読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

フィリーズR(GⅡ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅡ 阪神競馬場

フィリーズR(GⅡ)枠順発表 阪神競馬場 芝1400m 2017年3月12日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 スリーミスヨハネ 3 54.0kg 川島信二
2 アズールムーン 3 54.0kg 石橋修
2 3 ステラルージュ 3 54.0kg 高倉稜
4 フラウティスタ 3 54.0kg 福永祐一
3 5 クインズサリナ 3 54.0kg 幸 英明
6 ジューヌエコール 3 54.0kg 北村宏司
4 7 タガノカトレア 3 54.0kg 菱田裕二
8 アルミューテン 3 54.0kg 田中 学
5 9 ベルカプリ 3 54.0kg 池添謙一
10 ラーナアズーラ 3 54.0kg 山口勲
6 11 ヤマカツグレース 3 54.0kg 国分優作
12 シグルーン 3 54.0kg 藤岡康太
7 13 ゴールドケープ 3 54.0kg 丸山元気
14 ビーカーリー 3 54.0kg 和田竜二
15 レーヌミノル 3 54.0kg 浜中俊
8 16 カラクレナイ 3 54.0kg M・デムーロ
17 アカカ 3 54.0kg 松若風馬
18 アンジュデジール 3 54.0kg 鮫島良太

 

フィリーズR(GⅡ) 2017年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 レーヌミノル 2.1
2 カラクレナイ 3.4
3 ジューヌエコール 4.9
4 アズールムーン 13.4
5 ベルカプリ 22.1
6 アカカ 22.8
7 クインズサリナ 23.7
8 ゴールドケープ 25.7
9 シグルーン 30.2
10 タガノカトレア 36.8
11 ビーカーリー 60.2
12 フラウティスタ 61.9
13 ヤマカツグレース 91.8
14 アンジュデジール 146.4
15 ステラルージュ 176.3
16 ラーナアズーラ 217.2
17 アルミューテン 334.0
18 スリーミスヨハネ 1359.8

 

フィリーズR(GⅡ) 2017年 注目馬・穴馬

 

7枠 13番 ゴールドケープ

前走の阪神JF(G1)では、かなり厳しいローテーションで挑み
結果は6着であったが、最優秀2歳牝馬ソウルスターリング
はじめ強敵相手と戦っており、今回の出走予定馬の中では
最上位の実績であることから注目している本馬。
また本レースの好走傾向【前走阪神JFで惨敗した馬】に該当
しており、巻き返してくるケースに期待したい1頭だ。
さらに本レース過去10年(2007年~2016年)のレースデータ
から、必ず1頭は馬券に絡んでいる【当日6番人気以下の馬】
にも8番人気が予想される本馬は該当。
デビューから7戦、かなり過密ローテーションで戦っているが
4戦目で先行策に切り替えて成績が伸びており、阪神JF(G1)
で強敵相手でも、しっかりと走れたのは地力がある証拠では
ないかと予想。
今回も先行できれば距離短縮で粘り込みも可能であり、本番
への権利が欲しい1戦だ。

 

8枠 16番 カラクレナイ

デビューから3戦、いずれのコースでも1400M戦を使われ現在
未勝利→万両賞(500万下)と連勝中の本馬。
ここまで上り1~2位を常にマークし、展開不問で伸びてくる
末脚が魅力的な1頭だ。
前走の万両賞(500万下)で今回の舞台、阪神1400Mを勝ち上が
っての参戦は好印象であり、新馬戦で4着と勝ち切れなかった
が徐々に開花した印象である。
また前走の鞍上は川田騎手であったが、今回はM・デムーロ
騎手に再び手綱を託すことになり、勝負気配も感じられる。
そのM・デムーロ騎手の【阪神・芝1400Mの成績データ】は
勝率18.6%、複勝率44.1%と抜群であり、今回の人気馬に
乗る騎手の中で一番成績が良いことにも注目。
さらに2015年の本レースでもクイーンズリングで勝利して
おり、ここでの信頼度は高い鞍上である。

 

5枠 9番 ベルカプリ

未勝利を勝ち上がるのに5戦を要するなど、少々地味な印象
ではあるが、アドマイヤミヤビやキョウヘイなどのメンバー
を相手に互角に戦ってきており、培ってきた経験は侮れない
存在であろう。
本馬はレースセンスがあり、最初の一歩が非常に早いとの
声もあり控えの競馬もできるが、今回誰も行かないのなら
本馬が行くことも想定される。先行策からの粘り込みタイプ
だけに、今回の同型馬との兼ね合いが鍵となりそうだ。
また重馬場だった前々走の白菊賞(500万下)を除けば掲示
板を外していない安定感も魅力であり、相手なりに走れる
タイプという印象。
ダイワメジャー産駒で、阪神コース替わりは好材料となり
鞍上予定の池添騎手とのコンビで全2勝を挙げている。
地味なので今回は人気薄が予想され、狙い目と言える1頭だ。

 

6枠 12番 シグルーン

デビュー戦は3/5の弥生賞(G2)を制した、カデナを倒して勝利
しており、次走のアルテミスS(G3)ではリスグラシューやフロー
レスマジックに続く3着に好走した本馬。
前走の阪神JF(G1)は14着と大敗したが、本レースは【前走阪神
JFで惨敗した馬】が巻き返してくるケースが多く見られポテン
シャル的に今回のメンバーなら通用する力を感じ、ここまで強い
相手と戦っているので抑えておきたい1頭となった。
また本レース過去4年のデータ【デビュー戦3番人気以内で1着馬】
が好走傾向にあるようだが、本馬はデビュー戦1番人気→1着で
これに該当。さらに【前走1600Mからの距離短縮馬】にも阪神JF
(G1)1600Mからの距離短縮で該当している。
しかも本レースは毎年【6番人気以下の馬】が馬券内に来ること
からも、人気薄の本馬には注意したい1戦だ。
阪神JF(G1)終了後は、チューリップ賞(G3)を予定していたが
相手関係を見極めてここに出走してきており、勝機ありと見て
のことだと予想している。

 

7枠 14番 ビーカーリー

本馬も本レースの好走傾向【前走1600Mからの距離短縮馬】であり
【6番人気以下の馬】であることに注目。
前々走の紅梅S(OP)はアロンザモナなど、この世代の短距離馬の
中ではそこそこのメンバーが揃った1戦であった。
その紅梅S(OP)では、直線入り口で勝ち馬に寄られる不利があり
3着となったが、この不利が無くスムーズに追い出せていれば
1~2着争いに加わっていたかもという内容であった。
また前走のエルフィンS(OP)は超スローペースの展開に泣かされ
力を出し切れずの7着と、不完全燃焼が続いているようだ。
本レースは荒れ放題のレースと言え、2桁人気の激走も見られる
波乱含みの1戦だけに、力さえ出し切ればチャンスは十分にある
1頭だと予想。
アイルハヴアナザー産駒のパワータイプなので、距離短縮で
ペースが流れれば面白い存在となるだろう。