読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

中京記念(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅢ 中京競馬場

中京記念(GⅢ)枠順発表 中京競馬場 芝1600m 2016年7月24日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 カオスモス 6 56.0kg 松若風馬
2 ワキノブレイブ 6 56.0kg D.ホワイト
2 3 スマートオリオン 6 57.5kg 武 幸四郎
4 マイネルアウラート 5 56.0kg 松山弘平
3 5 タガノエトワール 5 53.0kg 酒井 学
6 トウショウドラフタ 3 54.0kg 田辺裕信
4 7 ピークトラム 5 56.0kg 小牧太
8 ダッシングブレイズ 4 56.0kg C・ルメール
5 9 カレンケカリーナ 6 53.0kg 鮫島克駿
10 アルマディヴァン 6 53.0kg 幸 英明
6 11 ダノンリバティ 4 56.0kg 武豊
12 ケントオー 4 56.0kg 和田竜二
7 13 ガリバルディ 5 55.0kg 福永祐一
14 ダンスアミーガ 5 53.0kg M.デュプレシス
8 15 タガノエスプレッソ 4 55.0kg M・デムーロ
16 ダローネガ 7 55.0kg 藤岡康太

 

中京記念(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ダッシングブレイズ 3.2
2 トウショウドラフタ 5.5
3 ダノンリバティ 7.1
4 タガノエスプレッソ 7.3
5 ピークトラム 7.6
6 ケントオー 8.2
7 ガリバルディ 11.3
8 マイネルアウラート 14.2
9 スマートオリオン 19.8
10 アルマディヴァン 29.0
11 ダローネガ 39.6
12 タガノエトワール 46.4
13 カレンケカリーナ 78.4
14 ダンスアミーガ 78.9
15 カオスモス 87.3
16 ワキノブレイブ 131.1

 

中京記念(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

 

8枠 15番 タガノエスプレッソ

前走の豊明S(1600万下)で今回と同じ舞台を逃げ切りで
勝利した本馬。
今回のメンバーに目立った先行馬がいないので、展開的
にも注目したい一頭である。
2014年にはデイリー杯2歳S(G2)を勝利。2015年には弥生賞
(G2)で3着と実績はあるものの、近走は案外の成績が続いて
いた。
しかし本馬は母父キングカメハメハ、母母父がトニービン
いう今回の舞台の好走血統であることに注目したい。
本レース過去4年でトニービンの血を持つ馬、2頭が2回馬券に
絡んでいる好相性の血統だ。
2015年の本レースは例年よりも軽めの馬場や展開の中、やはり
勝ち馬にはトニービンの血(スマートオリオン)があった。
荒れに荒れる本レース、ここは素直に血統面から好走に期待
したい一頭だ。

 

6枠 11番 ダノンリバティ

本馬も好走血統のキングカメハメハ産駒であり、2015年には
ダートを使われ1勝、2着2回をマークしている。
2016年に入ると再び芝へ転向、前々走の六甲S(OP)を勝利した
が前走のマイラーズC(G2)では12着に終わっている。
しかしマイラーズC(G2)は内が有利な馬場の中、外を回して
負けており苦しい展開であった。
そのマイラーズC(G2)で外を回して負けた馬には、フィエロ
(安田記念3着)、アルバートドック(七夕賞1着)など後に活躍
している馬がいることから、本馬にも注目している。
また本レース過去4年の【前走クラス別成績】を見ると、前走
がOPまたはG2以上の馬が好走しており、前走G2の本馬は該当
している。
さらに過去4年の【ハンデ別成績】に56~57kgのハンデの馬が
強いとあり、今回56Kgということにも注目している一頭だ。

 

5枠 10番 アルマディヴァン

2015年の本レースで13番人気→2番と好走。大きな穴を開けて
くれたことから注目している一頭だ。
本レースの好走傾向にリピーター(馬券に絡んだ実績がある)が
多く、また過去4年で2012年と2015年に牝馬が馬券に絡んでいる
ことにも注目したい。
本馬は左回りでの経験も多く、戦績を見るとマイルがベストの
ように思われる。
特に今回の舞台とは相性が良いようで6戦1勝、2着2回、3着1回
という実績がある。
また本レースの気になる傾向として、近走の成績が不振でも
【重賞実績や中京コースでの好走】がある馬には要注意とあり
この傾向に本馬が該当していることにも注目だ。

 

5枠 9番 カレンケカリーナ

本馬は左回りコースを得意としており、ベストな距離は1600~
1800Mと今回の舞台に向いていることから注目している。
実際に今回の舞台、中京コースでも2勝2着2回をマークしており
好走が期待される一頭である。
また夏場は得意なようで、暑い時期に好走している点は魅力的。
今回は3ヶ月ぶりのレースだが、これまでも休み明けで好走して
おり問題はないであろう。
本馬も父方に好走血統のトニービンの血を持っており、母方には
欧州血統を持っている。
本レース過去4年で、ほとんどの好走馬が母方に欧州血統をもって
いるという特徴が見られ、この配合は要注目したい血統背景だ。

 

8枠 16番 ダローネガ

2015年の本レース3着馬であり、2014年からは一貫して1600M戦
で使われていることから、注目の一頭となった本馬。
2015年の本レースを最後に、その後一度も馬券に絡んでいないが
大敗というのもあまりなく(12着が1回)、相手なりに走れる
タイプのように思われる。
また先述のとおり、過去4年の本レースではリピーターの活躍が
多く、2012年1着のフラガラッハ ⇒ 2013年1着もフラガラッハ
2013年2着のミッキードリーム ⇒ 2014年2着もミッキードリーム
という結果となっている。
この傾向からもここを狙ってのローテーションだと思われ、今回
も好走に期待したい一頭である。
近年の中京コースは差しが決まりやすい傾向にあるようで、去年の
ように、直線で外からの差しが決まる展開となれば怖い存在となる
であろう。

 

4枠 7番 ピークトラム

本馬の魅力は相手なりに、前からでも後ろからでもポジションを
自在に操れるレースセンスである。
特に近3戦は鞍上小牧騎手とのコンビで、人気以上に好走しており
本格化が漂う一頭である。
スタミナ色の濃いチチカステナンゴ産駒であり、スタミナが要求
させる本コースの今の状態なら、上位台頭も期待されるのでは。
地味な印象の本馬だが、マイル戦は得意であり左回りにも問題は
ないと言えるだろう。
堅実さも持っており、混戦になればなるほど自在の脚質を武器に
動いてくれるようだ。
今年3月に開業した橋口厩舎に転厩後、一変した走りを見せている
本馬の活躍に期待したい1戦である。