読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

皐月賞(GⅠ)2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅠ 中山競馬場

皐月賞(GⅠ)枠順発表 中山競馬場 芝2000m 2016年4月17日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 ドレッドノータス 3 57.0kg 藤岡祐介
2 ジョルジュサンク 3 57.0kg 吉田隼人
2 3 マカヒキ 3 57.0kg 川田将雅
4 アドマイヤダイオウ 3 57.0kg 福永祐一
3 5 マウントロブソン 3 57.0kg T.ベリー
6 ミライヘノツバサ 3 57.0kg 柴田大知
4 7 ウムブルフ 3 57.0kg 柴山雄一
8 ミッキーロケット 3 57.0kg 横山典弘
5 9 ナムラシングン 3 57.0kg 田辺裕信
10 トーアライジン 3 57.0kg 大野拓弥
6 11 サトノダイヤモンド 3 57.0kg C・ルメール
12 リスペクトアース 3 57.0kg 石川裕紀人
7 13 プロフェット 3 57.0kg 戸崎圭太
7 14 ロードクエスト 3 57.0kg 池添謙一
7 15 エアスピネル 3 57.0kg 武豊
8 16 リオンディーズ 3 57.0kg M・デムーロ
8 17 アドマイヤモラール 3 57.0kg 内田博幸
8 18 ディーマジェスティ 3 57.0kg 蛯名正義

 

皐月賞(GⅠ)予想オッズ

 

単勝 人気枠 番馬 番馬名単勝 オッズ複勝 オッズ
1 6 11 サトノダイヤモンド 1.2 2.1-3.1
2 8 16 リオンディーズ 6.2 1.4-1.8
3 2 3 マカヒキ 12.9 1.4-1.8
4 7 15 エアスピネル 21.5 1.7-2.5
5 8 18 ディーマジェスティ 21.5 3.9-6.1
6 3 5 マウントロブソン 45.0 2.5-3.7
7 2 4 アドマイヤダイオウ 60.8 4.5-6.9
8 7 14 ロードクエスト 77.4 5.6-8.7
9 5 9 ナムラシングン 105.4 4.4-6.7
10 4 8 ミッキーロケット 107.6 6.3-9.8
11 1 2 ジョルジュサンク 112.1 9.9-15.8
12 1 1 ドレッドノータス 119.0 11.5-18.2
13 7 13 プロフェット 176.1 10.8-17.2
14 6 12 リスペクトアース 202.9 11.7-18.5
15 3 6 ミライヘノツバサ 215.2 13.6-21.7
16 5 10 トーアライジン 226.6 10.4-16.4
17 4 7 ウムブルフ 229.1 12.1-19.3
18 8 17 アドマイヤモラール 380.5 104.6-166.4

 

皐月賞(GⅠ)2016年 注目馬・穴馬

 

2枠 3番 マカヒキ

前走の弥生賞(G2)では、強豪馬2頭を破り一気にクラシック戦線の
中心へと名乗りを挙げた本馬。
ここまで3戦3勝の無敗馬であり、3戦すべて上がり3ハロン最速を
マークしている。
本馬は若駒S(OP)→弥生賞を勝って本レースに臨んでおり、その
ローテーションは2005年の三冠馬である、父ディープインパクト
同じ道を歩んでいる。
走るフォームも父譲りで、運動神経の高さをうかがわせており
不安材料といえば、ここまで3戦が少頭数(8頭~12頭)での戦いで
あり、今回はフルゲートが濃厚である戦いになることだ。
ただ決め手勝負になれば本馬が最有力視されており、無敗の3冠馬
誕生への期待が高まる一戦だ。

 

3枠 5番 マウントロブソン

前走のスプリングS(G2)を優勝した馬から、過去10年で4頭の
本レース優勝馬が誕生しており、2015年12月の中山での未勝利
→あすなろ賞(500万下)→スプリングS(G2)と3連勝で挑んで
きた本馬に注目している。
地味な印象の本馬だが、一戦ごとに強さが増してきており
総合力が高く、バテない魅力を持つディープインパクト産駒だ。
どんな流れになっても、自在に脚を使って必ず好走しており
自ら動ける力は大きな武器だ。
また注目すべき血統背景だが、叔父に日本歴代最強のダート馬
クロフネがおり、スピードの持続力は豊富な血統であることから
注目している一頭である。

 

8枠 18番 ディーマジェスティ

本レース過去10年で3頭が、共同通信杯(G3)からのローテーションで
優勝しており、共同通信杯(G3)を制覇した本馬に注目している。
共同通信杯(G3)では2強ムード(ハートレー、スマートオーディン
が漂う中、台頭を果たしたのが本馬である。
レース後も熱心な調教を積んでいるようで、今回パワーアップした姿が
見られることだろう。
また、母父は中山コースで好調だったブライアンタイムズであり
父はディープインパクトという侮れない血統である。
今回も3強馬中心に思えるが、本馬が前走同様に風穴を開けてくれる
存在となるか注目している。

 

7枠 15番 エアスピネル

2014年の春開催終了後に路盤改修が行われた中山コースだが、改修後の
中山2000M重賞で数字が優秀なのがキングカメハメハ産駒である。
本馬は父にキングカメハメハ、母にオークス(G1)やヴィクトリアマイル
(G1)で2着のエアメサイアという良血馬だ。
本馬の武器は立ち回りの上手さであり、レースの上手さは3強馬を上回る
と言われていることから注目している。
前走の弥生賞(G2)は3着であったが、今回は多頭数になり更に立ち回りの
上手さが求められるであろう。
2005年オークス(G1)ではリオンディーズの母、シーザリオが勝利し
本馬の母、エアメサイアは2着であった。
あれから11年の時を経て、息子達が本レースで対決する点も興味深い
一戦である。

 

1枠 2番 ジョルジュサンク

ここまでのキャリアは既に8戦であるが、未だに掲示板を外していない
抜群の安定感が魅力的な一頭だ。
先週、ヴィクトワールピサ産駒のジュエラーが桜花賞(G1)を制覇して
おり、同じ父を持つ本馬が注目の一頭となった。
本馬は近3走を連続で馬体重増加で好走しており、まさに成長の証と
言えるだろう。
スピードはないが持続力はある馬であり、展開や馬場次第では怖い存在だ。
鞍上は今回、吉田騎手を予定しており本馬とは3戦でコンビを組み好走
している。吉田騎手は中山コースで有馬記念(G1)を勝っており、その
手腕にも注目したい一戦だ。

 

7枠 13番 プロフェット

今回と同じ舞台で行われた前走の京成杯(G3)で、重賞タイトルを獲得し
その後は3カ月の休養を挟み、本レースに挑む本馬。
体質的に連戦できるタイプではなく、馬体重が減ってしまうことを危惧
しての臨戦態勢ようだ。
実際、食欲が旺盛になり馬格もがっしりし、休養中に急成長を遂げた
様子がうかがえる注目の一頭だ。
今回の舞台は割と小回りで、その中18頭の戦いとなるとゴチャつきやすい
ため、中団より前につけられる自在性が必要と言われている。
本馬は前走で先団の位置から力強く抜け出して勝利しており、コース実績
もあるので適正には問題ないであろう。