読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

セントライト記念(GⅡ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

セントライト記念(GⅡ)枠順発表 中山競馬場 芝2200m 2016年9月18日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 メートルダール 3 56.0kg 北村宏司
2 2 ピースマインド 3 56.0kg 大野拓弥
3 3 プロフェット 3 56.0kg 石橋修
4 4 ディーマジェスティ 3 56.0kg 蛯名正義
5 5 マウントロブソン 3 56.0kg 川田将雅
6 キークラッカー 3 56.0kg 柴田大知
6 7 ネイチャーレット 3 56.0kg 野中悠太郎
8 ケンホファヴァルト 3 56.0kg 柴田善臣
7 9 プロディガルサン 3 56.0kg 田辺裕信
10 ゼーヴィント 3 56.0kg 戸崎圭太
8 11 ノーブルマー 3 56.0kg 高倉稜
12 ステイパーシスト 3 56.0kg 吉田豊

 

セントライト記念(GⅡ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ディーマジェスティ 1.7
2 ゼーヴィント 4.3
3 マウントロブソン 5.3
4 プロディガルサン 7.5
5 メートルダール 9.5
6 プロフェット 22.9
7 ノーブルマー 51.8
8 ステイパーシスト 60.0
9 キークラッカー 135.5
10 ピースマインド 154.7
11 ケンホファヴァルト 191.9
12 ネイチャーレット 211.7

 

セントライト記念(GⅡ) 2016年 注目馬・穴馬

 

7枠 10番 ゼーヴィント

本馬の注目すべき点は、未だに右回りコースでは無敗である
(中山2勝、福島1勝)ことだ。
しかも今回の舞台である、中山コースでの連勝実績があるので
適性は十分であろう。
また母父のブライアンズタイムは、先週の中山コースで京成杯AH
(G3)で2着に好走した、カフェブリリアントなど中山重賞で
好走する産駒を輩出しており、成長力次第では一発狙える可能性
もありだ。
もともとは出遅れ癖のある本馬であったが、勢いのある鞍上
戸崎騎手の好アシストもあり、前走のラジオNIKKEI賞(G3)を
制している。
その戸崎騎手は9回連続連対中であり、2016年は重賞クラスで
1,2番人気の馬は、ほぼ連対させている鞍上である。
馬券になる確率はかなり高いと予想され、ここで外すことは
できない一頭となった。

 

1枠 1番 メートルダール

ここまで安定した走りを見せており、7戦して3着内を外したのは
青葉賞(G2)の5着だけという、堅実な走りが魅力的な一頭だ。
京成杯(G3)で3着→共同通信杯(G3)でも3着と、重賞での好走
実績もあり、共同通信杯(G3)では勝ち馬ディーマジェスティ
0.3秒差の競馬をしている。
今回は早めの夏休みに入りジックリ充電した後、菊の権利をもぎ
取りにきたようだ。
また今回の鞍上の北村騎手は、本レース過去10年で3勝の好成績を
残しており、人気薄の6番人気や9番人気の馬で、度々波乱を演出
してくれる鞍上だ。
堅実に走れているというところでは評価したい本馬ではあるが
ワンパンチ足りない印象もある。
本レースと好相性の鞍上とともに、波乱を巻き起こす1戦となるか
期待したい。

 

5枠 6番 キークラッカー

条件戦ではあるが、2000M超えのレースで2連勝と上昇中の本馬。
ジャングルポケット、母父ステイゴールドという血統面からも
今回の舞台が合っていそうな印象だ。
また本レースでは、条件戦は新潟を使ってきた馬から勝ち馬が
出てきているようで【前走が新潟の条件戦】の本馬は該当。
さらに馬体重が、500kg以上の馬の活躍が目立つレースであり
本馬は502Kg【馬体重が前走で500kg以上】であった。
こういった傾向から穴馬を考えると、近2走で新潟芝を連続で
逃げ切り勝ちした本馬は面白い存在。
しかも3走前の未勝利戦では、道中の中団から位置を下げて
差し込んでの4着と、逃げ一辺倒ではないこともアピールした。
また非根幹距離での実績が重要な今回、前走で勝利している
ことも興味深く、ここでの好走に期待したい一頭だ。

 

5枠 5番 マウントロブソン

デビューから3走前のスプリングS(G2)までは、3勝2着2回と連対率
100%をキープしていた本馬。
スプリングスS(G2)を含み、中山コースでは2戦2勝と中山適性は
間違いないことから注目している一頭だ。
前々走の皐月賞(G1)6着→前走のダービー(G1)7着と結果を残せ
なかったが、掲示板内の好走をした5頭が飛び抜けていたこともあり
本馬自身は大きく崩れていないと言えるだろう。
今回はその2戦に比べると相手関係はグッと楽になるので、好走の
チャンスは十分にあると予想。
また本レースは、ダービーからの直行組は相性が良い印象であり
さらに過去3年の勝ち馬の傾向「3走前に芝1800Mで勝利した馬」に
本馬は該当。
2014年のイスラボニータ、2015年のキタサンブラックがこの傾向に
該当していることが興味深く、重賞2勝目となるか注目している。