読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

新潟記念(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

新潟記念(GⅢ)枠順発表 新潟競馬場 芝2000m 2016年9月4日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ベルーフ 4 57.0kg 田辺裕信
2 エキストラエンド 7 57.0kg 岩田康誠
2 3 ダコール 8 58.0kg M・デムーロ
4 バーディーイーグル 6 54.0kg 蛯名正義
3 5 マジェスティハーツ 6 55.0kg 森一馬
6 アロマカフェ 9 54.0kg 木幡巧也
4 7 ファントムライト 7 55.0kg 内田博幸
8 ルミナスウォリアー 5 55.0kg 柴山雄一
5 9 メイショウナルト 8 セン 56.0kg 柴田善臣
10 マイネルミラノ 6 57.5kg 柴田大知
6 11 マイネルディーン 7 54.0kg 石川裕紀人
12 ロンギングダンサー 7 53.0kg 吉田豊
7 13 サトノギャラント 7 55.0kg 北村宏司
7 14 アルバートドック 4 58.0kg 戸崎圭太
7 15 エーシンマックス 6 53.0kg 石橋修
8 16 ムスカテール 8 57.0kg 津村明秀
8 17 アデイインザライフ 5 55.0kg 横山典弘
8 18 クランモンタナ 7 56.0kg 和田竜二

 

新潟記念(GⅢ 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 アルバートドック 3.6
2 ダコール 5.1
3 アデイインザライフ 6.1
4 マイネルミラノ 7.0
5 ベルーフ 7.9
6 ルミナスウォリアー 10.7
7 ファントムライト 10.9
8 エキストラエンド 12.4
9 クランモンタナ 17.1
10 バーディーイーグル 26.9
11 ロンギングダンサー 41.2
12 マジェスティハーツ 47.1
13 エーシンマックス 76.2
14 サトノギャラント 87.7
15 マイネルディーン 154.9
16 メイショウナルト 279.6
17 アロマカフェ 302.1
18 ムスカテール 307.8

 

新潟記念(GⅢ 2016年 注目馬・穴馬

 

8枠 18番 クランモンタナ

前走の小倉記念(G3)では積極的なレース運びで勝利した本馬。
12頭立ての11番人気という低評価を覆し、手にした勝利であった。
また本レースと相性の良い小倉記念経由であり、特に前走から
斤量増の馬は複勝率40.0%と好調な成績を収めている。
今回、本馬は重賞勝ちにより斤量2Kg増の56kgとなっており
また2014年の本レースでは2着と好走している。
リピーターに要注意な本レースだけに、ここでも不気味な
一頭と言えるだろう。
さらに、本レースで好走が見られるのは【中穴帯のゾーン】に
いる馬であり、勝ち切るケースは少ないがコンスタントに好走
できているというデータがある。
2015年はマイネルミラノが9番人気→2着、ファントムライトが
13番人気→3着と好走しており、人気薄【中穴帯のゾーン】に
いる本馬は、この傾向にも該当している。
本馬は夏の暑い時季が向いており、前走で2年振りの勝利を
思い出しただけに注目している。

 

5枠 10番 マイネルミラノ

2015年の本レース2着馬であり、前走の函館記念(G3)では
鮮やかな逃げ切り勝ちで、待望の重賞初制覇を達成した。
今回は札幌記念を回避しての出走となるが、札幌記念には
モーリスの出走もあり、今回は2015年2着と好走している
舞台であるということから【サマー2000王者の称号】狙い
をここに定めたと予想される。
ここで3着以内に入れば、札幌記念の覇者ネオリアリズムを
かわせる計算となるだけに、夏競馬の集大成となる1戦だ。
また本馬も、本レースと好相性の函館記念経由組であり
複勝率40.0%という、前走から斤量増の馬であることにも
注目している一頭である。
ハイパワーな先行力を見せつけた前走は、展開に恵まれた
感もある1戦であったが、今回のメンバー中で実力上位は
間違いなく、狙うは【サマー2000王者の称号】であろう。

 

2枠 3番 ダコール

本馬は8歳馬にも関わらず、堅実無比な走りが魅力的であり
能力の衰えを感じられないベテランだ。
戦績を見ても、コースを問わずに安定した成績を残しており
さらに今回と同じ舞台の新潟大賞典(G3)を2015年に勝利、
2013年には3着と好走しており、高い適性を見せている。
本レースはコース適性が大きく関わっている1戦ということ
から、注目している一頭だ。
また夏の暑い時期の重賞参戦が目立ち、大きく崩れていない
のも心強く、2016年は七夕賞(G3)2着と小倉記念(G3)4着と
好走。七夕賞から小倉記念を経て、本レースへというローテー
ションは3年連続であり、さらに近走の好走パターンが隔走
ごとという点にも注目したい。
もしも今回、この好走パターンに該当するのであれば馬券に
絡んでくることが期待できるであろう。

 

4枠 8番 ルミナスウォリアー

晩成タイプが多いと言われるオペラハウス系を象徴するかの
ように、緩やかな成長曲線を描きながら5歳にしてOP入りを
果たした本馬。
重賞初挑戦となった前走の七夕賞(G3)は、ハイペースな展開
について行けず、道中で馬群に離されての追走となった。
結果は8着に終わったが、この1戦だけでは見限れず悲観する
内容ではないだろう。
また今回は得意の左回りコースとなり、新潟コースでも2戦2勝
と好相性の舞台替わりであり、適性を考えても十分にやれる
1戦であると予想される。
ここまで準OP戦以下では抜群の安定感を見せており、全5勝の
うち4勝を2000M戦で挙げていることにも注目したい。
今回2度目の重賞挑戦となるが、まだ力を出し切っていない感
があり、ここでの好走に期待したい一頭である。

 

4枠 7番 ファントムライト

2015年の本レース3着馬であり、前走の函館記念(G3)を除けば
2000M戦で一度も崩れていない本馬。全て3着以内であったこと
から注目の一頭となった。
その前走の函館記念(G3)では、内枠しか来れない馬場で大外枠
となる運の無さと、馬体重もプラス14Kgで間隔が開いていた。
勝負度合いは低かったと思われ、度外視していい結果といえる
だろう。
また本馬の新潟コースとの相性は4戦1勝、2着2回、3着1回と
ベストだと思われる舞台であり、さらに今回は一度叩かれて
状態も仕上げてくると予想される。
本馬は道悪やタフなコースの方がしっかり走れる印象なので
当日の馬場にも注目したい。

 

6枠 12番ロンギングダンサー

地味な印象の本馬だが新潟適正は抜群であり、新潟コースでの
5戦で2勝、3着1回(着外2回)をマークしている。
その2回の着外も4着と6着であり、大崩れしていないことから
注目の一頭となった。
また2015年の本レースでは4着と健闘しており、時として大駆け
があることにも注目したい。
さらに本馬の注目すべき点に休み明けの好走があり、休み明け
で4勝、2着1回という成績を挙げている。
今回は【抜群の新潟適正に休み明けの好走】が期待され、鞍上
が主戦の吉田騎手に戻ることからも、4ヶ月空けてここを狙って
きたのだと予想される。
しかも人気が落ちると予想され、今回は本当に狙い目だと思わ
せる一頭である。