読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

関屋記念(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅢ 新潟競馬場

関屋記念(GⅢ)枠順発表 新潟競馬場 芝1600m 2016年8月14日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 サトノギャラント 7 56.0kg 柴田善臣
2 クラリティスカイ 4 56.0kg 田辺裕信
2 3 クリノタカラチャン 6 54.0kg 村田一誠
4 ピークトラム 5 56.0kg 小牧太
3 5 ダンスアミーガ 5 54.0kg 石橋修
6 ケントオー 4 56.0kg 和田竜二
4 7 マジックタイム 5 54.0kg C・ルメール
8 アルマディヴァン 6 54.0kg 横山典弘
5 9 ラングレー 5 56.0kg 蛯名正義
10 レッドアリオン 6 58.0kg 内田博幸
6 11 ロサギガンティア 5 57.0kg M・デムーロ
12 ダノンリバティ 4 56.0kg 松若風馬
7 13 カレンケカリーナ 6 54.0kg 津村明秀
7 14 マジェスティハーツ 6 56.0kg 北村友一
7 15 リーサルウェポン 5 54.0kg 大野拓弥
8 16 マイネルアウラート 5 56.0kg 柴田大知
8 17 ヤングマンパワー 4 56.0kg 戸崎圭太
8 18 タガノエトワール 5 54.0kg 酒井 学

 

関屋記念(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 マジックタイム 3.6
2 ヤングマンパワー 4.3
3 ピークトラム 5.4
4 ロサギガンティア 5.5
5 ケントオー 8.6
6 ラングレー 8.9
7 ダノンリバティ 19.4
8 クラリティスカイ 25.9
9 レッドアリオン 27.2
10 マジェスティハーツ 37.8
11 マイネルアウラート 45.9
12 サトノギャラント 48.1
13 ダンスアミーガ 61.5
14 アルマディヴァン 93.1
15 リーサルウェポン 95.0
16 カレンケカリーナ 113.7
17 タガノエトワール 130.1
18 クリノタカラチャン 1776.0

 

関屋記念(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

 

8枠 17番 ヤングマンパワー

2015年の本レース3着馬であり、前々走の谷川岳S(OP)では
今回と同じ舞台で首差の2着、3走前の福島民放杯(OP)でも
2着と好走しており充実期を感じる本馬。
新潟マイル適性があることは確かであり、近走の調子がいい
ことから注目している。
2015年の本レース当時は太め残りでの参戦だったが、それでも
好走できたのは、本馬の能力とコース適性の高さの証明で
あったと言えるだろう。
また近年の本レースは先行馬が有利な傾向にあり、先行して
速い上がりが使える馬の好走が目立つ。
今回も課題であるゲートを上手くでて、前目で競馬が出来れば
好走が期待できる一頭だ。
さらに鞍上は先週、レパードSをグレンツェントで制している
戸崎騎手が引き続き騎乗予定であり心強い。
まだまだ伸びしろ十分の4歳馬が、飛躍の時を迎えた1戦だ。

 

3枠 6番 ケントオー

前走の中京記念(G3)では、絶望的な位置から最速の脚で追い
込み3着と好走した本馬。
この左回りコースでの好走は、本馬にとって収穫の大きな1戦で
あったと言えるだろう。
また近2走で調子を上げてきており、1600M戦でも大崩れはなく
安定した走りをみせていることにも注目だ。
さらに、これまで挙げた5勝は全て人気以上の走りで勝利して
おり今回もこのパターンとなることに期待したい。
今回の舞台は1度しか経験はないが、1600M戦のG3クラスで
あれば3着以内なら手が届くように思われる一頭である。
本馬の成長を最も間近で感じている陣営が「自在性がでてきて
末脚に磨きが掛かってきた」とコメント。
この成長の証を新潟の長い直線で活かせた時には怖い存在だ。

 

1枠 2番 クラリティスカイ

2015年のNHKマイルC(G1)を制した後は、二桁着順が続き試練の
時を迎えている本馬。
しかし今回の鞍上は【復活請負人】田辺騎手を予定しており
前に行く馬が少ない今回、恐らく逃げの手に出るであろうと
予想され脚質的に注目している一頭だ。
その田辺騎手は安田記念(G1)でロゴタイプ、ダート重賞で
コパノリッキーを復活させた【再生工場】である。
また本レース過去10年、前走がG1・G3だった馬が好走する傾向
にあり、意外にも【前走好走組よりも前走惨敗組】の巻き返しが
目立つ1戦であることにも注目だ。
本馬は前走のプロキオンS (G3)で13着。前走G3で惨敗組であり
好走傾向に該当している。
今回は久しぶりに56Kgで出走できるのに加え、現在開催の新潟
芝コースは前残りの馬が目立つことから、ここでの巻き返しに
期待したい。

 

5枠 10番 レッドアリオン

2015年の本レース勝ち馬であり、その後は調子が悪く二桁着順
が続いている本馬。
前走の安田記念(G1)を10着と大敗、しかし2012年の本レース
勝ち馬のドナウブルーは、前走安田記念10着からの巻き返し
をしており、大敗からの巻き返しが目立つ本レースではマーク
が必要な一頭となった。
さらに前走レース別成績を見ると、安田記念からの出走馬は
【2-1-1-4】と半数が馬券に絡んでいる結果である。
2015年は予想外の逃げの戦法で勝利したが、今回もこれと
いった逃げ馬がおらず、陣営は積極策を示唆している。
出負け癖もあり、なかなか難儀な本馬だが出負け癖をリカバー
しやすい新潟マイルで連覇となるか注目だ。

 

4枠 8番 アルマディヴァン

昨年の本レースでは4着となった本馬。新潟芝コースでは3勝
2着をマークし、好相性の舞台であることから注目している。
本馬は左回りコースを得意としており、3着内率は50%を超えて
いる【左回り巧者】の一頭だ。
また前走の中京記念(G3)では8着の凡走であったが、本レース
2014年の勝ち馬クラレント、2015年の勝ち馬レッドアリオン
ともに、前走の中京記念(G3)で8着からの巻き返しという
共通点があることも興味深い。
さらに夏競馬で活躍が目立つ牝馬であり、夏場に大きく崩れて
いないところも魅力的だ。
今回、3年連続で【中京記念8着馬の勝利】などという事も予想
され楽しみな1戦となった。

 

6枠 12番 ダノンリバティ

これまで夏の新潟開催では芝、ダートを含めた3戦で2勝、2着1回
と好成績をマークしており夏場を得意としている本馬。
ここまで挙げた全3勝のうち、中2週での出走で2勝を挙げており
今回も中2週で出走してくる好走パターンである。
3ヶ月ぶりとなった前走の中京記念(G3)では、大外から脚を伸ば
して5着と掲示板を確保。今回は叩かれたことで、体調面の上積み
が見込める予感だ。
また2014年の本レースは馬券内の全ての馬が【芝1800MのOPクラス
以上で連対実績がある馬】であり複勝率も42%であった。
本馬はこのデータに該当しており、ここでの好走に期待したい
一頭である。