走頭数が揃い
にくく、舞台適性が非常に重要になるためリピーターが走りやす
い1戦のようだ。
本馬はスタミナ豊富なタイプであり、今回の舞台はベストな条件
と言え、距離適性という点ではサトノダイヤモンドよりも上なの
ではと予想される。
また成長力のあるハーツクライ産駒で5歳の春を迎え、2016年以上
のスケールアップを果たす可能性もある。
2012年の本レースで、あのオルフェーヴルに先着したのもハーツ
クライ産駒のギュスターヴクライだった。
引き続きハーツクライ産駒には要注意の1戦であり、サトノダイヤ
モンドと勝負出来る1頭だと期待している。

 

7枠 8番 タマモベストプレイ

フジキセキ産駒にしては珍しい長距離馬であり、レースが上手で
展開が向けば結果につながるタイプの本馬。
2016年の本レースは4着であったが、今回のメンバーなら自分で
ペースを作ることも可能だと予想され、馬券圏内も期待できそ
うだ。
また前走の万葉S(OP)では、過去10年間で2番目に早いタイム
3分6秒1で勝利しており、スタミナが問われるレースを4番手から
押し切り、勝利した内容は評価できるものだろう。
この【前走1着馬】は連対率31.8%・複勝率45.5%と本レースで
好走傾向あり、7歳馬だからと言って甘く見ることはできない
1頭と言える。
年齢的に見るとあまり多くは望めないが、兄弟を見ても長く活躍
できる血統背景は魅力的であり、展開が嵌まれば好走も可能なだ
けに狙ってみたい1戦だ。

 

1枠 1番 スピリッツミノル

ディープスカイ×母父ラムタラという、スタミナ抜群の血統
背景であり、得意条件は【長距離と道悪馬場】の本馬。
前走の小倉大賞典(G3)は小回りの1800M戦という、明らかに忙し
すぎる条件の1戦であり結果は8着であったが、ここは相対的に
人気を落としそうな本馬は面白い存在となりそうだ。
本馬はエンジンの掛かりが遅いタイプのようで、徐々に加速して
スピードを上げ、伸びてからもバテない粘着質の持続力が武器
だけに、距離3000Mは本馬に味方しそうな予感。
実際に前々走の万葉S(OP)で3000M戦を3着と好走。スタミナが
あるので距離延長は歓迎材料のようだ。
また今回は、サトノダイヤモンドシュヴァルグラン以外の
メンバーに大した差はないように感じられ、舞台設定が向いて
いるここは、本馬の巻き返しの可能性もある1戦だ。

7枠 7番 ワンアンドオンリー

近走不振で終わった印象もあるが、このタイミングで長距離戦に
使うのは興味深く、鞍上が武豊騎手に乗り替わるのも面白いこと
から気になる1頭となった本馬。
ここまで芝2400M戦での実績はあるが、芝3000M戦を使われるのは
2014年の菊花賞(G1)の9着以来である。
菊花賞(G1)の内容から距離延長は厳しいように思えるが、その
頃とは馬も変わっており、ハーツクライ産駒は本レースの好走血
統であることに注目。
また阪神・芝コース全体での成績は【3.1.0.2】で、着外の2回は
共にGI戦の宝塚記念であることから、コース適性はあると予想。
近走もしぶとく脚を伸ばして見せ場は作っており、前走のAJCC(G2)
では、そこそこの強敵を相手に5着と健闘。復活の兆しを掴んだの
かも知れない。
もしも本馬が一変するならここだと予想され、栄光のダービー馬と
名手武豊の復活コンビで、久々の馬券圏内を期待したい。