読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

目黒記念(GⅡ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

目黒記念(GⅡ)枠順発表 東京競馬場 芝2500m 2016年5月29日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 サイモントルナーレ 10 48.0kg 藤田菜七子
2 リヤンドファミユ 6 54.0kg 川田将雅
2 3 レコンダイト 6 55.0kg 武豊
4 ネオブラックダイヤ 8 54.0kg 横山典弘
3 5 モンドインテロ 4 56.0kg H・ボウマン
6 リアライト 5 56.0kg 蛯名正義
4 7 マイネルラクリマ 8 57.5kg 柴田大知
8 マドリードカフェ 5 54.0kg 川島信二
5 9 サムソンズプライド 6 54.0kg 戸崎圭太
10 ヒットザターゲット 8 58.0kg 小牧太
6 11 クリールカイザー 7 57.5kg 田辺裕信
12 ショウナンバッハ 5 55.0kg 岩田康誠
7 13 スーパームーン 7 56.0kg M・デムーロ
14 タマモベストプレイ 6 56.0kg 津村明秀
15 クリプトグラム 4 54.0kg 福永祐一
8 16 タッチングスピーチ 4 55.0kg C・ルメール
17 デウスウルト 8 セン 54.0kg 石橋修
18 ジャングルクルーズ 7 セン 56.0kg 内田博幸

 

目黒記念(GⅡ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 リアライト 2.5
2 タッチングスピーチ 4.1
3 モンドインテロ 8.0
4 スーパームーン 9.2
5 ヒットザターゲット 10.2
6 クリプトグラム 12.6
7 レコンダイト 13.5
8 サムソンズプライド 17.4
9 ショウナンバッハ 28.8
10 ジャングルクルーズ 33.4
11 リヤンドファミユ 44.3
12 クリールカイザー 48.1
13 タマモベストプレイ 60.6
14 マドリードカフェ 74.5
15 ネオブラックダイヤ 106.0
16 マイネルラクリマ 170.8
17 デウスウルト 227.9
18 サイモントルナーレ 265.7

 

目黒記念(GⅡ) 2016年 注目馬・穴馬

 

7枠 15番 クリプトグラム

長期休養を余儀なくされた時期もあったが、復帰後は
4戦3勝と好走し素質の良さを見せた本馬。
前々走の淡路特別(1000万下)→前走の大阪-ハンブルクC
(OP)と飛び級で連勝を飾った上がり馬であり、近走の
充実ぶりと道中で溜めが利いて、しっかりと最後は伸びて
くるレースぶりが魅力的な一頭だ。
ここまで8戦、キャリアは浅いがその分の伸びしろも十分
と言えるだろう。
今回は前走よりも斤量2kg増の54Kg、更にメンバー強化と
なるが、今の勢いならこの壁も乗り越えていける予感だ。

 

8枠 18番 ジャングルクルーズ

2015年秋のジャパンC(G1)で、17番人気→4着と力のある
ところを見せた後は、休養に入った本馬。
5カ月ぶりとなった前走のメトロポリタンS(OP)では
行く気を見せたが、鞍上の抑え込みもあり結果は凡走で
あった。しかし、このひと叩きで本領発揮となれば
ここでは侮れない存在となるだろう。
2015年の本レースでは、グレイソヴリン系の血統を持つ馬が
1着&2着となっており、本馬はそのグレイソヴリン系の血を
持つことに注目している。
一変の要素をはらんでいる本馬だけに、今回は巻き返しても
不思議ではない一頭である。

 

3枠 5番 モンドインテロ

ここまでキャリア9戦で5勝をマークという実績の本馬。
デビューから2戦はダートを使われていたが、その後は
芝に転向。芝7戦でも4勝をマーク、着外3回は4着2回
6着1回とかなり堅実な走りである。
前々走のダイヤモンドS(G3)で重賞初挑戦となったが
3400Mでは距離が長すぎた感もあり、結果は6着だった。
前走で東京コース(2400M)を経験し勝利、今回の長丁場
にも自信を持って挑めるであろう。
また今回と同じ距離では、3戦3勝の高い適正だけに
力を見せてもらいたい一戦である。
勢いに乗ってきた感があるので、ここで先につながる
走りを期待したい一頭だ。

 

2枠 3番 レコンダイト

2015年本レース2着馬であり、本馬も好走血統のグレイ
ソヴリン系の血を持つ一頭である。
2016年は中日新聞杯(G3)から始動し3着に好走した。
しかし、前走の大阪-ハンブルクC(OP)は予想外の10着
に敗れており敗因が気になるところだ。
ただ本馬は堅実で相手なりに走ることができるので、1度
叩かれた上積みを期待したいところだ。
また過去5年の本レースデータに、メトロポリタンSや
大阪ーハンブルクCなど【前走芝2400m(OP)組】に注意と
あり本馬は該当していることにも注目している。

 

4枠 8番 マドリードカフェ

本馬の注目すべき点は、過去5年の本レースデータの
注意したい項目に3つも該当していることである。
まず血統面は【2500M以上でも戦えそうなスタミナ血統】
であり、また【近2走以内に3位以内の上がりを使っている】
前走の大阪-ハンブルクC(OP)で上り2位で2着と好走。
更に【前走2400M以上のOPか重賞を使っている】である。
以上の3項目に該当しており、ここでは侮れない存在だ。
また前走の大阪-ハンブルクC(OP)では距離延長で成績を
上げてきており、評価したい一頭だ。
ダートも芝も経験してきたが、どうやら芝の長丁場が合って
るようであり、ここは好走してくる可能性もアリか。

 

7枠 13番 スーパームーン

前走のアメリカジョッキーC(G2)で2着と好走。遅咲きだが
7歳で重賞連対となった本馬。
気合いを表に出すタイプで、パドックでは力みやすいようだ
が実戦では鞍上の指示に素直に従う一面もある。
今回と同じ舞台のアルゼンチン共和国杯(G2)を2年連続で
経験し2014年3着、2015年5着と上位争いに加わっていること
から、コース適性の高さは実証されている。
また本馬の父ブライアンズタイムは、ロベルト系の血統であり
本レースではロベルト系の好走率が結構高いことにも注目だ。