読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

きさらぎ賞(GⅢ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

きさらぎ賞(GⅢ)枠順発表 京都競馬場 芝1800m 2017年2月5日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 サトノアーサー 3 56.0kg 川田将雅
2 2 マテラレック 3 56.0kg S.フォーリー
3 3 タガノアシュラ 3 56.0kg 岩田康誠
4 4 ダンビュライト 3 56.0kg C・ルメール
5 5 プラチナヴォイス 3 56.0kg 和田竜二
6 6 エスピリトゥオーゾ 3 56.0kg 四位洋文
7 7 アメリカズカップ 3 56.0kg 松若風馬
8 8 スズカメジャー 3 56.0kg 福永祐一

 

きさらぎ賞(GⅢ)予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 サトノアーサー 1.6
2 ダンビュライト 4.4
3 プラチナヴォイス 5.9
4 タガノアシュラ 8.0
5 アメリカズカップ 10.2
6 スズカメジャー 12.6
7 エスピリトゥオーゾ 57.7
8 マテラレック 192.6

 

きさらぎ賞(GⅢ) 2017年 注目馬・穴馬

 

5枠 5番 プラチナヴォイス

今回の舞台、京都・芝1800Mで2戦2勝と好相性の本馬。3走前の
未勝利戦では京都競馬場1800Mの2歳レコードを樹立し、1分
45秒9をマーク。4馬身差で勝利を飾っている。
祖母の兄弟にブラックタイドディープインパクトがいる血統で
スピードに特化したタイプと言われており、あまり人気はしないが
走りそうな印象の1頭だ。
脚質的には先行策から前々で競馬をして、渋太く粘り込むタイプで
前々走の萩S(OP)では、早めに先頭に抜け出す競馬をしてそのまま
出し抜いて勝利をしており、今回も再現できる可能性に期待。
本馬はイレ込みやすいタイプで、今回は休養をとっての参戦となるが
2歳レコードを樹立したのも、札幌競馬から3ヶ月の休み明けだった
ことを考えれば、今回激走の可能性も十分にあると予想している。
また鞍上予定の和田騎手は、今年に入ってからのJRAの競馬で好調
であり信頼してもよさそうな鞍上だ。

 

3枠 3番 タガノアシュラ

ここまで4戦2勝をマーク。その2勝の勝ちパターンが逃げた時であり
自分のペースで行ければ能力を発揮できるが、控えてしまうと戦意を
喪失してしまう、わかりやすい1頭である。
しかし本レースで逃げることが出来た馬は、馬券圏内50%をマーク
しており、今回は少頭数で単騎逃げも可能だと予想。
本馬はマンハッタンカフェ産駒だが、母方がステイゴールドやショウ
ナンパンドラなど、多数の重賞勝ち馬を輩出している優秀な血統であり
スタミナ豊富な中距離馬という印象だ。
前走の朝日フューチュリティS(G1)では、マイル戦を使われ先行できず
惨敗しているが、今回は本馬がハナを切ることは濃厚である。
そうなった時には簡単には止まらない1頭であり、気分良く逃げれば
結果を残しているだけに注目している。

 

1枠 1番 サトノアーサー

デビューから負けなしの2連勝の本馬。その2戦ともメンバー最速の上り
をマークするなど、良血馬の存在感をアピールしてきた。
本馬はディープインパクト産駒であるが、過去10年の本レースにのべ
15頭のディープインパクト産駒が参戦し4勝、2着3回3着2回という成績
であり、2016年はこの産駒の馬が1着~3着までを独占するという活躍
ぶりである。
前走のシクラメン賞(500万下)では、32秒台の鬼脚を披露しており
末脚のキレ味は、ここでは抜けた存在と言えるだろう。
まだ完璧なレースを見せているとは言えなくとも、血統面から見ても
秘めたるポテンシャルは相当であろうと予想。
直線に急坂がある阪神コースから、平坦な京都コースへの舞台替わりは
プラスになる可能性が高く、末脚勝負になれば3連勝もありえる1頭だ。

 

7枠 7番 アメリカズカップ

2016年デビューから2戦を先行抜け出しで連勝しており、レースセンスの
良さが持ち味の本馬。
2連勝で挑んだ前走の朝日杯フューチュリティS(G1)では、外枠で出遅れ
痛恨の9着。
3か月の休み明けだったことも考慮すれば、度外視してよい結果であろう。
また本レースは逃げ・先行タイプが活躍する傾向にあり、今回スタート
さえ五分で出られれば、巻き返しは十分にあると予想。
さらに本レースの好走傾向【上りの速いタイム(メンバー中3位以内)で
勝利した実績がある馬】に該当しており、改めて注目したい1頭となった。
今回は少頭数で好勝負に持ち込める可能性も高く、GIでの経験を活かした
強気の競馬に期待したい。

 

8枠 8番 スズカメジャー

2017年明けの京都・2000M戦でデビューし、差し切りで勝利した本馬。
スローペースとなり走破時計自体は目立たないが、好位のインで折り
合いをつけ、直線では馬郡を怖がらず狭いスペースから抜け出して勝利
しており、レースセンスは光っていた。
レース後、騎上の福永騎手も「気のいいタイプ」とコメントしており
今回200Mの距離短縮も好材料のようだ。
また今回も福永騎手を予定しているが、福永騎手は今年に入ってからの
JRAの競馬で人気薄の馬を2着・3着に持って来きており、複勝率28.6%
で1位という鞍上であることにも注目。
血統面からも将来性の高さを感じる1頭であり、ゲートも上手なよう
なので前目からの出し抜きで、ここでの好走に期待したい。