読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

NHKマイルC(GⅠ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

NHKマイルC(GⅠ)枠順発表 東京競馬場 芝1600m 2016年5月8日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 シュウジ 3 57.0kg 岩田康誠
2 エクラミレネール 3 55.0kg 大野拓弥
2 3 アーバンキッド 3 57.0kg H・ボウマン
4 メジャーエンブレム 3 55.0kg C・ルメール
3 5 ロードクエスト 3 57.0kg 池添謙一
6 ティソーナ 3 57.0kg M・デムーロ
4 7 トウショウドラフタ 3 57.0kg 田辺裕信
8 イモータル 3 57.0kg 戸崎圭太
5 9 シャドウアプローチ 3 57.0kg T.ベリー
10 ダンツプリウス 3 57.0kg 丸山元気
6 11 ペルソナリテ 3 55.0kg 柴田大知
12 ハクサンルドルフ 3 57.0kg 内田博幸
7 13 シゲルノコギリザメ 3 57.0kg 松岡正海
14 ブレイブスマッシュ 3 57.0kg 横山典弘
15 ストーミーシー 3 57.0kg 江田照男
8 16 カネノイロ 3 57.0kg 蛯名正義
17 ブランボヌール 3 55.0kg 三浦皇成
18 レインボーライン 3 57.0kg 福永祐一

 

NHKマイルC(GⅠ)予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 メジャーエンブレム 2.9
2 ロードクエスト 4.0
3 イモータル 5.6
4 トウショウドラフタ 7.5
5 ダンツプリウス 10.0
6 ティソーナ 12.9
7 アーバンキッド 16.0
8 ブレイブスマッシュ 21.5
9 シュウジ 25.9
10 レインボーライン 28.7
11 ストーミーシー 49.1
12 シャドウアプローチ 52.5
13 シゲルノコギリザメ 58.0
14 ブランボヌール 86.7
15 ハクサンルドルフ 96.1
16 エクラミレネール 285.5
17 ペルソナリテ 444.1
18 カネノイロ 623.4

 

NHKマイルC(GⅠ) 2016年 注目馬・穴馬

 

4枠 8番 イモータル

前走の共同通信杯(G3)では、勝ち馬のディーマジェスティ
(次走の皐月賞を優勝)の2着に好走した本馬。
ここまで4戦を経験し、連対を外したのは前々走の朝日杯
フューチュリティS(G1)の1度だけである。
今回の舞台である東京・芝コースでは2戦を使われ、1600
M戦、1800M戦ともに2着と成績を残しているので、コース
適性に問題はないであろう。
本馬は広いコースで成績を残しているので、今回の舞台は
プラス材料になると思われ注目している一頭だ。
また2015年の本レースでは、近2走以内に芝1800m以上の
重賞を使われた馬が1着~4着まで該当しており、今回も重視
したい点である。前走で1800M戦を2着と好走した本馬は該当
しており要注意の一頭だ。

 

8枠 18番 レインボーライン

本馬の母系の血統は不良馬場の適性が高く、かつ今回の舞台
で好走率の高いステイゴールド産駒ということから注目の
一頭となった。
特に母父のフレンチデピュティにはマイル適正の高い産駒が
多く、タフな馬場の適性は相当である。
前走のニュージーランドT(G2)では5着だったが、直線入った
ところで前が壁になり不利があったことが原因だと思われる。
しかし、スムーズに抜け出せていたら3着以内も可能だったかも
と思わせる伸びを見せていた。
今回、広い東京コースに変わるのはプラスになると思われ
十分に注意したい1頭だと言えるだろう。

 

2枠 3番 アーバンキッド

前走の毎日杯(G3)で2着に好走。ここまで5戦、まだ掲示板を
外したことがない堅実さが魅力的な一頭だ。
マイルでの実績が高く、連対率75%というデータだ。
また前走では上がり3位をマークしており、本レースで好走
するパターンに該当していることも興味深い。
もともとジュニアC(G3)やアーリントンC(G3)で1番人気に
なった素質馬であり、不気味な存在である。
また本馬も近2走以内に芝1800m以上の重賞を使われた馬であり
かつ2着と好走、重視したいデータに該当していることにも
注目だ。
前走の走りを見る限り、ハイペースでスタミナ比べの展開に
なっても不安はないように思われ期待している。

 

5枠 10番 ダンツプリウス

前走のニュージーランドT(G2)を優勝など、今年に入って
から3戦2勝、2着1回と成長を感じさせる本馬。
力強く伸びる末脚が魅力的で、直線に坂があるコースでも
好勝負が期待できる一頭だ。
ここまでキャリア10戦、1戦ごとにレースがうまくなって
いるブライアンズタイム産駒だ。
どんな展開になっても発揮できる自在性を持ち、マイル適正
も高い。左回りも経験し、好走できているので問題ない。
馬場が渋っても走れる万能型ということで、自分の競馬に
徹する事が出来れば、ここでも好走が期待できるだろう。

 

7枠 14番 ブレイブスマッシュ

ここまで芝1600M戦で4戦を使われ1勝、2着3回をマークして
おり、距離適性が高く連対率は100%という好成績を残して
いる本馬。
今回の舞台である府中マイルも2度経験して(1:1:0:0)とコース
適性も問題ないことから、注目している。
脚質の自在性も魅力的であり、強敵相手でも引けをとらない
器用さが武器の期待の一頭だ。
また前走のファルコンS(G3)で中京コースを2着に好走した
内容からも、左回り巧者ぶり(5戦5連対)がうかがえる。
鞍上横山騎手の府中マイルの戦績も良く、条件が揃った一頭
であり注目している。

 

3枠 6番 ティソーナ

東京1400~マイル戦で好成績を残しているダイワメジャー
産駒であり、お祖母さんがディープインパクトのお姉さん
2003年のスプリンターズSで4着になったレディブロンドと
いう血統背景を持つ本馬。
ダイワメジャーの東京コースでの相性の良さ+母系の
スピードを併せ持つ、好走が期待できる一頭である。
道中のスピードがあることや、追っての反応もあることから
今回の舞台の高速決着にも対応できると思われる。
ここまで6戦で3勝、2着2回(4着1回)と抜群の安定感であり
レースセンスが高いと言われている。
一戦ごとに成長が感じられ、重賞初挑戦となるが侮れない存在である。