読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

フェアリーS(GⅢ) 2017年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅢ 中山競馬場

フェアリーS(GⅢ)枠順発表 中山競馬場 芝1600m 2017年1月8日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 コーラルプリンセス 3 54.0kg 柴山雄一
2 ツヅク 3 54.0kg 江田照男
2 3 アエロリット 3 54.0kg 横山典弘
4 ブラックオニキス 3 54.0kg 黛弘人
3 5 ジャストザマリン 3 54.0kg 北村宏司
6 ヒストリア 3 54.0kg 蛯名正義
4 7 キュイキュイ 3 54.0kg 津村明秀
8 モリトシラユリ 3 54.0kg 吉田豊
5 9 ポンポン 3 54.0kg 嘉藤貴行
10 スノードーナツ 3 54.0kg 松岡正海
6 11 メローブリーズ 3 54.0kg 大野拓弥
12 アルミューテン 3 54.0kg 勝浦正樹
7 13 パフォーム 3 54.0kg 丹内 祐次
14 アマノガワ 3 54.0kg 柴田善臣
8 15 ライジングリーズン 3 54.0kg 丸田恭介
16 キャスパリーグ 3 54.0kg 戸崎圭太

 

フェアリーS(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 キャスパリーグ 1.8
2 アエロリット 3.6
3 ブラックオニキス 6.8
4 コーラルプリンセス 8.2
5 キュイキュイ 13.0
6 ヒストリア 16.6
7 メローブリーズ 29.8
8 ジャストザマリン 56.3
9 ツヅク 65.8
10 ポンポン 83.9
11 モリトシラユリ 93.6
12 パフォーム 102.8
13 アルミューテン 123.2
14 アマノガワ 131.0
15 ライジングリーズン 170.6
16 スノードーナツ 309.1

 

フェアリーS(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

  

1枠 1番 コーラルプリンセス

今回のメンバーは1勝馬が多いが、2勝を挙げている本馬の実績は
一枚上であり、牝馬としては馬格に恵まれ逞しい印象を受ける
クロフネ産駒である。
本レースではダート血統の馬が2連勝しており、この傾向は今年も
続くことが予想され、父母ともに芝よりダートのタイプの本馬に
注目している。
前走の赤松賞(500万下)では、直線で併せ馬の形になった2着馬
に、差されてもおかしくないパターンを究極の根性比べで制して
いるが、その赤松賞(500万下)を経由した馬が本レース近2年で
2連勝しており複勝率37%と非常に高い数字を残している。
前々走のアルテミスS(G3)は、出遅れが響いて8着であったが
15番人気という低評価にも関わらず頑張ったと言えるだろう。
ここ2走の出負け癖が気になるが、前目を取れた時には怖い存在
であり、パフォーマンスを上げてきそうな1頭だ。

 

2枠 3番 アエロリット

前述したように近2年は、ダート血統の逃げ馬が2連勝中の
本レースなので、父がクロフネの本馬にも注目したい。
本馬はゲートセンスが良いうえに、折り合いもつきやすく
鞍上の指示にちゃんと応えるタイプのようだ。
また中山マイルは前走サフラン賞(500万下)で経験済みで
あるが、スローペースで終始折り合いに苦労し、先行馬には
つらい展開のなか、後方待機がハマった馬に差し切られ最後
まで粘ったが2着と、悔しい思いをしている。
しかし3着馬には2馬身の差をつけており、能力のあるところ
を示した内容だと言えるだろう。
また中山マイルは先行力が生きる絶好の舞台といえ、立ち
回りも上手いので、多頭数替わりも問題はなさそうだ。
今回、内枠という好ポジションとなり正攻法の先行策で巻き
返してくるであろう要注意の1頭だ。

 

3枠 5番 ジャストザマリン

デビュー戦では5番人気→1着と、好位追走から直線抜け出しての
快勝を飾った本馬。
このデビュー戦で2着~4着だった馬が、次走で未勝利戦を勝ち
上がっていることからも、レベルの高かった新馬戦であったと
言えるだろう。
そして期待を背負い挑んだ、阪神JF(G1)では16着と大敗したが
G1の雰囲気にのまれてしまったうえに、気性の問題で力を出し
切れなかったようで、度外視できる1戦であろう。
勝ち馬がソウルスターリングであり、流石にあのメンバーでは
仕方がない結果と言えるだろう。
しかし本レースは阪神JF(G1)で負けた馬の巻き返しが見られる
1戦であり、過去8年で4頭が馬券圏内に来ていることに注目。
今回は仕切り直しの1戦となるが、前走と比べて相手関係も楽に
なり、陣営も自信を持って送り込んでくるものと予想される。
本レースの結果で本馬の力量も分かるだけに、ここは巻き返しに
期待したい。

 

4枠 7番 キュイキュイ

冬の中山開催はハービンジャー産駒が活躍していることから
注目している1頭だ。
デビュー戦後に疝痛を発症し、一時は生命の危機に立たされた
こともあったが、見事に復活を果たしている。
前走の未勝利戦で東京マイルを経験し、着差以上に余裕が有る
内容で初勝利を飾っており、半兄にはアーリントンC(G3)や
富士S(G3)などマイル戦で勝利を挙げているヤングマンパワー
いることも興味深い。
本馬は本レース過去8年の好走傾向【前走で東京芝1600Mの馬】に
該当しており、前走で東京芝1600Mを使われた馬が4連勝中という
結果だ。
また母スナップショットはダート馬なので、ダート血統に注意
したい点にも該当。
さらに好走パターンの多い【前走未勝利勝ち、かつ440Kg台の
馬体重】という点にも該当するなど気になる存在である。

 

7枠 14番 アマノガワ

本レース過去5年で、毎年1頭は2桁人気の馬が馬券に絡んでいる
ことから、今回は人気薄の本馬に注目だ。
本馬は本レースと好相性の【前走赤松賞組】であり、ここまで
中山マイルでのみ、2連対と好走していることに注目。
本馬も【前走で東京芝1600Mの馬】に該当するなど、データ的に
は好走が期待できる1頭である。
さらに、父メイショウボーラーと母メイショウマウンテンともに
ダートで使われており、血統面でも気になる存在だ。
また本レースは、OP・重賞で好走した馬が惨敗したり、前走で
大敗した馬が好走したりと、過去の実績があてにならない波乱
含みのレースだけに、前走の赤松賞(500万下)で11着と大敗
した本馬に波乱を巻き起こして欲しい1戦だ。