読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

シルクロードS(GⅢ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅢ 京都競馬場

シルクロードS(GⅢ)枠順発表 京都競馬場 芝1200m 2017年1月29日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ラインスピリット 6 56.0kg 森一馬
2 2 テイエムタイホー 8 56.0kg 池添謙一
3 3 アースソニック 8 56.0kg 古川吉洋
4 4 ヒルノデイバロー 6 54.0kg 四位洋文
5 ソルヴェイグ 4 54.0kg M・デムーロ
5 6 ブラヴィッシモ 5 55.0kg S.フォーリー
7 ダンスディレクター 7 57.5kg 武 豊
6 8 ダイシンサンダー 6 55.0kg 幸 英明
9 セカンドテーブル 5 56.0kg 水口優也
7 10 ネロ 6 57.5kg 浜中俊
11 セイウンコウセイ 4 55.0kg 松田大作
8 12 ブランボヌール 4 54.0kg 和田竜二
13 カオスモス 7 54.0kg 武 幸四郎

 

シルクロードS(GⅢ)予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ネロ 2.6
2 ソルヴェイグ 3.3
3 ダンスディレクター 5.0
4 セイウンコウセイ 8.3
5 ブランボヌール 8.6
6 セカンドテーブル 9.8
7 ラインスピリット 17.5
8 アースソニック 45.7
9 ヒルノデイバロー 54.8
10 ブラヴィッシモ 65.0
11 テイエムタイホー 125.4
12 ダイシンサンダー 147.7
13 カオスモス 281.2

 

シルクロードS(GⅢ) 2017年 注目馬・穴馬

 

6枠 9番 セイウンコウセイ

デビューから3走は凡走が続いたが、ダートに路線変更すると4戦を消化し
未勝利戦を脱出した後は、芝の短距離戦に再度路線変更した本馬。
その後は渡月橋S(1600万下)→淀短距離S(OP)と連勝するなど、眠って
いた素質が芝の短距離で覚醒した印象だ。
近10走を【5.4.0.1】と連対を外したのが1回だけという抜群の安定感が
魅力的であり、単騎の逃げに持ち込む競馬が理想だが、折り合い面に苦労
がなく番手でも競馬できるのが強みの1頭である。
また【前走淀短距離S】の馬が5年連続で馬券圏内にきており、京都コース
では2戦2勝と好相性。しかも芝・1200Mでは無敗と距離適性は抜群である。
今回は初重賞になるが、前走と同じコースで同じ距離だけにチャンスは
十分にあると予想。同型の馬も多いが力は出せそうな感じだ。

 

8枠 12番 ブランボヌール

過去10年の【前走着順別成績】から、前走10着以下だった馬が2着に
4回入るなど、前走大敗している馬の好走が見られる本レース。
本馬は前走のスプリンターズS(G1)で大敗しており【前走大敗組み】
で狙ってみたい1頭となった。
その前走のスプリンターズS(G1)では、内をロスなく回れたが前が
壁になってしまい、最後は全く追えず11着であった。
しかし勝ち馬レッドファルクスから0.3秒差と、大きく負けてはおらず
直線に坂のある中山コースより、直線平坦な京都コースの方が走りやすい
ことから今回、見直す手はあると思われる。
また近年の本レースでは、人気薄の馬も含め牝馬の好走が多く見られる
ことにも注目。
さらに今回は有力馬に先行脚質の馬が多いので、波乱を起こすとすれば
好位からの競馬ができる、差し馬ではないかと予想。
今回は休み明けとなるが、過去の休み明けの戦績が【1.0.1.0】であり
鉄砲駆けしそうな印象だ。

 

4枠 5番 ソルヴェイグ

過去10年の傾向から牝馬の好走が多い本レース。2014年は1~3着が牝馬
決着するなど、牝馬には注意したい1戦である。
2016年はフィリーズレビュー(G2)、函館スプリントS(G3)と重賞2勝を
マーク。桜花賞(G1)で17着と大敗した後は、夏からスプリント路線に変更
したが、函館スプリントS(G3)1着→キーランドカップ(G3)4着→スプリン
ターズS(G1)でも3着という実績である。
そのスプリンターズS(G1)の後、2着馬ミッキーアイルマイルCS(G1)を
勝利。負かした4着馬シュウジ阪神C(G2)を勝利。さらに6着馬ネロが
京阪杯(G3)を勝利しており、2016年のスプリンターズS(G1)が、かなり
高いレベルであったことが推測できるだろう。
今回の参戦はデビュー以降、最長の休養期間を経ており仕上がり面が鍵に
なってくるが、メキメキと頭角を現してきた4歳馬であり、自在なレースが
できるタイプだけに、ここでも力は上位といえる1頭である。

 

3枠 3番 アースソニック

今回と同じ舞台で2013年の京阪杯(G3)を勝利。2015年の同レースは3着。
2016年の同レースでも10番人気→3着に突っ込んで来た本馬。
前走のラピスラズリS(OP)はスタートで後手を踏み、最後方からの競馬と
なり結果13着と惨敗。
しかし中山コース自体が過去の戦績から見ると得意ではなく、ある意味
仕方のない結果だったと言えるだろう。
今回は過去3勝を挙げた得意の京都・芝1200Mであり、ここで巻き返して
くる可能性は十分にあると予想。
また2016年9月のセントウルS(G2)では、勝ち馬ビッグアーサーと0.3秒差
2着のネロとは0.1秒差と小差の競馬をしていることに注目。
年齢も8歳となった本馬だが、1分7秒台で走るなど速い時計にも対応して
おり、まだまだ重賞で上位に食い込める力を示している。
今回も勝ち負けとはいかなくとも、ここで好走しても不思議のない1頭で
あり要注意だ。

 

4枠 4番 ヒルノデイバロー

本レースは先行有利と言われているが、穴を開けた馬を見ると差し馬が
多いことに注目している。
本馬は芝に転向後、京都1200Mでは2戦を使われ、その2戦とも上がり
最速で上がってきている。
2016年の本レースでもラストの脚は際立っており、前走の淀短距離S(OP)
は6着に終わったが、メンバー最速の時計を出すなど力の一旦は感じる
内容であった。
今回の出走予定馬を見渡すと、先行タイプの馬が多く揃っているようで
ハイペースが予想されている。近走は前が残るレースで届かなかったが
展開さえハマれば、突っ込んでくる可能性は大きいと予想。
また本レースは6歳馬の活躍が多く、人気薄の後方待機の馬が激走する
傾向にあるようだ。
さらに2011年以降の本レースでは、毎年二桁人気の馬が好走しており
傾向的にもハマりそうな1頭である。