読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

神戸新聞杯(GⅡ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

神戸新聞杯(GⅡ)枠順発表 阪神競馬場 芝2400m 2016年9月25日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ヒルノマゼラン 3 56.0kg 古川吉洋
2 2 ジョルジュサンク 3 56.0kg 幸 英明
3 ロードランウェイ 3 56.0kg 川田将雅
3 4 ロードヴァンドール 3 56.0kg 太宰啓介
5 カフジプリンス 3 56.0kg 岩田康誠
4 6 マイネルラフレシア 3 56.0kg 松若風馬
7 エアスピネル 3 56.0kg 武豊
5 8 ナムラシングン 3 56.0kg 池添謙一
9 トゥルーハート 3 56.0kg 秋山真一郎
6 10 ワンスインアライフ 3 56.0kg 北村友一
11 アグネスフォルテ 3 56.0kg 松山弘平
7 12 レッドエルディスト 3 56.0kg 四位洋文
13 イモータル 3 56.0kg 浜中俊
8 14 サトノダイヤモンド 3 56.0kg C・ルメール
15 ミッキーロケット 3 56.0kg 和田竜二

 

神戸新聞杯(GⅡ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 サトノダイヤモンド 1.6
2 エアスピネル 3.4
3 ナムラシングン 8.1
4 レッドエルディスト 10.3
5 ミッキーロケット 14.5
6 イモータル 20.9
7 カフジプリンス 26.1
8 ジョルジュサンク 45.0
9 アグネスフォルテ 82.3
10 マイネルラフレシア 121.9
11 ロードヴァンドール 148.5
12 ワンスインアライフ 186.1
13 ロードランウェイ 281.3
14 トゥルーハート 358.0
15 ヒルノマゼラン 404.4

 

神戸新聞杯(GⅡ) 2016年 注目馬・穴馬

 

4枠 7番 エアスピネル

デビュー当初から精神面の幼さが目立つ本馬であったが、その
能力は3歳世代屈指の一頭だと言えるだろう。
前々走の皐月賞(G1)と前走のダービー(G1)は、共に4着と
両レースの上位3頭に、力負けした感の残る結果であったが
今回はライバル不在の中、トライアルレースということもあり
ここでの勝機は十分にあると予想。
また鞍上の武豊騎手は過去の本レースで大活躍しており、8回の
騎乗で4回連に絡んでいる鞍上だ。
さらに人気馬だけに限定したデータになるが、キングカメハメハ
産駒が好走傾向にあるレースであることにも注目。
母のエアメサイアも、2005年の桜花賞(G1)とオークス(G1)で
負けた後に大きく成長したように、本馬が夏を経て、大きく成長
する可能性に期待している。

 

3枠 5番 カフジプリンス

ダートで使われた7戦で、未勝利であったことから芝に転向すると
そこからは長距離路線で結果を出し、3勝をマーク。
前々走の阿寒湖特別(1000万下)では、強烈な末脚を披露するなど
夏を戦ってきた上り馬の強さを感じさせる一頭だ。
本馬はスタミナとパワーに問題はなく、本質的には小回りコース
向きではないようなので、広いコースは合っている印象だ。
また前走の丹頂S(OP)では、鞍上が動けず脚を出し切れなかった
事が原因と思われ6着に終わったが、不完全燃焼だった前走の鬱憤
を晴らすべく、ここは好走してくれると予想。
さらに本馬が菊花賞に出走した場合、穴人気になると予想され
直結する本レースで【先物買いして損は無い】という声もある。
本レースは条件戦からの上がり馬(1000万下)にも要注意であり
ここでの激走に期待したい一頭である。

 

7枠 12番 レッドエルディスト

3走前の大寒桜賞(500万下)を後方待機から直線で差し切って
快勝した本馬。
その大寒桜賞(500万下)がいわゆる【出世レース】であること
に注目したい。
大寒桜賞優勝馬は、2012年のトーセンホマレボシは同年ダービー
3着馬となり、2013年のラストインパクトは2015年のジャパンC
2着馬となるなど、後のG1で活躍している。
その大寒桜賞を厳しいポジションから勝利しており、評価できる
内容であったことから注目している一頭だ。
本馬の好走パターンは脚を溜めてからの直線勝負と、一辺倒では
あるが今回の舞台自体、差しが決まりやすい傾向にあるので展開
さえ向けば、上位にこれるだけの能力はあると予想。
まだキャリアは浅く伸びしろは十分な一頭であり、成長度合いが
問われる1戦と言えるだろう。

 

6枠 11番 アグネスフォルテ

ハービンジャー産駒である本馬は、心肺能力の高さやスタミナが
要求されるレースには強い血統だと思われる。
前走のダービー(G1)は、瞬発力を要求される流れとなり14着と
大敗したが、持久力を活かすことができそうな今回の舞台替わりは
プラスに働くと予想。
また2015年の本レース3着のトーセンバジルも、ハービンジャー産駒
であることから注目している一頭だ。
本レースの傾向に、3着以内に中穴(5人気-9人気)が入ってくると
いう声もあり、9番人気でダービー大敗からの巻き返しを狙う本馬は
要注意したい存在である。
春は折り合いに課題のあった本馬だが、ひと夏を越して英気を養い
成長したその姿に期待したい。

 

2枠 2番 ジョルジュサンク

デビュー当初から長めの距離で使われ、息の長い活躍を続けて
いる本馬。
近2走は1800M戦で使われ結果はそれなりであったが、やはり
長い距離で積極策を取って、しぶとさを活かす競馬が合って
いる印象である。
また距離の長い、菊花賞向きという声もありここで注目して
いる一頭だ。
春は強いメンバーと何度も戦ってきた経験もあり、坂にも強く
先行力は魅力的である。
すみれS(OP)ではブラックスピネルに勝利しており、前走の
ラジオNIKKEI賞(G3)でも、勝ち馬ゼーヴィントから0.3秒差と
僅差であったことは評価したい。
あと一歩足りない印象もある本馬だが、タフな展開になった時
には怖い存在となるであろう。