読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

マイルCS(GⅠ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

マイルCS(GⅠ)枠順発表 京都競馬場 芝1600m 2016年11月20日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ディサイファ 7 57.0kg 武 豊
2 サトノアラジン 5 57.0kg 川田将雅
2 3 スノードラゴン 8 57.0kg 大野拓弥
4 ロードクエスト 3 56.0kg 池添謙一
3 5 ヤングマンパワー 4 57.0kg M.バルザローナ
6 ダノンシャーク 8 57.0kg 松山弘平
4 7 フィエロ 7 57.0kg 戸崎圭太
8 イスラボニータ 5 57.0kg C・ルメール
5 9 サトノルパン 5 57.0kg M・デムーロ
10 マジックタイム 5 55.0kg A・シュタルケ
6 11 テイエムタイホー 7 57.0kg 幸 英明
12 ウインプリメーラ 6 55.0kg A・アッゼニ
7 13 ダコール 8 57.0kg 小牧太
14 クラレント 7 57.0kg 岩田康誠
15 ネオリアリズム 5 57.0kg R・ムーア
8 16 ミッキーアイル 5 57.0kg 浜中俊
17 ガリバルディ 5 57.0kg 福永祐一
18 サンライズメジャー 7 57.0kg 四位洋文

 

マイルCS(GⅠ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 サトノアラジン 3.4
2 イスラボニータ 4.5
3 ヤングマンパワー 6.5
4 ミッキーアイル 6.8
5 ネオリアリズム 10.3
6 ロードクエスト 10.5
7 フィエロ 10.7
8 マジックタイム 13.8
9 ガリバルディ 17.2
10 サトノルパン 22.3
11 ディサイファ 36.0
12 スノードラゴン 56.9
13 ウインプリメーラ 79.3
14 サンライズメジャー 174.7
15 ダノンシャーク 180.4
16 クラレント 199.4
17 ダコール 296.8
18 テイエムタイホー 536.3

 

マイルCS(GⅠ) 2016年 注目馬・穴馬

 

4枠 8番 イスラボニータ

2016年春は惜しい競馬が続いていた本馬だが、秋初戦の富士S(G3)
ではパートナーにC・ルメール騎手を迎え、手応えある2着を確保。
4か月半の休み明けプラス、58Kgを背負っての好走であり上出来
だったと言えるだろう。
ここまでも重賞で度々、好走を繰り返してきた実力馬であるが
本馬の本領発揮は、2015年の本レース3着や前々走の安田記念(G1)
5着(勝ち馬から0.3秒差)に見られるように1600M戦にあると思わ
れる。
さらに本馬の魅力はG1戦での勝負強さであり、これまでG1戦で
【1.1.3.2】と掲示板を外したのは3歳時のジャパンC(G)だけ
という実績である。
また【前走富士S組】は本レース過去10年で5回馬券になっている
ので軽視はできない存在であり、レースを使いつつ良化していく
タイプだけに、休み明け2戦目でパフォーマンスを上げてくると
予想。脚質的にも安定しており、C・ルメール騎手も安定した結果
を出せる騎手で上位台頭する可能性は高そうな1頭だ。

 

4枠 7番 フィエロ

本レースで2014年&2015年ともに2着、2年連続連対馬が初G1制覇を
狙って参戦してきた。
本馬は京都・芝コースを得意にしており【1.5.2.2】で、掲示板を
外したのは、前走のスワンS(G2)9着のみという実績である。
そのスワンS(G2)では、1番人気に支持されるも9着と大敗したが
能力的にもここでは上位にも関わらず、前走が原因で人気を落とす
ならば今回は狙い目である1頭だ。
また【前走のスワンS】は、本レース過去10年で8回馬券に絡んでおり
着外から巻き返す馬もいる。
さらに本レース過去10年で斤量傾向は57Kgが9勝、古馬の牡馬が30頭中
24頭馬券に絡んでいることに注目。本馬は7歳&57Kgを背負うことと
なり、好走傾向に該当している。
今回マイルへの距離延長となるが、ここまで全5勝中4勝をマイル戦で
挙げておりプラス材料だ。
鞍上予定の戸崎騎手が今回、本馬を選んだことが勝負度合いの高さ
を示しており、メイチ仕上げに定評のある藤原厩舎ということも期待
させる1戦である。

 

3枠 5番 ヤングマンパワー

2016年の夏は一気に覚醒。マイル戦で3連勝を挙げ、近2走はG3ながら
マイル重賞を連勝するなど、ここに来て馬が本格化した印象だ。
本馬も本レースと好相性の【前走富士S組】であり、イスラボニータ
ロードクエストダノンプラチナといった強敵を倒し勝利している。
また本レース過去10年、5番人気以内で富士Sを勝った馬の複勝率は
100%という数字に注目。本馬は3番人気→1着であった。
本馬は適性の幅が広く大崩れしないのが武器であり、福島民報杯(OP)
から、5戦全て連対中と安定感抜群の1頭である。
また好走続きにも関わらず人気にならない不思議な馬であり、1番人気
になったことがないというエピソードもある。
レース中は頭が高く、しかも横に曲げて走る独特のフォームが個性的で
あるが、勢いとレースセンスは侮れない存在だ。
今回、鞍上がM・バルザローナ騎手に乗り替わるが、本馬の所属厩舎の
G1勝ちは3勝、その3勝全てが外国人騎手の騎乗の時という事実もある。
約1年半ぶりのG1挑戦となるが、キャリアを積んで完成の域に近づいた
今なら好勝負の期待ができる1戦だ。

 

8枠 17番 ガリバルディ

京都の外回りコースでは【2.1.1.1】と安定した結果を残している本馬。
近2戦の結果から充実期を感じさせるが、能力的な面から人気薄で
あり今回の舞台なら面白い1頭である。
本馬はディープインパクト産駒だが、京都マイルはディープ産駒の
庭とも言える舞台。過去の本レースでも数多くの上位好走馬を輩出
してきた。末脚の切れ味なら本馬も過去の好走馬に負けてはおらず
ここは非常に狙いどころであろう。
前走の富士S(G3)では末脚不発に終わり5着であったが、上がり最速
の33.4秒をマーク。前走上がり最速の馬は歯車さえ噛み合えば、上位
進出も現実味を帯びてくるとの声もある。
さらに【前走富士S組】で、人気薄からの好走が見られる本レース。
2009年富士Sで9着→本レース14番人気で2着に好走し、大穴を開けた
マイネルファルケ。2014年富士Sで7着→本レース8番人気で1着と波乱
を巻き起こしたダノンシャークがいる。
また鞍上予定の福永騎手は、本レース過去10年で3回馬券に絡んでおり
複勝率は33.3%。
今回は叩き2走目で本領発揮が期待され、波乱の立役者になりそうな
予感である。

 

2枠 3番 スノードラゴン

今週末の京都地方は雨予報、当日馬場が渋った時には要注意の1頭だ。
本馬は競走生活の大半は1200M前後に終始しており、2014年のスプリン
ターズS(G1)で1着など、スプリンターのイメージが強い1頭だ。
実はデビューから3戦はマイル戦を使われていた本馬。芝のマイル戦
では3戦0勝2着3回、連対率は100%である。
8歳となった本馬だが年齢的にズブさも増して、さらに競馬を覚えて
控えられるようになった今はむしろ、マイルくらいの方がいいのでは
との声もあり注目している。
またトップスピードの素晴らしさは現役屈指の水準であり、後方で
脚を溜めれたら、それなりに脚を使ってきそうな予感。
マイルで脚を溜めたとして、どの程度の上がりが出せるのかはまだ
未知数であり、マイルはダメだと決めつけるのは危険であろう。
さらに本レース過去10年【前走から距離延長組で前走着順5~9着
だった馬】が巻き返しての好走が多く、距離延長&前走5着だった
本馬は該当していることにも注目。
8歳馬ながら強敵相手に大崩れがなく、今回のメンバーレベルなら
好走もあると予想。天候も味方して得意な馬場になる可能性が高く
久しぶりの勝利に期待している。