読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

デイリー杯2歳S(GⅡ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅡ 京都競馬場

デイリー杯2歳S(GⅡ)枠順発表 京都競馬場 芝1600m 2016年11月12日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 タイセイスターリー 2 55.0kg 川田将雅
2 2 リナーテ 2 54.0kg 浜中俊
3 3 ボンセルヴィーソ 2 55.0kg 松山弘平
4 4 ユノディエール 2 55.0kg 四位洋文
5 5 ビーカーリー 2 54.0kg 国分恭介
6 6 ジューヌエコール 2 54.0kg 福永祐一
7 7 ディーパワンサ 2 54.0kg C・ルメール
8 サングレーザー 2 55.0kg 武豊
8 9 ベルカプリ 2 54.0kg 池添謙一
10 サンライズソア 2 55.0kg 幸 英明

 

デイリー杯2歳S(GⅡ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ディーパワンサ 2.5
2 リナーテ 2.8
3 タイセイスターリー 5.3
4 ジューヌエコール 6.0
5 サングレーザー 6.5
6 ベルカプリ 23.1
7 サンライズソア 59.2
8 ユノディエール 75.6
9 ビーカーリー 94.9
10 ボンセルヴィーソ 190.7

 

デイリー杯2歳S(GⅡ) 2016年 注目馬・穴馬

 

7枠 8番 サングレーザー

デビューから2戦目の札幌・洋芝1800M戦で初勝利を飾った
本馬。前走後は休養を取り、落ち着いた状態で本レースに
挑んでくるようだ。
本馬はディープインパクト産駒であるが、京都の外回りは
ディープ産駒の切れ味が存分に発揮される舞台であり、また
半兄のゴーハンティングやクロスボウが、マイル近辺を得意
としていたことにも注目。
さらに母父にヴァイスリージェントがいるディープ産駒は
マカヒキと同じ配合であることも興味深い。
本馬の魅力は相手なりに走れる競馬センスであり、ここまで
2戦を全く異なる適正のコースで好走できている。
しかも鞍上予定の武豊騎手は、本レース過去10年で2勝を挙げ
複勝率60.0%という好成績だ。
本馬の兄弟は勝ち上がりが早く、若駒時代に勝ち星を重ねる
馬も多く、本馬も期待の1頭と言えるだろう。

 

6枠 6番 ジューヌエコール

新馬戦→ききょうS(OP)と、2戦続けて上り最速の脚で勝ち
上がってきた本馬。
新馬戦では重馬場にもかかわらず、メンバー唯一の34秒台の
末脚を披露した。
クロフネ、母父アグネスタキオンという血統だが、アグネス
タキオン産駒は2007年から2011年まで、本レースを4年連続で
連対していたことに注目。
血統面を見ても本馬の非凡な素質がうかがえ、前に行ってよし
差してよしと、自在性のある脚質も魅力な1頭である。
また鞍上予定の福永騎手は、過去10年で本レースで8回も騎乗
しており、馬券に絡むこと5回で複勝率62.5%という数字だ。
「非常にバランスのとれた馬」との声もあり、先々まで活躍が
楽しみになりそうだ。

 

8枠 9番 ベルカプリ

前走の未勝利戦を京都・芝1600M戦で勝利した本馬。
初勝利を飾るまで5戦を要したが、いずれも逃げ・番手からの
競馬で掲示板を外しておらず、安定感の高さが魅力的な1頭で
ある。
その前走での勝ち時計1分33秒7は優秀であり、キャリアの
浅い馬同士の一戦で、豊富な経験は強調材料となるだろう。
また【前走で京都、阪神の芝1600M以上で1着となった馬】が
本レースでは好走しており、過去5年で6頭馬券に絡んでいる
ことに注目。
さらに鞍上予定の池添騎手も、京都・芝1600Mは得意な鞍上だ。
今回は本馬がハナを切る可能性が高いと予想されるが、本レース
過去10年で逃げ馬の成績は【1-2-1-6】で、複勝回収率が78%と
いう高い数字にも注目している。

 

1枠 1番 タイセイスターリー

大物感が漂う良血大型馬の本馬。半兄にはNHKマイルC(G1)の
覇者であるミッキーアイルがいる。
兄はディープインパクトの切れ味よりもスピードを受け継いだ
タイプのようだが、マンハッタンカフェの血を持つ本馬は長い
距離もこなせそうなタイプだ。
血統背景からも、京都の軽い芝にマッチしているようであり
ひと叩きした効果は大きく、初戦よりも動けると予想。
距離も1400M~1600Mなら、まず問題はないだろうと思われ
さらにマンハッタンカフェ産駒はサンデー系種牡馬となるが
本レースとサンデー系種牡馬は【1.2.1.7】で複勝率36.4%と
いう、なかなかの相性。
まだ若さを残し粗削りな本馬だが、その分だけ伸びしろも十分
あり注目している1頭である。

 

3枠 3番 ボンセルヴィーソ

デビュー戦では幼さを見せ8着に終わったが、前々走の未勝利戦で
勝ち馬から0.3秒差の4着に健闘し、前走の未勝利戦で1着と1戦毎に
良くなってきている印象の本馬。
しかも前走は、1分21秒6という好タイムで未勝利戦を脱出しており
上昇度で言えば、本馬も全くヒケを取らない1頭だ。
父は2015年度の2歳リーディングサイヤーに輝き、2016年も小倉2歳S
(G3)優勝→京王杯2歳S(G2)2着のレーヌミノルを筆頭に、数多くの
活躍馬を送り出しているダイワメジャーであることにも注目。
本レース好走血統のグレイソヴリン系を母方に持ち、父方にも好走
血統のノーザンテースト系を持っていることにも興味深い。
少し怖がりな面もあるようだが、前々走では馬群でもまれても集中力
を保ちながら走れており、使われながらレースを覚えてきたようだ。