読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

プロキオンS(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

中京競馬場 GⅢ

プロキオンS(GⅢ)枠順発表 中京競馬場 ダート1400m 2016年7月10日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ワンダーコロアール 7 56.0kg 福永祐一
2 2 カフジテイク 4 56.0kg 幸 英明
3 グレープブランデー 8 58.0kg 和田竜二
3 4 ブライトライン 7 56.0kg 石橋修
5 クラリティスカイ 4 58.0kg C・ルメール
4 6 ムスカテール 8 57.0kg 藤岡康太
7 ワイドバッハ 7 56.0kg 武豊
5 8 ダノングッド 4 56.0kg 丸田恭介
9 キングズガード 5 56.0kg 川田将雅
6 10 ニシケンモノノフ 5 56.0kg 岩田康誠
11 マルカフリート 10 56.0kg 秋山真一郎
7 12 ポメグラネイト 5 56.0kg 松山弘平
13 タガノトネール 6 セン 57.0kg 松若風馬
8 14 ノボバカラ 4 57.0kg M・デムーロ
15 キクノストーム 7 57.0kg 国分恭介

 

プロキオンS(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ノボバカラ 2.7
2 キングズガード 3.9
3 ニシケンモノノフ 5.1
4 タガノトネール 8.4
5 ブライトライン 9.9
6 ワイドバッハ 14.4
7 グレープブランデー 15.2
8 クラリティスカイ 17.2
9 カフジテイク 22.0
10 ダノングッド 32.2
11 ポメグラネイト 81.8
12 キクノストーム 100.4
13 ワンダーコロアール 106.9
14 マルカフリート 109.1
15 ムスカテール 249.7

 

プロキオンS(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

3枠 4番 ブライトライン

2013年にみやこS(G3)を勝利し、ジャパンカップダート(G1)
でも4着となった実力馬。
もともとは芝で使われていた転向組であり、ダート初戦の
京葉S(OP)では、これまでの追い込み競馬から先行する競馬
へと脚質を変え3着と大健闘。ダート適性の高さを証明した
1戦であった。
その後ダート路線で活躍するが、2015年ケガで長期休養を余儀
なくされ2016年に復帰。初戦となった3走前のポラリスSで3着と
なり、復調の気配を漂わせた。
そして前走のオアシスS(OP)では、斤量58Kgながら直線では鋭く
伸びて勝利を飾り実力馬の存在を示した。
今回の舞台は初めてだが、左回り(東京コース)では2勝して
おり、クセがなくペースなりの位置で走れる注目の一頭である。

 

7枠 13番 タガノトネール

2015年の本レースで4着となった本馬。レベルの高いメンバーの
中で健闘した結果である。
今年は根岸S(G3)4着→フェブラリーS(G1)6着→かきつばた記念
(G3) 4着と善戦どまりとなっている。
前走のかきつばた記念(G3) の敗因は、フェブラリーS(G1)後の
休み明けということが考えられるが、これまでは強い相手との
レースでも、しっかり持ち味を出してきたタイプである。
特に夏場は調子も良く、スムーズに先行できた時には怖い存在
となるであろう。
また母父がキングカメハメハであり、本レース好走血統のキング
マンボ系の血を持つことにも注目だ。
今回のメンバーを見る限り、2015年と比べるとレベルが落ちて
いる感があり、チャンスは充分ありそうな一頭だ。

 

6枠 10番 ニシケンモノノフ

2011年3月11日・東日本大震災の当日に生まれた本馬。
1400Mの適性が高く、ダート1400M戦の連対率は61%という驚異の
数字を持つ、注目の一頭だ。
また今年に入ってからの3戦で2勝、2着1回と安定した走りっぷり。
さらに2戦連続で、上がり最速をマークしているところを見ると
着実に力をつけてきている印象である。
本レースの好走傾向を見ると、東京・ダート1400Mで実績のある
馬や前走がOP特別組、近2走以内に連対している馬などが見られ
本馬は東京・ダート1400Mで2着&前走OP組&近2走連対であり
好走傾向にピッタリだ。
今回の舞台は初めてとなり、相手強化や左回りコースの実績がない
ことなど不安材料もあるが、力をつけてきたこの夏は侮れない。

 

1枠 1番 ワンダーコロアール

前走アハルテケS(OP)では内枠を活かして、スタート後にハナへ
その後は粘り切って7番人気→3着と好走。
勝ち馬とは0.1秒差であり、斤量が1Kg重かったことを考慮すれば
健闘した結果であろう。
本レースでは前に行った馬が馬券に絡むことが多く、また近2走
以内に逃げや、先行経験がある馬が好走傾向にあるようだ。
本馬は近2走、逃げと先行の競馬で掲示板入りをしており好走傾向
に該当していることから注目している一頭だ。
さらに今回の舞台と似ている東京コースは割と得意であり、大きく
崩れることなく走れている。
同じ左回りで直線の坂の地点も近い東京コースが得意なら、これが
今回、噛み合う要素になるのではと期待している。

 

3枠 5番 クラリティスカイ

2015年のNHKマイルC(G1)で、芝のマイルを制した本馬が今回
初ダートに挑むこととなり注目している。
初のダート戦で、走ってみないことには何とも言えない部分も
あるのだが、血統面はダートをこなしても何ら不思議はない
血統背景だ。
父がクロフネ、母父がスペシャルウィークという血統背景を
見ると「もしかしたら」と期待させる一頭である。
クロフネは、2001年のNHKマイルC(G1)を制した秋にダート
へ転向し、武蔵野S(G3)を勝利→ジャパンカップダート(G1)
では圧勝。同年のJRA賞最優秀ダートホースにも輝いている。
陣営もこの段階でダートに矛先を向けたのには勝算あっての
ことであろうし、ここでめどが立てば今後の選択肢も増える
ことになる1戦だ。
今回、前々で走ることができ砂を被らずにレースを運ぶことが
できたら面白い存在となるであろう。

 

2枠 3番 グレープブランデー

2013年のフェブラリーS(G1)の覇者であるが、その後は勝ち星
から遠ざかっている本馬。
しかし近走はダート1200~1400Mでの好走も見られるようになり
復調の兆しが感じられる一頭だ。
また2015年8月のエルムS(G3)2着をはじめ、ここまで7・8月の
好走実績もあるので夏場は強い方だと思われる。
前走の東京スプリント(G3)では、1200M戦で2着に好走しており
8歳となった現在もまだまだ健在である。
今回のメンバーに入っても、スピードはひけを取らないと思われ
好位からしっかりと反応できるので、1200M→1400Mにも問題なく
対応できそうで、ここでは軽視できない存在となった。