読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬初心者の馬券予想と収支報告ブログ

2015年夏に競馬を始めた初心者の日記です。

桜花賞(GⅠ) 2016年 枠順発表 予想オッズと注目馬と穴馬

GⅠ 阪神競馬場

桜花賞(GⅠ)枠順発表 阪神競馬場 芝1600m 2016年4月10日

 

馬番 馬名 年齢 性別 斤量 騎手
1 1 キャンディバローズ 3 55.0kg 菱田裕二
2 ブランボヌール 3 55.0kg 三浦皇成
2 3 メイショウスイヅキ 3 55.0kg 松山弘平
4 ソルヴェイグ 3 55.0kg 蛯名正義
3 5 メジャーエンブレム 3 55.0kg C・ルメール
6 ビービーバーレル 3 55.0kg 石橋修
4 7 デンコウアンジュ 3 55.0kg 川田将雅
8 アッラサルーテ 3 55.0kg 和田竜二
5 9 ジープルメリア 3 55.0kg 松田大作
10 アットザシーサイド 3 55.0kg 福永祐一
6 11 レッドアヴァンセ 3 55.0kg 武豊
12 シンハライト 3 55.0kg 池添謙一
7 13 ジュエラー 3 55.0kg M・デムーロ
7 14 カトルラポール 3 55.0kg 秋山真一郎
7 15 ラベンダーヴァレイ 3 55.0kg 戸崎圭太
8 16 ウインファビラス 3 55.0kg 松岡正海
8 17 アドマイヤリード 3 55.0kg 藤岡康太
8 18 メイショウバーズ 3 55.0kg 古川吉洋

 

桜花賞(GⅠ)予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 メジャーエンブレム 1.9
2 シンハライト 3.2
3 ジュエラー 3.6
4 レッドアヴァンセ 17.0
5 ラベンダーヴァレイ 22.2
6 アットザシーサイド 24.3
7 デンコウアンジュ 38.1
8 ウインファビラス 39.0
9 ソルヴェイグ 85.4
10 ブランボヌール 126.7
11 キャンディバローズ 136.2
12 アドマイヤリード 221.4
13 ビービーバーレル 237.2
14 アッラサルーテ 379.5
15 メイショウスイヅキ 609.4
16 カトルラポール 826.6
17 メイショウバーズ 888.1
18 ジープルメリア 938.0

 

桜花賞(GⅠ) 2016年 注目馬・穴馬

 

7枠 15番 ラベンダーヴァレイ

前走のチューリップ賞(G3)では、2強馬に外から交わされたが
3着と好走し本レースへの権利を獲得した本馬。レース振りや
馬格からも成長が感じとれた一戦であった。
その前走で今回の舞台を経験し、阪神外回りのマイル戦で高い
パフォーマンスを見せたことから注目している一頭だ。
本馬は本レースで圧倒的天下と言われているディープインパクト
産駒であり、更に母父のフレンチデピュティがパワー型である
ことから魅力的な血統背景であることが分かる。
休み明けを1度使われた上積みも見込める今回、不気味な存在と
言える一頭だ。

 

4枠 7番 デンコウアンジュ

3走前のアルテミスS(G3)で、2歳女王メジャーエンブレムに唯一
土をつけた実績がある本馬に注目だ。
前走のチューリップ賞(G3)では、キレ負けしてしまい5着に
終わったが最後まで、ジワジワと伸びていた感はあった。
不安材料は阪神外で3戦3敗(5着2回、7着1回)と相性が悪いこと
であり、持ち味の強烈な末脚を活かせていないことである。
もしも今回、道中しっかりと脚を溜めて他の馬たちが止まった
ところにスタミナを活かして突っ込んでくる形になれば、好走も
期待できる一頭である。

 

7枠 13番 ジュエラー

前走チューリップ賞(G3)では、勝ち馬シンハライトに僅差で敗れたが
しっかりと3着以下を引き離していた本馬。
ここまで3戦、全て上がり最速を使っており前走同様の競馬ができれば
自ずと結果はついてくると思われる。
しかも鞍上は絶好調で大舞台に強いM・デムーロ騎手であり、ここは
軽視禁物であろう。
また本馬は前々走のシンザン記念(G3)でも2着と好走しており
シンザン記念で好走歴がある牝馬は、2011年の3着馬マルセリーナ
桜花賞1着、2012年の1着馬ジェンティルドンナ桜花賞1着など
本レースを制していることからも牝馬に注目したい一戦だ。

 

5枠 10番 アットザシーサイド

ここまで1400M戦で3戦2勝、2着1回を挙げ戦績からみると芝1400Mが
ベストという印象の本馬だが、前々走の阪神JF(G1)では最後まで
脚を使って5着と健闘していることから、注目している一頭だ。
2015年本レースの勝ち馬レッツゴードンキと同じキングカメハメハ
産駒であり、鞍上は今回の舞台と相性の良い福永騎手であることにも
注目している。
適正距離が少しつかみ辛く、今回は内回り1400M→外回り1600Mへの
コース替わりが不安材料となるが、総合力が高く若い今なら対応も
可能だと期待している。

 

8枠 16番 ウインファビラス

本レースでは、前走チューリップ賞組が圧倒的に強いというデータから
該当している本馬に注目だ。
また前々走の阪神JF(G1)では、女王メジャーエンブレムに0.3秒差の
2着と好走しており軽視できない一頭となった。
また新潟2歳S(G3)では牡馬を相手に2着を確保し、実力を示してきた。
前走チューリップ賞(G3)では、休み明けの影響からか4番人気→10着に
終わり、暗雲が漂う結果となったが今回は巻き返してくるだろう。
厳しい流れやタフな馬場が得意らしく、馬場少し渋った場合は要注意だ。