読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

中山グランドJ(GⅠ)2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅠ 中山競馬場

中山グランドJ(GⅠ)枠順発表 中山競馬場 障害4250m 2016年4月16日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ウォンテッド 6 63.0kg 高田潤
2 2 サナシオン 7 63.0kg 西谷誠
3 3 メイショウアラワシ 5 63.0kg 森一馬
4 4 マイネルフィエスタ 6 63.0kg 植野貴也
5 5 ワンダフルワールド 5 63.0kg 平沢健治
6 6 ブライトボーイ 7 63.0kg 草野太郎
7 7 オジュウチョウサン 5 63.0kg 石神深一
8 ティリアンパープル 6 61.0kg 山本康志
8 9 ビコーピリラニ 6 63.0kg 田村太雅
10 ダンツメガヒット 4 セン 62..0kg 小坂忠士

 

中山グランドJ(GⅠ)予想オッズ

 

単勝 人気枠 番馬 番馬名単勝 オッズ複勝 オッズ
1 2 2 サナシオン 1.3 1.1-1.3
2 7 7 オジュウチョウサン 7.3 1.3-1.9
3 3 3 メイショウアラワシ 7.7 3.1-5.2
4 6 6 ブライトボーイ 9.1 1.4-2.2
5 5 5 ワンダフルワールド 26.1 4.4-7.6
6 4 4 マイネルフィエスタ 26.1 4.4-7.6
7 8 10 ダンツメガヒット 36.5 5.6-9.9
8 1 1 ウォンテッド 45.7 1.3-2.1
9 7 8 ティリアンパープル 73.1 3.6-6.2
10 8 9 ビコーピリラニ 121.8 16.0-28.2

 

中山グランドJ(GⅠ)2016年 注目馬・穴馬

 

6枠 6番 ブライトボーイ

今回で障害5戦目となるが、まだまだ伸びしろを感じさせる本馬。
ここまで平地で4勝をマークし、障害に転向した第1戦を勝利した。
その後も、前々走の障害4歳上OP(中山3200M)で3着、前走の
ペガサスジャンプS(OP)で2着と好走。センスの良さがうかがえる。
本馬が平地で勝ってきた脚力は、障害の無い最後の直線で不可欠に
なると思われ、実戦経験を積みながら飛越も上達しており今回は
好勝負が期待できる一頭だ。
また鞍上は4戦を共に戦い好相性の草野騎手であり、人馬一体と
なった好走に注目したい。

 

5枠 5番 ワンダフルワールド

前走のペガサスジャンプS(OP)では、力強い末脚を発揮して勝利。
近2走は中山障害コースで使われ、掲示板を外しておらず堅実だ。
2015年秋に障害に転向してから開花したようで、キャリアは5戦と
まだ浅いが底知れない魅力を感じる。
前走は8番人気→優勝と低評価を覆しての走りっぷりであった。
学習能力が高く、ここにきての上昇度に期待が高まる一頭である。
今回は距離延長という壁もあるが着実に力をつけている今、展開
さえあえばチャンスは十分だ。

 

2枠 2番 サナシオン

ここまで7戦6勝を挙げ、前走の阪神スプリングJ(J.G2)では
JRA賞最優秀障害馬のアップトゥデイトに5馬身差で勝利した。
今回の舞台は2015年12月の中山大障害(J.G1)で3着と好走して
おり、適正も問題ないであろう。
本馬の武器は、トップスピードに入ったまま飛越が出来る事で
スピードを落とさずに逃げられる力だ。
ライバル不在と言われる今回、ビッグタイトル奪取は射程圏内
と言えるだろう。
今回、走る意欲に満ちた本馬の圧勝シーンが見られるかもしれない。

 

7枠 7番 オジュウチョウサン

地力強化が著しく精神面の成長が感じられる本馬は、自在性の
ある脚質と豊富なスタミナが魅力的な一頭だ。
重賞での実績こそ見劣るが、OP戦2勝の実績があり2015年の
中山大障害(J.G1)でも、6着と健闘している。
その中山大障害(J.G1)では初の斤量63㎏がマイナス要因と
なったようだが、前走のOPでは斤量62㎏を背負いながら2着と
巻き返している。
近3走を中山障害コースで使われており、また相手なりに走る
ことができるタイプなので今回流れが向けば、上位争いに
加われそうな予感だ。

 

4枠 4番 マイネルフィエスタ

前走の阪神スプリングJ(J.G2)では、強豪の上位2頭馬を相手に
粘り強く5着と健闘した本馬。
今回は前走の2~4着馬が不在となるため、上位争いに加わる絶好の
チャンスだ。
スタミナは豊富で高い素質を持っているが、低い飛越のため大成
できなかったが、飛越で成長した面も見られるようになり状態は
上向いているようだ。
強い相手に揉まれてきた経験を活かし、そろそろキャリアの差を
見せつけたい一戦だ。