読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

函館記念(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅢ 函館競馬場

函館記念(GⅢ)枠順発表 函館競馬場 芝2000m 2016年7月17日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 マデイラ 7 52.0kg 古川吉洋
2 トーセンレーヴ 8 57.5kg D.ホワイト
2 3 レッドレイヴン 6 57.0kg 池添謙一
4 バイガエシ 4 54.0kg 藤岡祐介
3 5 マテンロウボス 5 55.0kg 四位洋文
6 マイネルミラノ 6 56.0kg 丹内 祐次
4 7 マイネルフロスト 5 57.0kg 松岡正海
8 ケイティープライド 6 52.0kg 浜中俊
5 9 ホッコーブレーヴ 8 56.0kg 丸田恭介
10 ツクバアズマオー 5 55.0kg 吉田豊
6 11 フェイマスエンド 5 54.0kg 三浦皇成
12 ネオリアリズム 5 55.0kg K・ティータン
7 13 オツウ 6 52.0kg 北村友一
14 トゥインクル 5 56.0kg 勝浦正樹
8 15 ダービーフィズ 6 57.0kg 岩田康誠
16 ファントムライト 7 55.0kg 内田博幸

 

 

 

函館記念(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 レッドレイヴン 4.2
2 バイガエシ 4.9
3 マイネルミラノ 5.4
4 ファントムライト 8.2
5 ダービーフィズ 8.7
6 マイネルフロスト 11.6
7 ネオリアリズム 13.1
8 マテンロウボス 15.6
9 トゥインクル 16.5
10 ツクバアズマオー 16.5
11 トーセンレーヴ 17.1
12 フェイマスエンド 40.2
13 ケイティープライド 54.2
14 オツウ 59.7
15 ホッコーブレーヴ 62.5
16 マデイラ 168.3

 

函館記念(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

6枠 12番 ネオリアリズム

前走の小倉大賞典(G3)では、内を通った馬たちが上位となる中
外を回っての3着と大健闘の本馬。
今回と同じ距離の2000Mで7戦を使われ3勝、2着1回をマーク。
洋芝(札幌コース)でも2勝を挙げ、適性の高いことから注目
している一頭だ。
本馬はネオユニヴァース産駒であるが、競馬場別の産駒成績を
見ると、函館競馬場阪神競馬場での勝率&複勝率が高いこと
にも注目している。
さらにネオユニヴァース産駒は、重賞は休み明け(前走との間隔
10週以上)に好走するようで、約5ヶ月ぶりのレースとなる今回
メンバー的に見ても、上位への食い込みが期待される。
まだ5歳なので伸びしろは十分に期待でき、ベスト条件となる
今回は軽視できない存在であろう。

 

8枠 16番 ファントムライト

本馬の最大の強調材料は、今回と同じ2000M戦の安定感である。
その9戦が1勝、2着4回、3着4回と全て馬券に絡む【複勝率100%】
であり注目している一頭だ。
前走の天皇賞(春・G1)は、初の長距離戦&相手強化で14着と
崩れてしまったが、度外視してよいレースだろう。
前々走の中日新聞杯(G3)では2着と、ハンデ重賞で好走しており
ベストな距離に戻るここでは侮れない存在だ。
今回の舞台は初めてとなるが、小回りでも好走できており
これまでも渋った馬場や荒れた馬場でも、苦にすることなく
結果を出してきており初舞台でも心配はなさそうだ。
また本レースは、7歳以上の馬の活躍が期待されるレースであり
今年で7歳となったが年齢の割にキャリアは浅く、まだまだ元気
な本馬に期待したい1戦である。

 

5枠 10番 ツクバアズマオー

力の要る洋芝コースで強い、ステイゴールド産駒の本馬。
ステイゴールド産駒は今回の舞台での勝率が高く、また
牡馬の場合は3歳の後半から5歳頃までに、絶頂期を迎える
馬が多いというデータもある。
本馬は5歳馬であり、洋芝での戦績がここまで9戦を2勝
2着2回、3着2回(4着3回)という高い適性である。
さらに毎年夏場は北海道遠征をしており、ここでの大崩れ
が考えにくい一頭となった。
また本レースは、前走が巴賞(OP)で【負けた馬】が好走
する傾向にあるようで、本馬は巴賞(OP)で3着となって
いることにも注目している。
さらに今回の舞台とは好相性で、2000M戦を勝ち切れては
いないが安定感は抜群で、かなり要注意な一頭だと感じる。
後半のスピード持続力は間違いなく、展開にロスがなければ
ここでの好走が期待できる一頭だ。

 

2枠 4番 バイガエシ

本馬の父であるジャングルポケットはグレイソヴリンの血を
持ち、本レースで馬券になっている相性の良い血統。
2015年はグレイソヴリンの血を持つ馬が、1・2着であった。
本馬も洋芝適性が高く4戦で2勝、2着1回(6着1回)の実績。
前走の洞爺湖特別(1000万下)では、今回と同じ舞台で5馬身差
の完勝をしており、今回は格上挑戦となるが十分に戦える力を
感じさせる一頭である。
また2015年の神戸新聞杯(G2)では4着となっており、まだまだ
力を秘めている感もある。
本レース過去5年で4歳以下の馬が8頭出走して、4頭馬券に絡んで
いるが今回のメンバー唯一の4歳馬が本馬だ。
その若さと勢いで、どこまでやれるのか注目したい1戦である。

 

3枠 5番 マテンロウボス

本馬も前走は巴賞(OP)組であり結果は2着。本レースで好走
傾向の前走巴賞で【負けた馬】であり注目の一頭となった。
また巴賞のときに「狙いは次(本レース)」と、陣営は今回を
メイチの勝負としていたようで、叩き台ながら2着となったこと
は、本馬の状態の良さを表していると感じている。
さらに過去の優勝馬5頭は、いずれも近2走で3着以内に入った
ことのある馬であり、本馬はこのことにも該当している。
近走を見ても大きく崩れることなく走れており、上り33秒台で
走れる脚を持っていることは魅力的だ。
今回は距離延長もプラス材料になり、メンバー屈指の決め手が
活かせる展開となった時は、怖い存在となるであろう。

 

8枠 15番 ダービーフィズ

2015年の本レース覇者であり、次走の札幌記念(G2)でも3着と
洋芝はこの2戦のみだが、かなり適性は高い本馬。
その後は勝ち星から遠ざかっているが、陣営もここを狙い撃ち
してきたと思われ、注目している一頭だ。
また本レースは【リピーターには要注意】のレースであり
2005年から2007年にかけて3連覇を達成したエリモハリアー
2009年と2011年には、マヤノライジンが2着で馬券に絡むなど
リピーターを侮れない1戦となっている。
やはり近走不振が気になるところだが、適性的にマッチして
いないレースが多かったように思われ、今回は相手関係も楽に
なりハンデも57kgで収まったことはありがたい。
また【北海道シリーズ】で良さが出ているように、ここで挽回
する余地も十分あるだろう。
今回はチークピーシズを装置し、課題である集中力を高める
とのこと。そして復活の勝利となるか注目したい。

 

7枠 14番 トゥインクル

2015年の夏は函館&札幌の洋芝コースで3戦し、条件戦ながら
2勝2着1回と、洋芝適性の高さを証明した本馬。
前々走のダイヤモンドS(G3)を雨天で稍重の馬場で圧勝している
ように、力の要る馬場は得意なようだ。
本馬もステイゴールド産駒であり、先述のとおり今回の舞台とは
好相性の血統である。
しかし、ここまでの全5勝を芝2400M以上の戦いで挙げてきた
ステイヤータイプなので、今回は2000M戦への対応が鍵となる。
ただ距離短縮を不安に思い、人気が薄くなるようなら馬券的に
妙味がありそうな一頭だ。
今回も鞍上は函館リーディングで好調を維持している勝浦騎手
であり、本馬にとって【忙しい距離】をどうこなすのか注目
したい1戦だ。