読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

ニュージーランドT(GⅡ)2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

ニュージーランドT(GⅡ)枠順発表 中山競馬場 芝1600m 2016年4月9日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 マディディ 3 56.0kg 三浦皇成
2 レインボーライン 3 56.0kg 内田博幸
2 3 アストラエンブレム 3 56.0kg 田辺裕信
4 エクラミレネール 3 54.0kg 北村宏司
3 5 ダンツプリウス 3 56.0kg 丸山元気
6 モンスターキング 3 56.0kg 石川裕紀人
4 7 キャプテンペリー 3 56.0kg 大野拓弥
8 ストーミーシー 3 56.0kg 江田照男
5 9 サーブルオール 3 56.0kg 柴山雄一
10 ショウナンライズ 3 56.0kg 横山典弘
6 11 ハレルヤボーイ 3 56.0kg 吉田豊
12 カープストリーマー 3 56.0kg 岩田康誠
7 13 ジュンザワールド 3 56.0kg 田中勝春
14 ボールライトニング 3 56.0kg 蛯名正義
8 15 マテラアリオン 3 56.0kg 松岡正海
16 ダノンスパーク 3 56.0kg 石橋修

 

ニュージーランドT(GⅡ)予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 アストラエンブレム 2.2
2 レインボーライン 4.1
3 ダンツプリウス 4.9
4 ボールライトニング 8.8
5 サーブルオール 10.0
6 ハレルヤボーイ 15.6
7 ショウナンライズ 27.3
8 キャプテンペリー 28.2
9 マディディ 37.8
10 ダノンスパーク 44.3
11 カープストリーマー 51.2
12 エクラミレネール 133.8
13 ジュンザワールド 223.8
14 モンスターキング 242.7
15 マテラアリオン 263.9
16 ストーミーシー 271.3

 

ニュージーランドT(GⅡ)2016年 注目馬・穴馬

 

3枠 5番 ダンツプリウス

ここまで9戦を使われてきた本馬。前走のアーリントンC(G3)で
2着と好走しており、マイル戦では掲示板を外したことがない
ことから注目している一頭だ。
今回の鞍上も4戦を共に戦い、全て3着以内という好相性の
丸山騎手であり、このコンビでの大崩れは考えにくい。
また相手なりに走れる本馬は、使い減りしない体力を武器に
強い相手と戦ってきた。
そのキャリアを見ても、経験値は他の馬よりも高いと言え
前々走のジュニアC(OP)では今回と同じ舞台で勝利している
ことからも楽しみな一頭となった。

 

5枠 9番 サーブルオール

本馬はここまで3戦を全て中山芝コースで使われており、新馬戦で
2000Mを勝利→若竹賞で1800Mを4着→黄梅賞で1600Mを勝利と一戦
ごとに距離短縮してきた。
どの距離でも好走できているところに未知の魅力を感じる一頭だ。
モンローブロンドや半姉が勝ち鞍を短距離で挙げていることを
考えると、本馬の距離適性はマイルぐらいではないかと思われる。
また本馬の馬主はキャロットファームであり、春の中山開催で
好成績な馬主であることにも注目している。

 

6枠 11番 ハレルヤボーイ

今回と同じ舞台を未勝利戦で経験し、圧勝した本馬。その圧巻の
パフォーマンスから注目している一頭だ。
また前々走の500万下では脚質を変え、堅実な走りでしっかりと
2勝目を挙げており、マイル戦での相反する競馬を見せている。
本馬の武器は基礎スピードの幅であり、中山マイル戦では基礎
スピードを高く要求される傾向にあるため、かみ合った時は
怖い存在となるであろう。
重賞挑戦は今回で4度目となるが、重賞タイトルを狙える素材
だけに結果が欲しいところだ。

 

4枠 7番 キャプテンペリー

ここまで6戦2勝、3着2回と掲示板を外したことがない本馬。
中山コースでは3戦を使われ、安定した戦績を残していること
から注目の一頭となった。
また今回の舞台も前走の500万下で勝利しており、重賞初挑戦と
なった新潟2歳S(G3)でも、世代トップクラスの強敵を相手に
5着と健闘してきた。(勝ち馬ロードクエスト)
クロフネを想わせるフットワークの大きな走りが魅力的な
一頭であり、今回のメンバーに入っても底力は引け劣らない。

 

6枠 12番 カープストリーマー

春の中山開催で好成績な馬主、キャロットファームの馬であり
また、今回の舞台で好走率の高いダイワメジャー産駒であること
から注目の一頭となった本馬。
デビューから3戦目の未勝利戦で初勝利を挙げた後は、思うような
結果が残せずにいたが、初めての出走となった前走の500万下で
今回の舞台を勝利し舞台適性があることを示した。
今回クラスが上がってペースが速くなることは、歓迎材料のようで
立ち回りのうまさを武器に好勝負が期待される一頭である。