読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

スプリンターズS(GⅠ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

スプリンターズS(GⅠ枠順発表 中山競馬場 芝1200m 2016年10月2日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ビッグアーサー 5 57.0kg 福永祐一
2 ブランボヌール 3 53.0kg 武豊
2 3 ティーハーフ 6 57.0kg 池添謙一
4 ソルヴェイグ 3 53.0kg 田辺裕信
3 5 シュウジ 3 55.0kg 川田将雅
6 ベルカント 5 55.0kg 蛯名正義
4 7 スノードラゴン 8 57.0kg 大野拓弥
8 サクラゴスペル 8 57.0kg 横山典弘
5 9 サトノルパン 5 57.0kg 和田竜二
10 レッドアリオン 6 57.0kg 川須栄彦
6 11 ダンスディレクター 6 57.0kg 浜中俊
12 レッツゴードンキ 4 55.0kg 岩田康誠
7 13 レッドファルクス 5 57.0kg M・デムーロ
14 ウリウリ 6 55.0kg 戸崎圭太
8 15 ミッキーアイル 5 57.0kg 松山弘平
16 ネロ 5 57.0kg 内田博幸

 

スプリンターズS(GⅠ 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ビッグアーサー 2.0
2 ミッキーアイル 6.2
3 ダンスディレクター 10.6
4 ブランボヌール 11.1
5 シュウジ 11.6
6 レッドファルクス 12.5
7 ネロ 12.7
8 レッツゴードンキ 17.9
9 スノードラゴン 23.0
10 ベルカント 24.1
11 ウリウリ 26.9
12 ソルヴェイグ 31.1
13 サクラゴスペル 57.9
14 サトノルパン 88.2
15 レッドアリオン 94.2
16 ティーハーフ 151.6

 

スプリンターズS(GⅠ 2016年 注目馬・穴馬

  

1枠 2番 ブランボヌール

ここまでスプリントの重賞をすでに2勝している実力馬であり
芝1200M戦では負け知らずの本馬。
一方、マイル戦で大凡走しているので安定感がないようにも
見えるが、そもそもマイルよりもスプリント適性の方が高く
距離を短縮して挑んだ前走のキーンランドC(G3)では、8枠と
いう不利な枠順にも関わらず、中団から抜け出し切れ味よく
快勝しており、この結果がフロックではないと感じる一頭だ。
また本レースはキーンランドCで、4番人気以内に推されていた
馬が好成績を残しており、キーンランドCで2番人気→1着と
なった本馬は該当していることにも注目。
2015年の馬場の傾向から、差し馬が届きやすくなっているよう
なので、斤量53Kgを活かして最後は突っ込んでくると予想。
現3歳世代屈指のスプリンターが、王者ビッグアーサーに挑む
姿に期待したい。

 

6枠 12番 レッツゴードンキ

2015年の桜花賞(G1)を逃げ切り勝ちで制した後、勝ち星から
遠ざかっている本馬だが、その間に脚質のシフトチェンジもあり
近2走はキーンランドC(G3)で3着、函館スプリンターズS(G3)
でも3着と、ここにきて復調気配が漂う一頭だ。
また先述のとおり、本レースと好相性のキーンランドC組であり
キーンランドCで3番人気→3着と好走傾向にも該当。
さらに、本レースで過去に好走した12頭に共通する興味深いデータ
【4歳馬、前走4番人気以内。そして前走5着以内】に本馬は該当
していることにも注目。
本レース過去10年(2014年新潟開催を除く)4歳馬の複勝率は
42.1%という数字であり、中でも前走で人気し上位争いに加われた
馬しか好走していないことも興味深い。
差す競馬が板に付いた今なら、本馬の真価を魅せることができ
そうな予感だ。

 

4枠 8番 サクラゴスペル

本馬は中山・芝1200戦で6戦を使われ、【3.2.0.1】という実績
であり【中山1200の鬼】と言えるだろう。
さらに2015年の本レースでも2着と好走しており、その能力は
間違い無いと感じている。
その2015年の本レースでは、休み明けにも関わらず11番人気
→2着と穴をあけており、休み明け自体が得意だと予想。
8歳という古豪ではあるが、今回の舞台でこそ走る一頭であり
2015年の2着馬が今回は人気薄なら、馬券的にも妙味がある。
また本レースは前走で馬券圏内を外した馬も、それなりに馬券に
絡んでくるレースであり、手広く考えたい1戦だ。
さらに本レース過去3年では、10番人気以下の馬が1頭は好走して
おり人気薄が予想される今回、再び【中山1200の鬼】となるのか
注目したい。

 

4枠 7番 スノードラゴン

今回4頭のGI馬が出走するが、本馬は2014年の本レースを勝った
実力馬であり、同年はJRA賞最優秀短距離馬に輝いている。
芝ダート兼用として長きにわたり活躍しているが、今回と同じ
舞台では重賞(オーシャンS)で2戦して、いずれも馬券内好走
している。
しかも2戦ともに11番人気→2着、8番人気→3着と人気薄での
好走であったことにも注目している一頭だ。
また本レースで最多の3着以内馬を輩出している、前走セント
ウルS組であり、さらにセントウルSの斤量別成績を見ると
牡馬なら斤量57Kg以上が好成績を収めていることに注目。
本馬は前走セントウルS(G2)で、斤量57Kgで5着と掲示板を
確保。勝ち馬に0.3秒差と健闘している。
今回の相手は手強くなるが古豪健在を示し、ここでの好走に
期待したい。

 

6枠 11番 ダンスディレクター

本馬も本レースと好相性の前走セントウルS組であり、7着という
案外の結果に終わったが、過去10年の本レース3着以内の30頭中
14頭がセントウルS組であり、特にセントウルSで1~7着であった
馬は好走傾向にあることに注目している。
その前走は開幕週のうえに内前が有利な馬場の中、後方からの
競馬となったことも敗因だと予想。
しかし本番を意識しての【ひと叩き】であったと思われ悲観する
内容ではないだろう。
本馬は2015年の阪神C(G2)、2016年のシルクロードS(G3)でも
強豪ビッグアーサーに先着している実力馬だ。
そのポテンシャルはG1級であると思われ、前走の敗戦で人気が
落ちるなら押さえたい一頭だ。

 

2枠 4番 ソルヴェイグ

もともとは1400M以下を使われていた本馬だが、2016年は桜花賞
(G1)に挑戦。マイル戦での結果は17着と大敗であった。
その後は潔く距離短縮を選択し、函館スプリントS(G3)に参戦
12番人気の低評価を覆し、見事に重賞2勝目を飾っている。
本馬も本レースと好相性のキーンランドC組であり、4番人気→
4着と健闘している。
また勝ち馬ブランボヌールとの差は0.3秒であり、前哨戦として
悲観する内容ではないであろう。
さらに先述のとおり本レースでは、キーランドCで4番人気以内に
推されていた馬が好成績を収めており、本馬は該当。
今年は新興勢力が本当にアツいと言われているが、その中でも
人気薄の本馬は馬券的に妙味あり。
G1を勝つには大きな壁が立ち塞がっているが、乗り越えて欲しい
一頭である。