読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

北九州記念(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

小倉競馬場 GⅢ

北九州記念(GⅢ)枠順発表 小倉競馬場 芝1200m 2016年8月21日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ラインスピリット 5 55.0kg 幸 英明
2 2 ヤマニンプチガトー 7 51.0kg 村田一誠
3 3 ローズミラクル 6 54.0kg 松山弘平
4 4 ベルルミエール 5 53.0kg 太宰啓介
5 ベルカント 5 56.0kg M・デムーロ
5 6 メイショウライナー 6 54.0kg D.バルジュー
7 マイネルエテルネル 6 54.0kg 和田竜二
6 8 オウノミチ 5 54.0kg 川田将雅
9 バクシンテイオー 7 54.0kg 藤岡康太
7 10 フルールシチー 5 50.0kg 義 英真
11 プリンセスムーン 6 54.0kg 北村友一
8 12 ジャストドゥイング 4 54.0kg 石橋修
13 ラヴァーズポイント 6 51.0kg 松若風馬

 

北九州記念(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ベルカント 1.8
2 オウノミチ 6.7
3 ラヴァーズポイント 7.3
4 プリンセスムーン 8.5
5 ジャストドゥイング 10.6
6 バクシンテイオー 13.4
7 マイネルエテルネル 18.7
8 ベルルミエール 19.4
9 フルールシチー 20.4
10 ローズミラクル 23.3
11 メイショウライナー 50.6
12 ラインスピリット 83.5
13 ヤマニンプチガトー 119.9

 

北九州記念(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

8枠 13番 ラヴァーズポイント

前走のCBC賞(G3)では格上挑戦の身で2着と好走し、ここでも
結果を出すことができるのか注目している一頭だ。
今回と同じ舞台では、メンバー中最多の3勝をマークしており
小倉全体でも【3-1-2-2】と好相性。
今回、強敵ベルカント以外は重賞を勝てていないメンバー構成
だけに、上手く噛み合えばやれるだけの力は持っているように
思われる。
また鞍上は、マーメイドS(G3)でリラヴァティを6番人気→1着
先週の関屋記念(G3)では、ダノンリバティを7番人気→2着に
好走させた注目株の松若騎手を予定しており、ここでの手腕に
期待したい1戦である。

 

8枠 12番 ジャストドゥイング

7月の福島では、前々走のテレビユー福島賞(1600万下)2着→
前走のバーデンバーデンC(OP)1着と存在感を見せ、勢いに
乗っての挑戦となった本馬。
心身共に充実している印象であり、伸びしろも充分な一頭だ。
本レース過去5年の連対馬を見てみると【斤量52Kg~55.5Kgの
5歳以下の馬】が連対を独占しており、4歳で斤量54Kgの本馬は
該当していることに注目している。
また先行脚質は小回りの小倉コースにピッタリであり、戦績
からも【ローカル&小回り向きな馬】であることが伺える。
守ることなく攻めの競馬で、前々の競馬ができれば重賞初制覇
も夢ではないだろう。

 

7枠 10番 フルールシチー

今回の舞台である、小倉・芝1200Mに抜群の適性を誇っている
サクラバクシンオー産駒の本馬。
小倉コースでの勝率が15%、連対率や複勝率もとても高く
狙い目の産駒であることから注目している。
また本レース過去5年で、前走条件戦を勝っている馬は10頭
出走して【複勝率60%】というデータもあり、前走の白河
特別(1000万下)で勝利した本馬は該当していることに注目だ。
さらに、ここ10年途切れることなく好走馬が出てきている
【前走から斤量減の馬】であり、前走54Kg→今回50Kgという
点も好走傾向に合っており、ここでの好走に期待したい一頭
となった。

 

4枠 4番 ベルルミエール

2015年の本レース3着馬であり、デビュー戦でも今回の舞台で
勝利するなど、まずまずの適性である本馬。
かれこれ7戦連続馬券外のレースが続いているが、出遅れや
展開が向かなかったりでの敗戦が続いているようだ。
しかし鞍上が太宰騎手に変わってからは、出遅れも改善された
ように思われ、展開次第では十分に復活の余地はある一頭だ。
また先述のとおり本馬も、本レース過去5年の連対を独占して
いる【斤量52Kg~55.5Kgの5歳以下の馬】であり、5歳となった
今年も2015年と同じ斤量53Kgで出走可能なことも好材料
今回の展開次第では、外から差しが決まる流れも予想され
最後には必ずいい脚で伸びてきている本馬だけに、侮れない
存在と言えるだろう。

 

5枠 7番 マイネルエテルネル

夏場は得意なタイプで、これまでの4勝すべてを7~9月の夏競馬
でマークしている本馬。
前走のアイビスサマーD(G3)は、約5か月ぶりの出走に加えて
初挑戦の直線競馬であったこともあり、9着に終わった。
もともと本馬は、休養明けの初戦はそれほど走らないタイプの
ようで、さらに減った馬体重を戻しながらの参戦ということも
あり度外視してよいレースと言えるだろう。
しかし今回は実戦を1度使われた上積みに期待したく、ここまで
2勝を挙げている得意な舞台へと替わる。
斤量も前走から2kg減となり、本レースで好走馬が出てきている
【前走から斤量減の馬】であることにも注意したい一頭だ。