読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

天皇賞(秋)(GⅠ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

天皇賞(秋)(GⅠ)枠順発表 東京競馬場 芝2000m 2016年10月30日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 エイシンヒカリ 5 58.0kg 武豊
2 2 クラレント 7 58.0kg 内田博幸
3 アンビシャス 4 58.0kg 横山典弘
3 4 サトノクラウン 4 58.0kg 福永祐一
5 ロゴタイプ 6 58.0kg 田辺裕信
4 6 アドマイヤデウス 5 58.0kg 岩田康誠
7 サトノノブレス 6 58.0kg A・シュタルケ
5 8 モーリス 5 58.0kg R・ムーア
9 ルージュバック 4 56.0kg 戸崎圭太
6 10 カムフィー 7 58.0kg 蛯名正義
11 ヒストリカル 7 58.0kg 田中勝春
7 12 リアルスティール 4 58.0kg M・デムーロ
13 ヤマカツエース 4 58.0kg 池添謙一
8 14 ステファノス 5 58.0kg 川田将雅
15 ラブリーデイ 6 58.0kg C・ルメール

 

天皇賞(秋)(GⅠ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 モーリス 3.5
2 ルージュバック 4.2
3 エイシンヒカリ 4.5
4 アンビシャス 5.5
5 ステファノス 7.5
6 ラブリーデイ 9.6
7 リアルスティール 11.7
8 サトノクラウン 24.8
9 サトノノブレス 57.6
10 ロゴタイプ 62.1
11 アドマイヤデウス 70.1
12 ヒストリカル 143.6
13 ヤマカツエース 238.8
14 クラレント 293.9
15 カムフィー 1194.0

 

天皇賞(秋)(GⅠ) 2016年 注目馬・穴馬

 

8枠 14番 ステファノス

2015年の本レース2着馬であり、本レース過去10年で一番多く
馬券に絡んでいるディープインパクト産駒である。
また【前走毎日王冠組】は過去5年で、7回馬券に絡んでいる
好相性のローテーションだ。
本馬は東京コース巧者でもあり、長くいい脚を使えるので
府中の2000Mはベスト条件と言えるだろう。
また過去10年、30頭中21頭が馬券に絡んでいる4~5歳馬であり
2016年は鳴尾記念(G3)で2着→宝塚記念(G1)で5着と、実力
で遜色はない一頭だ。
さらに所属の藤原厩舎は「G1で変わり身を見せる厩舎」との
声もあり、ここを完全に狙ってきている感がある。
前走の毎日王冠(G2)では直線どん詰まりで脚を余し、5着に
終ったが、一度叩いて良くなるタイプのようで巻き返すだけ
の力はあると予想。
2015年に好走した舞台だけに、2016年はそれ以上の成果が
欲しいところだ。勝負モード全開で挑んでくるだろう。

 

3枠 4番 サトノクラウン

先週の菊花賞(G1)で「サトノの呪い」は解けたようなので
馬券的に妙味があり、東京コース実績が【2.0.1.1】の本馬
に注目したい。
前走の宝塚記念(G1)では好メンバーの中、海外帰りの1戦で
あったが6着と復調気配を感じさせていた。
今回の鞍上は秋華賞(G1)で、ヴィブロスを見事に秋華賞馬にし
そして菊花賞(G1)では、レインボーラインを9番人気→2着に
持ってくる仕事を果たした福永騎手に乗り替わりなので好材料
過去に2戦、本馬の手綱を握っているが2戦2勝。勝率100%は
軽視できない数字である。
福永騎手自身も本レースで複数回馬券に絡んでおり、要注意
したい鞍上だ。
さらに本馬は、本レース過去5年で穴をあけた4頭に共通する
データに該当していることにも注目。
過去にダービー(G1)で上がり1位、東京スポーツ杯(G3)で
上がり1位、新馬戦で上がり2位と【過去に東京コースで速い
上がりを使った馬】という事だ。
このことからも本レースで通用する力はあると予想され、
サトノ&福永の勢いに期待したい一頭だ。

 

1枠 1番 エイシンヒカリ

年内引退が決まっていて、国内で走るのはこれが最後であり
そして、日本のG1を勝てるチャンスもここが最後となる本馬。
日本ではG1未勝利でも、香港Cとイスパーン賞の海外G1を
2勝している実績馬である。
そのイスパーン賞では、2着馬に10馬身差を付けての大勝利
であったが、フランス競馬界で今世紀最大の着差だったようだ。
本馬はここまで【10.0.0.3】という、勝つか凡走かハッキリ
している馬だけに掴みづらい部分はあるが、休み明けは
4戦4勝と、しっかり勝利している点は魅力的だ。
2015年の本レースでは9着に敗れているが、東京コースでは
2015年エプソムC(G3)1着→毎日王冠(G2)1着を含む、3戦
全てで勝利している得意な舞台。
自分の競馬に徹することが出来れば能力は十分であり、強敵
モーリスが、近2戦で逃げ馬に敗れていることを考えると
一番逃げそうな本馬なら勝てるのではないかと予想。
本馬の国内初G1制覇と2015年の屈辱を晴らす1戦に注目だ。

 

2枠 3番 アンビシャス

2015年本レースは4番人気→5着であったが、東京2000Mでは
プリンシパル(OP)を勝利するなど、好走歴もある。
本馬も過去10年で、一番多く馬券に絡んでいるディープイン
パクト産駒であり、30頭中21頭が馬券に絡んでいる4~5歳馬
ということから注目している一頭だ。
前走の毎日王冠(G2)では2着に好走。本レースと好相性の
【前走毎日王冠組】であり、3走前の産経大阪杯(G2)でも
キタサンブラックに勝利するなど、芝・中距離で活躍して
いる一頭である。
その毎日王冠(G2)では、差す競馬で上がり2位で2着だった
が、近年の本レースの図式は【毎日王冠で上がり上位の馬VS
スピードの持続力&機動力もある前目の馬】という形が見受
けられるようで、どちらの競馬も出来る本馬は楽しみな存在
である。
また鞍上予定の横山騎手は、本レースで複数回馬券に絡んで
いる騎手であり、複勝率42.9%と優秀だ。
2015年も同じローテーションで挑んでおり、思うような結果
は出せなかったが、持っている素材は確かであり充実した
今なら巻き返してくると予想している。

 

7枠 12番 リアルスティール

2016年ドバイターフで初G1を獲得、しかし帰国後初戦だった
安田記念(G1)では2番人気→11着と惨敗。
やはり本馬にとって1600M戦は短いようで、安定した戦績を
残している1800M~2400M戦では見直す必要がある一頭だ。
2000M戦は2015年皐月賞(G1)で2着があり、また海外G1を制し
ているので、ここでは力は上位だと言えるだろう。
さらに今回の鞍上はM・デムーロ騎手となったが、デムーロ
騎手は、本馬のライバルであったドゥラメンテに騎乗していた。
ドゥラメンテの背中を知る鞍上が、ライバルの本馬を選んだ
のは勝算があるからではないのかと予想。
さらにデムーロ騎手は、本レースで複数回馬券に絡んでいる
鞍上で、複勝率66.7%という数字であり心強い。
今回は休み明けの1戦となるが、休み明けの好走もあるように
問題なく動くことも魅力的だ。