読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

日本ダービー(GⅠ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

日本ダービー(GⅠ)枠順発表 東京競馬場 芝2400m 2016年5月29日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ディーマジェスティ 3 57.0kg 蛯名正義
2 マイネルハニー 3 57.0kg 柴田大知
2 3 マカヒキ 3 57.0kg 川田将雅
4 レインボーライン 3 57.0kg 福永祐一
3 5 エアスピネル 3 57.0kg 武豊
6 アグネスフォルテ 3 57.0kg 松山弘平
4 7 ロードクエスト 3 57.0kg 岩田康誠
8 サトノダイヤモンド 3 57.0kg C・ルメール
5 9 マウントロブソン 3 57.0kg T.ベリー
10 スマートオーディン 3 57.0kg 戸崎圭太
6 11 アジュールローズ 3 57.0kg H・ボウマン
12 リオンディーズ 3 57.0kg M・デムーロ
7 13 レッドエルディスト 3 57.0kg 四位洋文
14 ヴァンキッシュラン 3 57.0kg 内田博幸
15 イモータル 3 57.0kg 石川裕紀人
8 16 ブレイブスマッシュ 3 57.0kg 横山典弘
17 プロフェット 3 57.0kg 浜中俊
18 プロディガルサン 3 57.0kg 田辺裕信

 

日本ダービー(GⅠ) 2016年予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 マカヒキ 3.0
2 ディーマジェスティ 3.7
3 サトノダイヤモンド 3.9
4 リオンディーズ 5.7
5 スマートオーディン 8.8
6 ヴァンキッシュラン 12.8
7 エアスピネル 18.8
8 レッドエルディスト 62.8
9 プロディガルサン 68.3
10 マウントロブソン 82.5
11 ロードクエスト 84.7
12 レインボーライン 180.6
13 マイネルハニー 245.3
14 アジュールローズ 268.0
15 イモータル 290.9
16 プロフェット 648.9
17 アグネスフォルテ 666.4
18 ブレイブスマッシュ 930.5

 

日本ダービー(GⅠ) 2016年 注目馬・穴馬

 

1枠 1番 ディーマジェスティ

前走の皐月賞(G1)では8番人気ながら、3強馬を見事に破り
G1初制覇を成し遂げた本馬。
そのレース結果を改めて見ると、掲示板内はオッズ通り
当日上位に支持された人気馬ばかりである。
このことからも、本馬に力がなければ勝つことはできな
かった一戦といえるだろう。
また今回の有力馬たちの中には東京コースでの実績が
ある馬が少なく、本馬はここまで2戦2勝を挙げており
高い適性を感じることができる一頭だ。
今回も鞍上予定の蛯名騎手は、2014年の皐月賞馬イスラボ
ニータで本レース2着となったが【ダービー制覇の称号】は
まだ手にしていない。このコンビでその称号を手にすること
ができるのか、注目している一戦である。

 

5枠 9番 マウントロブソン

綺麗なグレーの馬体につぶらな瞳が非常にかわいい本馬。
前々走のスプリングS(G2)を勝利し、前走の皐月賞(G1)
に挑むも、結果は6着と掲示板に届かなかった。
敗因は普段よりも前目の位置取りと、ハイペースに巻き
込まれたことだと思われ、騎乗ミスといえるだろう。
本馬は決め手のあるタイプではなく、総合力タイプと思わ
れるが、以外に能力があるのではと感じさせる一頭である。
また本馬の伯父はNHKマイルCJCダートを制した、クロフネ
であり豊富な持続力を感じさせる血統である。
今回は展開や位置取りが嵌り、自分のリズムで運べれば
馬券圏内のチャンスも充分期待できるだろう。

 

5枠 10番 スマートオーディン

前走の京都新聞杯(G2)を快勝し、この世代で唯一の重賞
3勝馬となった本馬。
毎日杯(G3)→京都新聞杯(G2)のローテーションは
2013年に本レースを制した、名馬キズナと同じことから
注目している一頭だ。
本馬の父はサンデーサイレンス系、母父はアルザオという
2005年の本レース覇者ディープインパクトと似たような配合
であり2400Mの距離でも不安はないだろう。
また調教師の松田国英氏は、2002年にタニノギムレット
2004年にはキングカメハメハで本レースを制覇しており
自身3度目の本レース制覇という快挙達成となるか注目だ。

 

4枠 7番 ロードクエスト

本レースと近年好相性のダンチヒ系の血を持つ本馬。
前走のNHKマイルC(G1)で今回の舞台(1600M)を経験し
左回りで末脚を爆発させ、2着と好走。
直線の長いコースは合っているようで、余力を持って
進めることができれば、今回の勝算もありだと思われる。
今回、鞍上を予定していた池添騎手の騎乗停止により
代打騎乗となる岩田騎手だが、2015年の本レースでは
5番人気だったサトノラーゼンを2着と好走させている。
好走理由としては、岩田騎手のインをつくテクニックと
内でじっとして脚を溜め最後に伸びる展開であったから
だと思われる。今回もこの時と同じような展開になった
時には、面白い存在となるであろう一頭だ。

 

7枠 14番 ヴァンキッシュラン

今回と同じ舞台で前走の青葉賞(G2)を快勝、ここへ
駒を進めてきた本馬。その時の勝ちタイムがレース
歴代2位という、ディープインパクト産駒である。
また過去に本レースで、馬券に絡んだディープ産駒の
4頭中3頭が【前走別路線組】であり、さらに本レースが
【G1初挑戦】の馬であったが本馬もこのパターンである
ことに注目している。
近3走を2400M戦で使われ、東京コースでも青葉賞(G2)
の他に500万下で(降着となり2着)実績を残しており
経験という大きな武器を持っている。
コースは違うが、走る毎に2400Mの時計は縮めており
その成長力には目を見張るものがある期待の一頭だ。

 

7枠 13番 レッドエルディスト

前走の青葉賞(G2)2着馬である本馬。長く良い脚を使う
タイプが多く、東京コースを得意とするゼンノロブロイ
産駒ということから注目している一頭だ。
また産駒の特徴として、他のコースから東京コースへ
変わった時が狙い目だとの声があり、まさに本馬は
そのパターンであることも興味深い。
デビュー戦は2000M戦で5着だったが、2200Mに距離延長
した未勝利戦と大寒桜賞(500万下)は連勝しており
安定した走りを見せている。
また距離延長してもパフォーマンスは落ちておらず
課題を随時こなし、成長力を見せている一頭である。