読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

CBC賞(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

CBC賞(GⅢ)枠順発表 中京競馬場 芝1200m 2016年7月3日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ジョディーズロマン 6 48.0kg 酒井 学
2 2 エイシンブルズアイ 5 57.0kg 石橋修
3 3 スノードラゴン 8 58.5.kg 大野拓弥
4 4 メイショウライナー 6 54.0kg 秋山真一郎
5 ベルカント 5 55.5.kg 藤岡康太
5 6 ラインスピリット 5 55.0kg 森一馬
7 ラヴァーズポイント 6 50.0kg 松若風馬
6 8 ワキノブレイブ 6 56.0kg 浜中俊
9 サドンストーム 7 56.0kg C・ルメール
7 10 シンデレラボーイ 6 54.0kg 川田将雅
11 レッドファルクス 5 56.0kg M・デムーロ
8 12 ベルルミエール 5 53.0kg 太宰啓介
13 サクラアドニス 8 53.0kg 和田竜二

 

CBC賞(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 エイシンブルズアイ 2.4
2 ベルカント 4.1
3 スノードラゴン 4.6
4 サドンストーム 8.0
5 レッドファルクス 9.0
6 ワキノブレイブ 15.8
7 シンデレラボーイ 15.9
8 ベルルミエール 24.7
9 ラヴァーズポイント 31.0
10 ラインスピリット 44.6
11 メイショウライナー 61.3
12 サクラアドニス 191.1
13 ジョディーズロマン 338.9

 

CBC賞(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

4枠 5番 ベルカント

2015年のサマースプリントシリーズを制した女王であり
牝馬では実績NO1といえる注目の一頭。
暑い時期こそ体調が良い本馬は、これまで7月~9月初旬の
成績が6戦3勝。気温が上がれば上がるほど調子も上がる
夏馬である。
また本馬はサクラバクシンオー産駒だが、本コースで
最も実績を残している産駒である。
さらに本レース過去4年で【斤量55.5kg以上の牝馬】が
5頭出走して、5頭も馬券になっているので外すことは
できない一頭となった。
唯一の不安材料といえば、海外遠征明けということだが
本レースでは2014年トーホウアマポーラ→2015年ウリウリ
と2年続けて牝馬が勝っており、ここでは軽視できない
存在であろう。

 

3枠 3番 スノードラゴン

長期休養明けで挑んだ2015年のオーシャンS(G3)では
年齢的な衰えを感じさせない伸びを見せて3着と好走。
8歳となった本馬が、G1馬の実力を見せた1戦であった。
本馬の父アドマイヤコジーンは引退まで息の長い活躍を
した名馬であることから、父譲りの血統を感じる一頭だ。
そのアドマイヤコジーン産駒には、2012年・2013年と
本レースを連覇したマジンプロスパーがいる。
また本レースの傾向に、斤量が重い馬の好走が見られ
前述のマジンプロスパーや2012年3着のダッシャーゴーゴー
2013年2着のハクサンムーンなど、実力馬が重い斤量を
背負って好走していることに注目だ。
本レース過去4年のデータにも【斤量57.5kg以上の牡馬】
に注意とあり、5頭出走して5頭が馬券になっており
本馬がここで好走しても不思議ではない1戦だ。

 

7枠 11番 レッドファルクス

本馬はダートも芝も走れる兼用タイプであり、前走は
欅S(OP)でダート1400M戦を勝利している。
今回の舞台の中京・芝コースでは、2015年にトリトンS
(1600万下)で同じ距離の1200Mを勝利。
3歳未勝利でも1400Mを勝利しており、2戦2勝と高い適性
であることに注目している。
また叔母に、1998年JRA賞最優秀2歳牝馬のスティンガー
がいる血統であり、主にダートを使われてきた馬だが芝
での好走も期待できる一頭だ。
陣営は来年の高松宮記念(本レースと同じ舞台)を見据
えており、上々の仕上がりで挑んできている。
今回は芝の重賞初挑戦となるが、パワーがありここに
きての上昇度からも侮れない存在であろう。

 

8枠 12番 ベルルミエール

2015年の本レースでは混戦だった2着争いに加わっており
結果は僅差の4着となった本馬。
前述のように本レースでは2年続けて牝馬が勝利しており
先週の宝塚記念(G1)も強豪牡馬を相手に、マリアライト
制覇するなど“夏は牝馬”と言いたくなる好走ぶりだ。
本レース過去4年のデータに【4歳・5歳馬】と【距離短縮馬】
に注意とあり、5歳牝馬で前走が1400M戦からの距離短縮で
挑んできた本馬には要注意であろう。
脚質は前目から抜け出して、しぶとく踏ん張れるタイプの
ようで本レースに向いているとの声もある。
近走はゲートが課題のようだが、十分に地力を備えている
一頭であり好走を期待したい1戦だ。

 

7枠 10番 シンデレラボーイ

近2走のOP特別を鞍馬Sで5着→安土城Sで4着と健闘を続けて
おり、地力強化を感じさせる本馬。
今回は長篠S(1600万下)で勝利した舞台に替わることから
ここでの変わり身が期待できる一頭だ。
また中京コースでは3戦2勝、2着1回というコース巧者である
ことにも注目しており、さらに今回の鞍上は川田騎手を予定
していることも好材料だ。
川田騎手は本レースとの相性が良く、直近5年で2回馬券に
絡んでいるようで軽視できない存在。
本レースでは、同じ左回りの東京・芝1400Mで実績のある馬
には注意との声もあり、本馬は東京・芝1400Mで5戦を経験。
結果は2着2回4着2回と相性は悪くなく、近年好走傾向にある
【距離短縮馬】であることにも注目だ。

 

5枠 6番 ラインスピリット

3走前に中京・芝1400MでトリトンS(1600万下)を勝利し
その後、2戦はOP特別で善戦して挑んできた本馬。
本馬も本レースで好走傾向にある【距離短縮馬】であり
現コースになってから、圧倒的に好走している5歳馬と
いうことから注目している一頭だ。
本馬の父スウェプトオーヴァーボードミスプロ系で
パワー型、母方が持つトニービンの血は本レースの注目
血統であることも興味深い。
本レース2015年2着のダンスディレクターが近親にいる
ことも、好走を期待させる血統背景だ。
スタートの良さや血統、距離短縮と好材料も揃い、ここで
勝ち切るのは難しくとも馬券に絡んでくれそうな予感だ。