読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

チューリップ賞(GⅢ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅢ 阪神競馬場

チューリップ賞(GⅢ)枠順発表 阪神競馬場 芝1600m 2017年3月4日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ミリッサ 3 54.0kg 福永祐一
2 2 ワキタエンカ 3 54.0kg 和田竜二
3 3 リスグラシュー 3 54.0kg 武 豊
4 4 エントリーチケット 3 54.0kg 柴田大知
5 5 アロンザモナ 3 54.0kg 幸 英明
6 ダノンディーヴァ 3 54.0kg M・デムーロ
6 7 ミスパンテール 3 54.0kg 四位洋文
8 ビップキャッツアイ 3 54.0kg 藤岡康太
7 9 レッドリボン 3 54.0kg 池添謙一
10 ソウルスターリング 3 54.0kg C・ルメール
8 11 ワールドフォーラブ 3 54.0kg 松若風馬
12 アンバーミニー 3 54.0kg 岩田康誠

 

チューリップ賞(GⅢ) 2017年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ソウルスターリング 1.8
2 リスグラシュー 2.6
3 ミリッサ 6.2
4 ダノンディーヴァ 10.5
5 アロンザモナ 20.5
6 エントリーチケット 22.2
7 ワキタエンカ 32.1
8 ワールドフォーラブ 70.0
9 ミスパンテール 94.7
10 レッドリボン 146.8
11 アンバーミニー 248.2
12 ビップキャッツアイ 1134.6

 

チューリップ賞(GⅢ) 2017年 注目馬・穴馬

 

2枠 2番 カワキタエンカ

渋い馬名が印象的なディープインパクト産駒の本馬。今回の
舞台適性は説明するまでもなくピカイチの存在だ。
本馬は母父クロフネの影響からか、少しパワー寄りのタイプ
のようで、デビューから2戦を重馬場で好走している。
前走の千両賞(500万下)では、牡馬を相手に3着と好走して
いるが、いくら牡馬の世代レベルが弱かったとはいえ道悪の
阪神コースで、重賞級の相手と互角の戦いをしていることは
評価したい1頭だ。
またディープインパクトヴァイスリージェント系の馬の過去
の本レースでの結果を見てみると、2016年ラベンダーヴァレイ
10番人気→3着、2015年アンドリエッテ7番人気→2着が人気薄
で好走していることに注目。
今回も引き続き鞍上は和田騎手を予定しており、スタートも
上手く、位置を取りにいく競馬が得意な鞍上で心強い。
本馬が前走で、牡馬相手に見せたポテンシャルに期待したく
今回、良馬場になった時の一変の可能性に注目している。

 

4枠 4番 エントリーチケット

デビュー戦を今回の舞台で勝利。ここまで4戦をパーフェクト
連対中の本馬。
前走の紅梅S(OP)では、最後の直線で早めに先頭に立ったが
ゴール手前で勝ち馬に差され、結果は差のない2着であった。
近2戦は先行策からの粘り込みというスタイルで結果を残して
おり、ここまで一度も連を外していない堅実さも魅力的だ。
また先行してしぶといタイプだけに、今回の人気馬同士が
お互いを気にしすぎて仕掛けが遅れれば、ここも粘って3着と
いうイメージが持てる。
しかも持ち賞金不足で、ここで3着までに入らないと本番への
出走は微妙となるだけに、仕上げはメイチだと予想。
血統的にもパワー型タイプなので、今回の阪神コース替わりは
プラス材料となりそうであり、地味な印象だが実力のある1頭
だけに注目している

 

7枠 10番 ソウルスターリング

フランケルの軌跡を辿るように、ここまで3戦3勝と無敗の
2歳女王となった本馬。
先週2/25のアーリントンC(G3)では、単勝1.9倍人気のペル
シアンナイトが3馬身差で圧勝したが、そのペルシアンナイト
に良馬場で唯一の土を付けた牝馬である。
このペルシアンナイトの活躍は本馬の評価をさらに裏付ける
結果となり、今回も人気するのは濃厚だが外せない1頭だ。
また本レースは過去10年(2007年~2016年)で、1番人気が
【4.3.1】と馬券の中心となっており、勝率40%・連対率70%
複勝率80%という信頼できる数字である。
さらに【前走阪神JF組】が勝率23.8%・連対率42.9%・複勝
率61.9%と圧倒的な強さであり、馬券圏内は鉄板と言って良い
1戦ではないだろうか。

 

8枠 11番 ワールドフォーラブ

今回の舞台適性の高い、ディープインパクト産駒の本馬。
ディープインパクト産駒は、阪神マイルでは鉄板ともいえ
また過去の本レースに出走頭数馬が一番多いにも関わらず
複勝率3割は優秀な数字。
今回、出走するディープインパクト産駒は本馬を含み3頭
いるが複勝率3割ということは、このうち1頭は馬券に絡む
計算になることに注目。
さらに、この時期のディープインパクト産駒は急成長を
遂げる馬が多いことから注目している1頭だ。
前走のクロッカスS(OP・東京1400)は牡馬相手に3番人気
→7着であったが、0.3秒差と着順ほど負けていない。
距離も短かった印象があり、ここでの巻き返しに期待。
またデビュー戦を1600Mで逃げて勝利しているが、今回の
鞍上、松若騎手がどんな競馬をするのかも楽しみだ。

 

1枠 1番 ミリッサ

本馬の半姉シンハライトは2016年本レースの勝ち馬であり
そして、こちらの半姉リラヴァティも2014年本レースの
3着馬という【チューリップ賞一族】であることから注目
している1頭である。
ここまで2戦1勝。前走のエルフィンS(OP)は後方一気から
の差しで3着であったが、本レースの好走傾向【前走阪神
JF組以外で芝1600Mで5着以内だった馬】に該当。
さらに前走で最速の上がりを使った馬が、高い確率で本レ
ースでも好走を見せており【前走上がり1位】にも該当
していることに注目。
ここまで2戦を使われているが、スタートがイマイチで差す
競馬になってしまっている本馬。
しかし能力は高くても、差す競馬はダイワメジャー産駒に
とって厳しい展開のようで、今回先行すればもっと上の
パフォーマンスが見られそうな予感。
鞍上も牝馬には定評がある福永騎手に乗り替わりで好材料
これまでよりも、前の位置でのレースに期待したい1戦だ。