読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

ユニコーンS(GⅢ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅢ 東京競馬場

ユニコーンS(GⅢ)枠順発表 東京競馬場 ダート1600m 2016年6月19日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 マイネルバサラ 3 56.0kg 柴田大知
2 ビービーサレンダー 3 56.0kg 伊藤工真
2 3 ヤマイチジャスティ 3 54.0kg 大野拓弥
4 ダノンフェイス 3 56.0kg 福永祐一
3 5 ノーモアゲーム 3 56.0kg 西田雄一郎
6 ピットボス 3 56.0kg 幸 英明
4 7 ヴェゼール 3 56.0kg 岩崎翼
8 ピュアコンチェルト 3 54.0kg 津村明秀
5 9 スミレ 3 54.0kg 田中勝春
10 イーグルフェザー 3 56.0kg 吉田豊
6 11 クインズサターン 3 56.0kg 石川裕紀人
12 ゴールドドリーム 3 56.0kg 川田将雅
7 13 ストロングバローズ 3 56.0kg C・ルメール
14 グレンツェント 3 56.0kg T.ベリー
8 15 ヒロブレイブ 3 56.0kg 武士沢友治
16 レッドウィズダム 3 56.0kg 石橋修

 

ユニコーンS(GⅢ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ストロングバローズ 2.1
2 ゴールドドリーム 2.7
3 グレンツェント 3.8
4 ダノンフェイス 12.1
5 クインズサターン 18.5
6 ピットボス 54.9
7 レッドウィズダム 57.6
8 マイネルバサラ 59.3
9 イーグルフェザー 60.2
10 スミレ 105.3
11 ヒロブレイブ 147.4
12 ヤマイチジャスティ 191.3
13 ヴェゼール 195.3
14 ピュアコンチェルト 347.2
15 ノーモアゲーム 551.5
16 ビービーサレンダー 744.1

 

ユニコーンS(GⅢ) 2016年 注目馬・穴馬

 

6枠 12番 ゴールドドリーム

デビューから見事3連勝と順調に勝ち上がってきた本馬だが
前走の兵庫チャンピオンシップ(G2)では、距離1870Mは
長かったようで、2着と惜しい結果となった。
しかし重賞で2着であり1600Mに戻る今回なら、力は充分に
発揮できる期待の一頭である。
また前々走のヒヤシンスS(OP)では、先日アメリカ3冠を
完走したラニに圧勝。ヒヤシンスS(OP)は今回と同じ舞台で
行われ、例年世代トップクラスのダート巧者が集結している。
そして数多くの一流馬が輩出される【出世レース】でもある。
本馬はゴールドアリュール産駒だが、2014年以降東京ダート
1600Mで26勝という高い数字をマークしている産駒であり
血統的に見ても、ここでの好走が期待できる一頭だ。

 

7枠 14番 グレンツェント

デビュー戦は芝で使われ5着に終わったが、その後はダートに
転向し好走しており、4戦4連対と高い適性を見せている本馬。
前走の青竜S(OP)で今回と同じ舞台を経験し、勝利している
ことから注目の一頭となった。
青竜S(OP)では、確実な末脚を武器に戦ってきた競馬から
一転、先行する競馬にシフトチェンジをして見事勝利した。
今回の舞台は芝スタートのため、先行有利と言われており
このダートでこの競馬が出来たことは大きな収穫となった。
また、父ネオユニヴァースはサンデー系×母父Kingmambo
ミスプロ系と血統的にもレース傾向に合う血統であり
ここでの大崩れは考えにくい一頭だと言えるだろう。

 

2枠 4番 ダノンフェイス

ダート馬らしい逞しい馬体とパワフルな脚さばきが魅力的な
本馬。前走は今回と同じ舞台の青竜S(OP)で他馬よりも1Kg
重い57Kgの斤量で4着に好走。
今回は斤量56Kgで出走予定であり、反応がひと呼吸遅れた感が
ある前走からの巻き返しに期待したい一頭だ。
本レース過去5年のデータに【中央OPのダートで3着以内の
実績がある馬】と【前走1000万クラス以上で4着以内の馬】に
注意とあり、この2つの項目に該当していることにも注目だ。
また本馬の叔母、アイアムアクトレスが2011年の本レースの
勝ち馬という血統も興味深く、今回は相手も強化されるが
力はある馬だけに侮れない存在である。

 

5枠 10番 イーグルフェザー

ここまで今回と同じ舞台を3戦で使われ、2勝2着1回と高い
適性を示す本馬。
本レース過去10年のデータから【穴馬探し】をしてみると
近2走は1600M以上であり、近3走で1600M以上の500万下かOP
特別で1勝、さらに前走3番人気以内で1着になった馬が好走
しており、この3つの項目に本馬が該当していることにも
注目している。
今回の舞台では、芝スタートをこなせることや長い直線で
いい脚を使えることが求められるが、本馬の高い適性なら
問題はないと思われる。
重賞での戦いとなり相手関係が強化されるが、持ち味である
長くいい脚を使い、道中でまくる競馬ができれば好走が期待
できる一頭である。

 

6枠 11番 クインズサターン

ここまでの5戦をすべてダートで使われ、2勝2着1回の本馬。
前走の500万下では1番人気に応えて、2着馬に5馬身の差を
つけ差し切りで圧勝した。
この前走を含め、今回と同じ舞台で3戦を経験し掲示板を
外していないことから注目の一頭となった。
また本馬の母父は、2001年にJRA賞最優秀ダートホースに輝いた
クロフネ。本レースの注目血統、ヴァイスリージェント系の
血を持つことにも注目だ。
前々走からブリンカーを着用し集中力がアップ。5月に3歳と
なり馬体もひと回り成長したようだ。
近2走は終い36秒台の脚を使い、充実した結果を残しており
重賞でも侮れない存在と言えるだろう。

 

3枠 6番 ピットボス

本レースでは【距離短縮組】が圧倒的に好成績を残す傾向に
あるようで、本馬は前走1800M(京都ダート)を勝利し参戦
してきており、注意したい一頭である。
また2004年の勝ち馬ナイキアースワークは前走500万下で
1番人気→1着(京都ダート1800M)、そして本レース1着と
いう結果を残しており、本馬と臨戦過程が同じである。
さらに2009年1着のグロリアスノア、2012年1着のストロー
ハットも、前走は【マイル以上の条件戦を2番人気以内で1着】
という内容で勝ち上がってきており、本馬と共通する興味深い
点である。
本馬も母父がヴァイスリージェント系の血を持ち、少々地味に
映るが性能は高そうな気になる一頭だ。