読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

七夕賞(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

七夕賞(GⅢ)枠順発表 福島競馬場 芝2000m 2016年7月10日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 マイネルラクリマ 8 57.5kg 柴田大知
2 クリールカイザー 7 57.0kg 田辺裕信
2 3 メイショウナルト 8 セン 56.0kg 津村明秀
4 ダコール 8 58.0kg 小牧太
3 5 マーティンボロ 7 57.0kg 鮫島克駿
6 マジェスティハーツ 6 56.0kg 横山典弘
4 7 ヤマニンボワラクテ 5 セン 55.0kg 藤懸貴志
8 アルバートドック 4 57.0kg 戸崎圭太
5 9 バーディーイーグル 6 54.0kg 吉田豊
10 ルミナスウォリアー 5 55.0kg 柴山雄一
6 11 メイショウカンパク 9 51.0kg 江田照男
12 オリオンザジャパン 6 セン 53.0kg 内田博幸
7 13 ウインリバティ 5 52.0kg 石川裕紀人
14 ステラウインド 7 56.0kg 蛯名正義
8 15 ナカヤマナイト 8 57.0kg 柴田善臣
16 シャイニープリンス 6 56.5kg 北村友一

 

七夕賞(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 アルバートドック 4.2
2 ヤマニンボワラクテ 4.8
3 シャイニープリンス 5.3
4 ダコール 6.5
5 ルミナスウォリアー 6.7
6 マジェスティハーツ 12.5
7 バーディーイーグル 15.2
8 マイネルラクリマ 15.7
9 メイショウナルト 22.2
10 ステラウインド 26.4
11 ウインリバティ 29.1
12 マーティンボロ 32.4
13 クリールカイザー 35.0
14 オリオンザジャパン 72.8
15 ナカヤマナイト 74.9
16 メイショウカンパク 164.2

 

七夕賞(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

3枠 5番 マーティンボロ

2016年の3戦はマイル路線で戦ってきたが、スピード適性が
なかったこともあり案外の成績の本馬。
しかし2014年の活躍には目覚ましいものがあり、6戦で3勝
2着1回、3着1回をマーク。1800Mで1戦、2000Mで5戦を使われ
た結果であり、本来なら2000M辺りがベストだと思う一頭だ。
本レースでは前走1600M組との相性が良く、また前走との
間隔が10週以上開いてる馬の好走が見られるようである。
本馬は前走1600Mからの距離延長、しかもベストな距離で
あり、前走の読売マイラーズ(G2)から10週以上の間隔で
挑んできたことに注目している。
さらに本レース、大波乱濃厚と言われる名物レースであり
「こういう馬が忘れた時にやってくる」そんな1戦である
ことにも期待している。

 

2枠 4番 ダコール

本レースに過去2度挑戦しており2013年に5着、2014年は
4着と健闘している本馬。
また同じ舞台の福島記念(G3)で3着、福島民放杯(OP)
でも2着と好走していることに注目だ。
今年は前々走の小倉大賞典(G3)で2着、前走の新潟大賞典
(G3)は4着と、G1以外では大崩れしない走りをみせており
コンスタントな成績が魅力的な一頭だ。
後半のスピード持続力は今回のメンバー中でも上位であり
追い込み脚質だが、小回りへの適性も高くどのコースでも
対応できる、頼もしい古豪である。
ほとんどのレースで賞金を獲得して帰ってくる、何とも
馬主孝行な馬であり、ここでも強く推すかは別として外せ
ない一頭である。

 

4枠 7番 ヤマニンボワラクテ

今年はアメリカジョッキーC(G2) 5着→中日新聞杯(G3)
4着→福島民報杯(OP)3着と勝利には届かずの本馬。
前走の天皇賞(春・G1)では、相手関係が強すぎたことや
一気に1200Mの距離延長に対応できず、17着と大敗した。
しかし2000M戦で3勝、2200M戦で1勝と中距離での実績があり
ベストな距離に戻る今回は期待したい一頭だ。
また福島・芝コースでの4戦が2勝2着1回、3着1回の実績で
あり適性は高く、単純に福島実績を評価したいところだ。
馬名の【ボワラクテ】は、フランス語で天の川、銀河という
意味であり【七夕賞】と【天の川】何かを期待させる馬名だ。

 

2枠 3番 メイショウナルト

2013年8月に小倉記念(G3)、2014年7月には本レースを優勝と
夏場のレースに強い印象の本馬。
ここまで全6勝を挙げているが、うち4勝が小回りコースであり
今回のコース適性も問題はないであろう。
今回は恐らく本馬がハナを切ると予想されるが、先に行く馬が
いれば、2番手で控える競馬も出来るのは強みだ。
また、本レースではニジンスキーの血を持つ馬が好走しており
2013年に7番人気→2着のトレイルブレイザー&14番人気→3着の
タガノエルシコ、2014年は5番人気→1着の本馬、2015年には
16番人気→3着のマデイラがいる。
先述のとおり【毎年荒れ放題】のレースであり、ニジンスキー
の血を持つ馬が穴をあけていることに注目だ。

 

3枠 6番 マジェスティハーツ

前走は本レースと好相性の鳴尾記念(G3)で5着と掲示板を確保。
2015年の鳴尾記念(G3)で2着→関屋記念(G3)でも2着と好走が
続いた後、ダートで1度使われるなどしたが案外の成績の本馬。
しかし前走の鳴尾記念では、粘って5着に食い込みレース内容も
良く、そろそろ巻き返しに期待したい一頭だ。
また本レース過去10年の3着以内馬、28頭のうち23頭は5,6歳馬
であり、前走はG3組とOP特別組が活躍する傾向にあるようだ。
さらに【関西馬】は単勝複勝回収率ともに100%を超えている
とのデータもあり、6歳馬&前走G3組&関西馬栗東)の本馬を
軽視できない1戦となった。

 

 

5枠 9番 バーディーイーグル

デビューから26戦をダートで使われてきた本馬だが、6歳の春に
芝へ転戦した後、才能が開花した本馬。
芝の3戦を4着→3着→1着と絶好調、上昇気流にのっている。
まだ底を見せていない強みがあり、上り馬ということから注目
している一頭だ。
本馬の芝路線での再生劇は、馬自身が確実に変わったことを
示しており、以前は弱かったヒザや球節がしっかりして動くよう
になったと、陣営も仕上がりに満足の様子だ。
不安材料は小回りコースの対応と、馬場状態が悪くなった時に
どうかということだが、本馬も好走血統のニジンスキーを母方に
持っており、勢いがある今なら重賞初挑戦・初制覇も夢じゃない。