読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

デイリー杯クイーンC(GⅢ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

デイリー杯クイーンC(GⅢ)枠順発表 東京競馬場 芝1600m 2017年2月11日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 トーホウアイレス 3 54.0kg 柴田善臣
2 アルミューテン 3 54.0kg 勝浦正樹
2 3 ハナレイムーン 3 54.0kg 石橋修
4 コマノレジーナ 3 54.0kg 江田照男
3 5 サクセスライン 3 54.0kg 菅原隆一
6 フローレスマジック 3 54.0kg 戸崎圭太
4 7 ディヴァインハイツ 3 54.0kg 内田博幸
8 レーヌミノル 3 55.0kg 浜中俊
5 9 ヴィーナスアロー 3 54.0kg 吉原寛人
10 スズカグラーテ 3 54.0kg 長岡禎仁
6 11 アエロリット 3 54.0kg 横山典弘
12 モリトシラユリ 3 54.0kg 吉田豊
7 13 スズカゼ 3 54.0kg 大野拓弥
14 セイウンキラビヤカ 3 54.0kg 北村宏司
8 15 アドマイヤミヤビ 3 54.0kg C・ルメール
16 パフォーム 3 54.0kg 柴田大知

 

デイリー杯クイーンC(GⅢ)予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 アドマイヤミヤビ 2.4
2 フローレスマジック 2.8
3 レーヌミノル 3.7
4 アエロリット 8.7
5 ハナレイムーン 11.3
6 ディヴァインハイツ 33.9
7 トーホウアイレス 48.2
8 モリトシラユリ 58.5
9 コマノレジーナ 82.5
10 スズカゼ 100.8
11 セイウンキラビヤカ 204.0
12 アルミューテン 240.0
13 パフォーム 381.1
14 ヴィーナスアロー 398.6
15 スズカグラーテ 693.6
16 サクセスライン 1137.1

 

デイリー杯クイーンC(GⅢ) 2017年 注目馬・穴馬

 

4枠 8番 レーヌミノル

ここまで4戦で【2.1.1.0】と、常に堅実に走れることが好印象の
本馬。2016年は小倉2歳S(G3)で1着→京王杯2歳S(G2)で2着→阪神
ジュベナイルF(G1)でも3着と重賞での好走実績もあり、今回の出走
メンバーの中では最上位の実績と言える1頭だ。
その【前走阪神ジュベナイルF組】は、本レース直近3年連続で馬券
圏内に来ているローテションであり、過去10年の3着以内馬30頭中
10頭が【前走阪神ジュベナイルF組】であることに注目。
また【前走3着馬】が勝率15.4%、連対率23.1%、複勝率38.5%と
本レースでの好走率が高く、本馬は該当している。
マイルは若干長いのでは?との声もあるが、使われる毎に学習能力
の高さを感じさせているので、ある程度前目の競馬で持ち味を活か
せるなら十分チャンスはありそうだ。

 

6枠 11番 アエロリット

2016年6月のデビュー戦を制すると、3ヶ月後のサフラン賞(500万下)
で2着、さらに3ヵ月後のフェアリーS(G3)で2着と間隔をあけつつ
使われてきた本馬だが、今回は間隔を詰めての参戦となっている
ことから、体質の強化や状態面の良さなどが感じられる1頭だ。
前走のフェアリーS(G3)では先行馬には厳しい流れの中、2番手から
踏ん張って2着と評価できる内容であった。
その【前走フェアリーS組】が過去10年の本レース3着以内の馬30頭中
6頭となっており、その6頭とも勝ち馬から僅差の好走をしている。
また本レースは現在、サンデーレーシングの馬が3連勝中ということも
興味深く、近3年は【前走と同じ鞍上が騎乗した馬】が1着~3着までを
独占しており本馬は該当。
さらに【前走2着馬】が勝率21.4%、連対率35.7%、複勝率42.9%と
優秀な成績を残しており今回、データ面からも注目している。

 

3枠 6番 フローレスマジック

全姉にラキシス、全兄がサトノアラジンという良血馬であり、特に
ディープインパクト産駒は、牝馬路線で強さを発揮していること
から気になる1頭となった。
また先述のように、現在サンデーレーシングの馬が本レース3連勝中
であることも興味深く、基本的には人気馬が強い1戦だけに注目して
いる。
本馬は新馬戦→未勝利戦→アルテミスS(G3)と全て、1600M戦で使われ
左回りコースにしか出走していないことにも注目。
前走のアルテミスS(G3)はマイナス12Kgという大幅な馬体重の減少が
あり2着であったが、敗因は明らかであろう。
今回は無理をせずに休ませたのも好印象であり、地力の出やすい東京
マイル戦ということも好材料
前走で同じ舞台の重賞を2着となった実績は侮れない存在であり、好走
傾向の【前走2着馬】勝率21.4%、連対率35.7%、複勝率42.9%に該当。
ラキシスが成し遂げられなかったクラシック参戦を叶えるべく、ここ
での好走に期待したい。

 

6枠 12番 モリトシラユリ

過去10年の本レース3着以内の馬、30頭中6頭を占めた【前走フェアリー
S組】から気になるもう1頭。
前々走の未勝利をダート1800Mで勝利すると、前走のフェアリーS(G3)
で後方から目を引く伸び脚を披露し、上り1位をマーク。勝ち馬から
0.2秒差の3着と好走した本馬。
その【前走3着馬】は本レースで勝率15.4%、連対率23.1%、複勝
38.5%と高い数字であり本馬にも注目している。
さらに本レース過去5年の好走傾向【前走芝1600Mで上がり2位以内で
6着以内だった馬(G1除く)】【前走重賞で勝ち馬から0.5秒差】にも
該当。
少々地味な印象ではあるが、芝でもダートでもしっかり伸びており
近3走全てで上り1位をマークするなど、面白い存在と言えるだろう。

 

2枠 3番 ハナレイムーン

本馬は父ディープインパクト、母父がキングカメハメハという
超がつく良血馬だ。
ディープインパクト産駒と言えば、2016年この時期に急成長した
ディーマジェスティが未勝利→共同通信杯(G3)→皐月賞(G1)を
連勝し、同じくシンハライト桜花賞(G1)の前に急成長を遂げ
オークス(G1)を制覇するなど、この時期のディープインパクト
産駒は前走よりもレベルアップしていることが想定され、その
成長力には注意が必要であろう。
本馬も前走の新馬戦で断トツの人気に応えて、メンバーで唯一
33秒台の上りで圧勝し、噂に違わぬ実力を見せている。
今回は僅かキャリア1戦での重賞挑戦となるが、素質はここでも
引けを取らないからだと予想。
名門堀厩舎も万全の仕上げで挑んでくることが想定され、注目
されてきた1頭だけに、ここでも侮れないだろう。